現在、栗東には16頭が入厩中。今週はトゥザフロンティアが9/24の中山の芙蓉S(芝2000m)に出走予定で、調整動向が注目される。各馬の最新の調整動向をお届けする。

 

アルモニカ(牝・西村真幸・母アフリカンピアノ by ディープインパクト)

・ゲート試験は8/30に既に合格。9/13(水)に坂路で一杯に追われ、半マイル54.8秒、ラスト1F12.5秒。9/6は半マイル54.3秒だったので、時計は詰まっていない。

・ノーザンファームの生産馬。母は未出走。本馬は2番仔。母の全兄にワールドエース(G2-マイラーズC、G3-きさらぎ賞)。祖母マンデラはG1-独オークス3着、G2-サンタバーバラH3着、G2-ポモーヌ賞3着。祖母の半弟にManduro(G1-ジャクルマロワ賞、G1-イスパーン賞、G1-プリンスオブウェールズSなど重賞8勝)。

 

オールマイハート(牝・安田隆行・母ブルーモーメント by ダンスインザダーク)

・9/5以降、時計は出していない。

・母は19戦2勝。本馬は2番仔。母の半兄にトランセンド(G1-ジャパンカップダート(2勝)、G1-フェブラリーS、Jpn1-マイルCS南部杯、G3-みやこS、G-レパードS)。

 

オメガラヴィサン(牡・安田隆行・母オメガグレイス by サンデーサイレンス)

・9/15、9/17と坂路で乗り込みスタート。

・社台ファームの生産馬。母は46戦5勝。本馬は7番仔。母の半妹エリンコートはG1-オークスの勝ち馬。従兄ミュゼエイリアンはG3-毎日杯の勝ち馬でG2-セントライト記念2着。

 

カレンエクスカリバ(牡・平田修・母フィヨルドクルーズ by サンデーサイレンス)

・9/13(水)に坂路を馬なりで乗られ、半マイル57.3秒、ラスト1F13.7秒。9/7には強めに追われ、半マイル56.4秒を計時していたので、時計は若干劣っている。

・2015年のセレクトセールにて5616万円で落札。社台ファームの生産馬。母は29戦5勝、G3-愛知杯3着、G3-福島牝馬S3着。本馬は5番仔。3代母Rowaの半妹にOh So Sharp(英9戦7勝、1985年のG1-英オークス、同年のG1-英1000ギニー、同年のG1-英セントレジャーなど重賞5勝)。8代母Mumtaz Mahalから連なる牝系。

 

スイートレモネード(牝・須貝尚介・母ドルチェリモーネ by サンデーサイレンス)

・9/14(木)に小林徹騎手が乗り、坂路を馬なりで乗られ、半マイル57.9秒、ラスト1F13.7秒。9/18(月)は畑端騎手が乗り、坂路を馬なりで乗られ、半マイル58.8秒、ラスト1F13.4秒。まだ水準レベルの時計は出ていない。

・社台コーポレーション白老ファームの生産馬。母は25戦2勝、2004年の忘れな草賞(OP)の勝ち馬。本馬は6番仔。祖母レモンスフレⅡはG1-モイグレアスタッドS、G2-ファルマスS、G3-チェリーヒントンSの勝ち馬。

 

ステラローザ(牝・斉藤崇史・母ピーチブローフィズ by シンボリクリスエス)

・9/17(日)にCWで5Fから馬なりで乗られている。

・母は25戦1勝。本馬は2番仔。伯父カフナは重賞入着3回。祖母の半妹ベッラレイアは2007年のG2-フローラSの勝ち馬で、同年のG1-オークス2着。

 

スピリットワンベル(牡・牧田和弥・母ショウサンミーベル by フジキセキ)

・9/18(月)に坂路を馬なりで乗られ、半マイル59.8秒、ラスト1F15.3秒。

・母は5戦1勝。本馬は初仔。

 

ダノンスマッシュ(牡・安田隆行・母スピニングワイルドキャット by Hard Spun)

・9/16(土)に坂路を馬なりで乗られ、半マイル57.1秒、ラスト1F12.7秒。9/2の新馬戦2着以降、時計を出していなかったが、未勝利戦出走に向けての調整がスタート。

・母はアメリカで6戦1勝。本馬は2番仔。母の半兄War ChantはG1-BCマイル、G2-サンラファエルS、G2-オークトリーBCマイルの勝ち馬。祖母Hollywood WildcatはG1-BCディスタフ、G1-ハリウッドオークス、G1-ゲイムリーH、G2-デルマーオークス、G3-ソロリティSの勝ち馬。

 

トゥザフロンティア(牡・池江泰寿・母トゥザヴィクトリー by サンデーサイレンス)

