ディープブリランテ産駒・ミコサンが2週連続で水準以上の時計を出しており、好仕上がり。キンシャサノキセキ産駒・サンタガール、アドマイヤマックス産駒・イランカラプテ、ストーミングホーム産駒・カネトシダウティも悪くない動きで一発あっておかしくない存在。特にサンタガールは母の父として2歳戦絶好調のクロフネの名前が光っており気になる存在。

 

1・ヒヤシンス 牝2
父・ストロングリターン、母・バンジョーピジョン、母父・フジキセキ
生産者・藤澤昭勝、(美)岩戸孝樹、西田雄一

・先週は南Wで4Fから馬なりで乗られ、今週は坂路を馬なりで乗られる。馬なり調整ということもあり、時計面で目立つものはない。

・2016年の北海道オータムセールにて162万円で落札。母は3戦0勝。本馬は4番仔。従兄にビートブラック(G1-天皇賞(春)の勝ち馬でG2-京都大賞典2着、G1-菊花賞3着)。

 

2・アンフィトリテ 牝2
父・ロードカナロア、母・アドマイヤフッキー、母父・フジキセキ
生産者・ノーザンファーム、(美)宗像義忠、ルメール

・2週連続、坂路で強めに追われる。先週は半マイル55.2秒、ラスト1F12.7秒。今週は半マイル53.5秒、ラスト1F12.5秒。水準級の時計ではないが、今週は加速ラップを踏んで、併走馬(古500万)を追走し先着している。

・募集価格2400万円。母はノーザンファームの生産馬で12戦3勝。本馬は5番仔。母の半兄アイルラヴァゲインはG3-オーシャンSの勝ち馬。母の半弟リアルインパクトはG1-安田記念、G1-ジョージライダーSなど重賞4勝。母の半弟ネオリアリズムはG1-クイーンエリザベス2世Cなど重賞3勝。

 

3・ハクサンキャノン 牡2
父・シルポート、母・ダーレームーン、母父・アドマイヤムーン
生産者・鮫川啓一、(美)古賀史生、武士沢友

・2週連続、南芝で5Fから一杯に追われる。先週はラスト1F11秒台後半が出ているが、全体時計はイマイチ。今週はラスト1F12秒台半ばで全体的に今一つ。

・母は8戦0勝。本馬は2番仔。祖母の半兄にファンタスティックライト(G1-BCターフ、G1-マンノウォーS、G1-愛チャンピオンS、G1-プリンスオブウェイルズS、G1-タタソールズゴールドC、G1-香港カップなど重賞9勝)。

 

4・ライトストーリー 牡2
父・エイシンフラッシュ、母・ファストアズライト、母父・ヘネシー
生産者・吉田ファーム、(美)武井亮、横山武史

・2週連続、南Wで馬なり調整。目立つ時計は出していない。

・母は20戦5勝。本馬は5番仔。母の半兄CatrailはG2-チャレンジS、G3-ダイアデムSの勝ち馬。祖母の半兄John’s GoldはG2-ロングフェローH、G3-ペンシルヴァニアガヴァナーズC、G3-フォートマーシーH、G3-ジャマイカHの勝ち馬。

 

5・ミヤコスマイル 牝2
父・キングカメハメハ、母・シャイニンググラス、母父・サンデーサイレンス
生産者・社台ファーム、(美)堀井雅広、田辺裕信

・2週連続、南Wで一杯に追われているが、水準級の時計はまだ出ていない。

・2017年の千葉サラブレッドセールにて1350万円で落札。母は25戦5勝。本馬は9番仔。母の全妹シャイニンルビーはG3-クイーンCの勝ち馬。祖母シャイニンレーサーはG3-マーメイドSの勝ち馬。祖母の半弟フジキセキはG1-朝日杯3歳S、G2-弥生賞の勝ち馬。

 

