年が明け、1/5に中山・中京で新馬戦2鞍、未勝利戦6鞍、1勝クラス2鞍、ジュニアC(L)の計11レースの3歳戦が開催された。種牡馬別では、トルコへの輸出が発表されたヴィクトワールピサが2勝を上げている。ジュニアC(L)はロードカナロア産駒ヴェイルネビュラが勝利。

中央・地方合計の総合3歳サイアーランキングは下表の通りとなっている。

3歳世代サイアーランキングと種牡馬データ

【3歳世代(2018年産馬)の種牡馬データ】
・順位はJBISによる中央+地方の賞金順総合ランキング
・重賞はGⅠ~GⅢ、JPNⅠ~JPNⅢの勝利数(カッコ内は重賞勝頭数)
・(A)はJRAにおける勝ち上がり頭数(カッコ内は出走頭数に対するパーセンテージ=勝ち上がり率
・(B)はJRAにおける非入着馬頭数=一度も5着以内がない馬の頭数、但し未出走馬は除く(カッコ内は出走頭数に対するパーセンテージ=非入着馬率

種牡馬(代表産駒)重賞勝数(頭数)(A)(B)
1ディープインパクト(レッドベルオーブ)1(1)27(31%)23(26%)
2ドゥラメンテ(タイトルホルダー)0(0)32(31%)41(40%)
3モーリス(カイザーノヴァ)0(0)29(26%)37(33%)
4キズナ(バスラットレオン)0(0)29(31%)36(39%)
5エピファネイア(オーソクレース)0(0)21(21%)41(41%)
6ヘニーヒューズ(アランバローズ)1(1)16(31%)17(33%)
7ロードカナロア(フォドラ)0(0)23(23%)45(45%)
8ルーラーシップ(ワンダフルタウン)1(1)16(16%)41(42%)
9サウスヴィグラス(ケラススヴィア)0(0)8(25%)15(47%)
10マクフィ(ルーチェドーロ)0(0)10(17%)29(48%)
11ハーツクライ(イルーシヴパンサー)0(0)16(21%)21(28%)
12ダイワメジャー(モントライゼ)1(1)12(16%)40(53%)
13リオンディーズ(ヴェールクレール)0(0)14(17%)32(40%)
14ミッキーアイル(メイケイエール)3(2)8(17%)18(39%)
15パイロ(ランリョウオー)0(0)9(24%)16(43%)
16ホッコータルマエ(レディバグ)0(0)7(18%)19(48%)
17キングカメハメハ(ホウオウアマゾン)0(0)12(26%)14(30%)
18シニスターミニスター(ラッキードリーム)1(1)7(19%)18(49%)
19ゴールドシップ(ユーバーレーベン)0(0)12(23%)22(42%)
20クロフネ(ソダシ)3(1)3(21%)6(43%)

Top50はこちら

週末の2歳戦勝馬(JRA)

馬名・レース名父・母の父(生産者)
ヴェイルネビュラ
ジュニア(L)/中山芝1600
ロードカナロア・ハーツクライ
(ノーザンファーム)
ワンデイモア
1勝クラス/中山芝2000
ドゥラメンテ・アサティス
(レイクヴィラファーム)
タガノカイ
1勝クラス/中京芝2000
ノヴェリスト・ホワイトマズル
(新冠タガノファーム)
ピュアジャッジ
新馬/中山ダ1800
ホッコータルマエ・ネオユニヴァース
(山際牧場)
エアサージュ
新馬/中京芝2000
Point of Entry・Empire Maker
(米国産)
アサマノイタズラ
未勝利/中山芝2000
ヴィクトワールピサ・キングヘイロー
(前野牧場)
ロングラン
未勝利/中山ダ1800
ヴィクトワールピサ・Kendargent
(社台ファーム)
ラストサムライ
未勝利/中山ダ1200
クロフネ・オレハマッテルゼ
(三嶋牧場)
ゴールドハイアー
未勝利/中京ダ1900
ヘニーヒューズ・ハービンジャー
(北勝ファーム)
ジャスパーゴールド
未勝利/中京ダ1200
Khozan・Put It Back
(米国産)
テイエムマグマ
未勝利/中京ダ1800
メイショウボーラー・アグネスタキオン
(高村牧場)