・9/15(金)にCWで水口騎手が乗り、6Fから一杯に追われているが、時計はまだ水準以下。9/18(月)には坂路を馬なりで乗られ、半マイル55.6秒、ラスト1F13.2秒。今週9/24(日)の中山芝2000mの芙蓉Sに出走予定で、今週の最終追い切りが注目される。

・ノーザンファームの生産馬。母も同様で21戦6勝、2001年のG1-エリザベス女王杯など重賞4勝。本馬は11番仔。半兄トゥザグローリーは重賞5勝、半兄トゥザワールドはG2-弥生賞の勝ち馬、半姉トーセンビクトリーはG3-中山牝馬Sの勝ち馬。

 

ブースター(牡・中村均・母アルデュール by フレンチデピュティ)

・まだ時計は出していない。これから調整が本格スタート。

・社台ファームの生産馬。母は13戦3勝。本馬は2番仔。祖母の全兄にタヤスツヨシ(G1-日本ダービー、G3-ラジオたんぱ杯3歳S)。祖母の半姉の孫にロールオブザダイス(G3-平安S)。

 

ヘヴンリーブライド(牝・浜田多実・母ビアンカシェボン by フジキセキ)

・9/13(水)に荻野極騎手が乗り栗東芝で6Fから強めに追われている。3F以降は1F12秒をやや上回るペースの時計。

・ノーザンファームの生産馬。母は3戦1勝。本馬は初仔。叔父にJpn3-東京スプリントの勝ち馬・ゼンノパルテノン。母の叔母の産駒に重賞4勝のアドマイヤキッス、重賞3勝(全て新潟)のパッションダンス。

 

マクダレーナ(牝・松下武士・母ヴァルパライソ by サンデーサイレンス)

・まだ時計は出していない。これから調整が本格スタート。

・社台コーポレーション白老ファームの生産馬。母は20戦2勝。本馬は7番仔。従兄にプロモントーリオ(G2-目黒記念3着)。祖母トコピジャはアメリカ、アルゼンチンで34戦9勝。亜G1-銀杯大賞、亜G1-ラミッション大賞、亜G2-フアンショウ賞、亜G2-ラモンビアウス賞、米G3-ザヴェリワンHの勝ち馬。

 

ミヤジサクラコ(牝・岩元市三・母ミヤジプロスパー by マルゼンスキー)

・9/15(金)にCWで5Fから馬なりで乗られている。馬なりでの調整が続いており、まだ時計的に目立つものは出していない。

・母は22戦3勝。本馬は12番仔。祖母の半妹テイエムリズムはG3-小倉3歳Sの勝ち馬。

 

レッドシャーロット(牝・庄野靖志・母シルバーフォックス by クロフネ)

・まだ時計は出していない。これから調整が本格スタート。

・母は3戦1勝。本馬は2番仔。母の全弟トリップはJpn1-ジャパンダートダービー2着、G2-弥生賞2着。祖母ビーポジティブはG3-クイーン賞の勝ち馬で、G2-エンプレス杯2着、G3-TCK女王盃2着。3代母フェアリードールを牝祖とする活躍馬にトゥザヴィクトリー、トゥザグローリー、トゥザワールド、トーセンビクトリー、プロフェット、サイレントディール、デニムアンドルビーなど。

 

ロードダヴィンチ(牡・藤原英昭・母レディアーティスト by フレンチデピュティ)

・まだ時計は出していない。これから調整が本格スタート。

・母は6戦1勝。本馬は5番仔。母の半弟にダノンバラード(G2-アメリカジョッキーC、G3-ラジオNIKKEI杯の勝ち馬で、G1-宝塚記念2着、G1-皐月賞3着など重賞入着7回)、ロードアリエス(G2-京都新聞杯2着)。祖母レディバラードはG3-クイーン賞、G3-TCK女王盃の勝ち馬。

 

ロードラナキラ(牡・高野友和・母エンジェリックレイ by ダイワメジャー)

・9/9の新馬戦で2着になって以降、まだ時計は出していない。

・募集価格2376万円。母は1戦0勝。本馬は初仔。母の半兄ダノンバラードはG2-アメリカジョッキーC、G3-ラジオNIKKEI杯の勝ち馬で、G1-宝塚記念2着、G1-皐月賞3着など他に重賞入着7回。母の半兄ロードアリエスはG2-京都新聞杯2着。祖母レディバラードはG3-クイーン賞、G3-TCK女王盃の勝ち馬。祖母の半弟Sligo BayはG1-ハリウッドターフカップ、G3-シネマHの勝ち馬。

 

アンナベルガイト(牡・池添兼雄・母アンナヴァン by エンドスウィープ)

→9/14にゲート試験に合格し、その後、放牧へ出される。