6・ターキッシュバン 牝2
父・ハードスパン、母・ミスフーバフーバ、母父・Gone West
生産者・折手牧場、(美)田島俊明、内田博幸

・2週連続、坂路追い。先週は一杯に追われ、半マイル53.7秒、ラスト1F12.9秒。今週は内田騎手が乗り、馬なりでの攻めとなり、半マイル55.7秒、ラスト1F13.0秒。目を引く時計は出ていないが、先週は併走馬(2未勝)を追走し先着する内容で、加速ラップを踏めている。

・2016年のセレクトセールにて648万円で落札。母は未出走。本馬は10番仔。祖母Gal in a RuckusはG1-ケンタッキーオークスの勝ち馬で、G2-モンマスオークス2着。

 

7・アリババ 牡2
父・メイショウボーラー、母・シンジルキボウアイ、母父・ジャングルポケット
生産者・小田牧場、(美)粕谷昌央、武藤雅

・先週は柴田大騎手が乗り、南Wで4Fから馬なり調整。今週は武藤騎手が乗り、坂路で馬なり調整。先週の3F以降の時計はまずまず。

・母は5戦0勝。本馬は3番仔。母の従兄イヤダイヤダはG2-ニュージーランドT2着。母の従姉メデタシはG3-チューリップ賞3着。祖母の半姉
ワナはG3-新潟2歳Sの勝ち馬。

 

8・マウントレーニア 牝2
父・ベーカバド、母・シアトルムーン、母父・アグネスタキオン
生産者・ラッキー牧場、(美)高橋文雅、杉原誠人

・先週は杉原騎手が乗り、南Wで5Fから末一杯に追われるが、時計は水準以下。今週は杉原騎手が乗り、坂路を馬なりで乗られる。目を引く時計はまだ出せていない。

・2016年の北海道サマーセールにて237.6万円で落札。母はノーザンファームの生産馬で未出走。本馬は4番仔。母の半兄ステイインシアトルはG3-鳴尾記念の勝ち馬。

 

9・ミスジーナ 牝2
父・ディープブリランテ、母・サクセスマリ、母父・キングカメハメハ
生産者・ナカノファーム、(美)青木孝文、丸田恭介

・2週連続、坂路追い。先週は一杯に追われ、半マイル52.7秒、ラスト1F14.3秒。今週は強めに追われ、半マイル56.5秒、ラスト1F12.6秒。先週は終いバテてしまっており、印象は良くない。

・母は1戦0勝。本馬は3番仔。母の半兄マカニビスティーは東京ダービーの勝ち馬で、Jpm2-名古屋グランプリ2着、G2-日経新春杯3着。祖母の半姉サクセスビューティはG2-フィリーズレビューの勝ち馬。母の従兄サクセスブロッケンはダートG1を3勝(フェブラリーS、ジャパンダートダービー、東京大賞典)。

 

10・ミコサン 牝2
父・ディープブリランテ、母・ツーソックス、母父・ファルブラヴ
生産者・パカパカファーム、(美)萱野浩二、岩部純二

・2週連続、岩部騎手が乗り、南Wで5Fから乗られる。先週は馬なりで水準レベルの時計をマーク。今週は一杯に追われ、全体時計はさらに良くなり、ラスト1Fも12.9秒でまとめている。この調整過程なら争覇圏内の一頭といえる。

・2016年の北海道サマーセールにて248.4万円で落札。母は10戦3勝。本馬は4番仔。母の半兄ダイアモンドヘッドはG2-デイリー杯2歳S2着。3代母Strategic ManeuverはG1-メイトロンS、G1-スピナウェイSなど米重賞4勝。

 

11・コハクノユメ 牡2
父・エンパイアメーカー、母・ベッロカリーノ、母父・キングカメハメハ
生産者・大道牧場、(美)本間忍、柴田善臣

・今週は柴田善騎手が乗り、南Wで5Fから馬なりで乗られる。馬なり調整のため、時計は目立たず。

・母はノーザンファームの生産馬で13戦2勝。本馬は2番仔。祖母の半兄にビワハヤヒデ(G1-菊花賞、G1-天皇賞(春)、G1-宝塚記念など重賞7勝)、ナリタブライアン(G1-皐月賞、G1-日本ダービー、G1-菊花賞、G1-有馬記念、G1-朝日杯3歳Sなど重賞9勝)。祖母の半弟にビワタケヒデ(G3-ラジオたんぱ賞)。祖母の半妹の仔にラストインパクト(G2-京都大賞典、G2-金鯱賞、G3-小倉大賞典)。

