2歳新馬・阪神ダ1800
1着賞金700万円

2歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:シロガネーゼカフェ
母父:Gulch
生産牧場:谷岡牧場
厩舎:(栗)村山明
騎手:福永祐一

 

終始、先行してスムーズにレースを進めていたサクラアリュールが危なげなく直線、抜け出して1着。2着は後方から追い込んだショーム。勝ち時計1.55.1。推定上り37.3。

 

父:ゴールドアリュールは本日の中山芝1600mの未勝利戦を勝ったラソワドールに続く、2頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。現2歳の血統登録頭数は124頭、中央では2頭の勝ち上がりだが地方では6頭が勝ち上がっており、6頭の内の1頭、ボーダレスガール(母・マサノミネルバ by ラムタラ)が門別の重賞フルールカップを制している。

 

牝系:母は7戦0勝。本馬は7番仔。初仔のサクラブライアンスは52戦5勝、1000万特別を2勝。5番仔のサクラエンパイアは中央現役馬で8戦3勝、1000万特別を勝利。6番仔のサクラセンティーレは中央で6戦未勝利の後、門別へ転出し9/13の転入初戦を勝利している。ちなみに現1歳は父がヴィクトワールピサの牝駒。

 

母父:GulchはMr. Prospector産駒。G1-BCスプリント、G1-ウッドメモリアルS、G1-メトロポリタンH(2勝)、G1-カーターH、G1-米フュチュリティS、G1-ホープフルSなど重賞11勝。BMSとして活躍馬を多数輩出しており、日本では以下の重賞勝ち馬を輩出。

 ストロングブラッド(父・トウカイテイオー、母・ワイプザアイ by Gulch)
 1着:2005かしわ記念(G1) 船橋ダ1600
 1着:2003カブトヤマ記念(G3) 福島芝1800
 1着:2004群馬記念(G3) 高崎ダ1500
 1着:2003さくらんぼ記念(G3) 上山ダ1800
 ユキノサンロイヤル(父・サンデーサイレンス、母・マイアミガルチ by Gulch)
 1着:2005日経賞(G2) 中山芝2500
 リザーブユアハート(父・ハウズバスター、母・スペシャルアラート by Gulch)
 1着:1998函館3歳S(G3) 函館芝1200

 

クロス:Nureyev:S3×M3

 

生産牧場:谷岡牧場は7/1の函館芝1200mの未勝利戦を勝ったカシアス、7/15の福島ダ1150mの新馬戦を勝ったココロノイコロに続く、3頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。谷岡牧場の2000年以降の主な活躍馬は以下の通り。

 サクラセンチュリー(父・サクラローレル、母・サクラヒラメキ by ノーザンテースト)
 1着:2005アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500
 1着:2005日経新春杯(G2) 京都芝2400
 1着:2004鳴尾記念(G3) 阪神芝2000
 サクラプレジデント(父・サンデーサイレンス、母・セダンフォーエバー by マルゼンスキー)
 1着:2004中山記念(G2) 中山芝1800
 1着:2003札幌記念(G2) 札幌芝2000
 1着:2002札幌2歳S(G3) 札幌芝1800
 2着:2003皐月賞(G1) 中山芝2000(※1着ネオユニヴァース)
 2着:2002朝日杯フューチュリティS(G1) 中山芝1600(※1着エイシンチャンプ)