1/5開催の新種牡馬産駒の戦績と、ここまでの累計成績をまとめている。今週はドゥラメンテが通算38勝目、ホッコータルマエが7勝目を上げている。

週末の新種牡馬産駒の戦績(JRA)

種牡馬1着-2着-3着-他/合計備考
ホッコータルマエ 1- 1- 0- 2/ 4ピュアジャッジ 新馬①中山ダ1800
ドゥラメンテ 1- 0- 1- 2/ 4ワンデイモア 1勝クラス①中山芝2000
ミッキーアイル 0- 1- 0- 1/ 2
ダブルスター 0- 1- 0- 0/ 1
エイシンヒカリ 0- 0- 2- 2/ 4
モーリス 0- 0- 1- 5/ 6
マクフィ 0- 0- 0- 2/ 2
ラブリーデイ 0- 0- 0- 2/ 2
ディスクリートキャット 0- 0- 0- 1/ 1
クリエイター2 0- 0- 0- 1/ 1
アジアエクスプレス 0- 0- 0- 1/ 1

新種牡馬産駒のここまでの累計戦績(JRA)

(2021/9/12開催終了時点)

種牡馬平均勝利距離1着-2着-3着-他/合計勝率連対率
ドゥラメンテ1700m(芝29ダ9) 38- 20- 16-164/23816.0%24.4%
モーリス1600m(芝28ダ3) 31- 38- 22-175/26611.7%25.9%
リオンディーズ1600m(芝11ダ3) 14- 20- 22-153/2096.7%16.3%
マクフィ1400m(芝6ダ6) 12- 11- 20-133/1766.8%13.1%
ミッキーアイル1300m(芝8ダ3) 11-  9-  7- 97/1248.9%16.1%
ダノンレジェンド1300m(芝2ダ7)  9-  4-  5- 43/ 6114.8%21.3%
アジアエクスプレス1200m(ダ8)  8- 11-  9-102/1306.2%14.6%
ディスクリートキャット1300m(芝4ダ3)  7- 10-  7-119/1434.9%11.9%
ホッコータルマエ1500m(ダ7)  7-  7-  8- 80/1026.9%13.7%
ラブリーデイ1300m(芝4ダ1)  5-  4-  8- 99/1164.3%7.8%
エイシンヒカリ1600m(芝4)  4-  6-  6- 52/ 685.9%14.7%
クリエイター21800m(ダ2)  2-  7-  3- 51/ 633.2%14.3%
ダノンシャーク1800m(ダ1)  1-  0-  3- 31/ 352.9%2.9%
クリーンエコロジー1200m(芝1)  1-  0-  3- 15/ 195.3%5.3%
ミュゼスルタン1400m(芝1)  1-  0-  1-  4/  616.7%16.7%
ヘニーハウンド1200m(ダ1)  1-  0-  1-  4/  616.7%16.7%
ペルーサ1800m(ダ1)  1-  0-  0- 13/ 147.1%7.1%
トーホウジャッカル  0-  2-  0- 16/ 180.0%11.1%
ダブルスター  0-  2-  0-  2/  40.0%50.0%
ゴールスキー  0-  0-  1-  1/  20.0%0.0%
リヤンドファミユ  0-  0-  0- 15/ 150.0%0.0%
ハクサンムーン  0-  0-  0-  5/  50.0%0.0%
オールステイ  0-  0-  0-  5/  50.0%0.0%
アロマカフェ  0-  0-  0-  5/  50.0%0.0%
バンデ  0-  0-  0-  4/  40.0%0.0%
ナムラタイタン  0-  0-  0-  4/  40.0%0.0%
エキストラエンド  0-  0-  0-  1/  10.0%0.0%

JRA重賞・交流重賞・リステッドレース実績(1~3着)

ミッキーアイル
メイケイエール ファンタジーS・GⅢ 1着、小倉2歳S・GⅢ 1着
デュアリスト 兵庫ジュニアGP・JPNⅡ 1着

アジアエクスプレス
ソロユニット エーデルワイス賞・JPNⅢ 1着

ドゥラメンテ
タイトルホルダー 東スポ杯2歳S・GⅢ 2着
ジュンブルースカイ 東スポ杯2歳S・GⅢ 3着、萩S(L) 2着

モーリス
インフィナイト サウジアラビアRC・GⅢ 2着

ホッコータルマエ
レディバグ 兵庫ジュニアGP・JPNⅡ 2着

マクフィ
ルーチェドーロ 全日本2歳優駿・JPNⅠ 3着

ミュゼスルタン
ユングヴィ 京王杯2歳S・GⅡ 3着

2020年新種牡馬一覧はこちら