 

12・フルコスト 牡2
父・ローレルゲレイロ、母・ルッキングアップ、母父・タイキシャトル
生産者・及川幸夫、(美)的場均、的場勇人

・2週連続、南Wで5Fから乗られる。先週は強めに追われるも時計は水準レベル以下。今週は的場勇騎手が乗り、馬なり調整となったが、時計はやはり水準以下だが、タイムは先週よりも良化している。

・2016年の北海道オータムセールにて151.2万円で落札。母は13戦1勝。本馬は初仔。3代母の半兄にサクラユタカオー(G1-天皇賞(秋)、G2-サンケイ大阪杯、G2-毎日王冠)。3代母の半姉にサクラスマイル(エリザベス女王杯3着)。サクラスマイルの直仔にサクラスターオー(G1-皐月賞、G1-菊花賞、G2-弥生賞)。

 

13・サンタガール 牝2
父・キンシャサノキセキ、母・コンパスローズ、母父・クロフネ
生産者・新冠橋本牧場、(美)武市康男、丸山元気

・2週連続、坂路追い。先週は一杯に追われ、半マイル53.9秒、ラスト1F13.5秒。今週は丸山騎手が乗り、馬なりで半マイル52.8秒、ラスト1F13.6秒。終いバテてはいるが、これまでの自己ベストを出しており、馬なりでこの時計ならまずまず楽しめそうな存在。

・母は4戦0勝。本馬は初仔。従兄プリサイスマシーンはG2-スワンS、G3-中日新聞杯(2勝)、G3-阪急杯の勝ち馬。3代母グローバルダイナはG3-サンスポ杯阪神牝馬特別、G3-北九州記念、G3-小倉大賞典の勝ち馬。

 

14・グロウアイリス 牝2
父・ディープブリランテ、母・ヒラボクドリーム、母父・キングカメハメハ
生産者・千代田牧場、(美)金成貴史、江田照男

・2週連続、江田照騎手が乗り、南Wで乗られる。先週は5Fから直線強めに追われるも時計はイマイチ。今週は6Fからゴール前仕掛けられる形での攻めとなるも、水準レベルの時計は出せていない。

・母は10戦0勝。本馬は4番仔。祖母の半兄French GloryはG1-ロスマンズインターナショナルなど重賞3勝。3代母デュネットはG1-仏オークス、G1-サンクルー大賞、G3-プランスドランジュ賞の勝ち馬。

 

15・イランカラプテ 牝2
父・アドマイヤマックス、母・エムズガール、母父・トワイニング
生産者・坂東ファーム、(美)小野次郎、横山和生

・先週は南Wで4Fから一杯に追われ、ラスト1F13.6秒なのはマイナスだが、全体時計は水準級のものを計時。今週は横山和騎手が乗り、坂路にて馬なり調整。

・2016年の北海道サマーセールにて194.4万円で落札。母は4戦0勝。本馬は2番仔。母の半姉チャームアスリープはG2-関東オークスの勝ち馬。祖母の半弟マヤノライジンはG3-函館記念2着2回など、重賞入着7回。

 

16・カネトシダウティ 牡2
父・ストーミングホーム、母・カネトシレジアス、母父・ジャングルポケット
生産者・武田寛治、(美)松永康利、宮崎北斗

・2週連続、宮崎北騎手が乗り、南Dで追われる。先週は4Fから強めに追われ、今週は6Fから一杯に追われている。今週の時計はラスト1F13.3秒なのはマイナスだが、全体時計は水準以上。

・母は21戦1勝。本馬は4番仔。祖母の全姉ファッションショーはG3-マリーンCの勝ち馬で、G2-オールカマー2着など重賞入着5回。