今朝は美浦ではロードカナロア産駒、栗東ではアドマイヤマックス産駒が1番時計を計時している。美浦で1番時計のロードカナロア産駒・フロルセレジェイラは51秒台を出しており、水準以上の時計。2歳戦で続々と勝ち上がり馬を輩出中のロードカナロア産駒だが、まだまだ勢いは続きそうな気配である。

 

9/20(水)美浦(稍重)

フロルセレジェイラ 牝2
父・ロードカナロア、母・クルザダアメリカーナ、母父・Nedawi
生産者:オリオンファーム、(美)尾形和幸

9/20(水)半マイル51.9-37.8-25.1-12.9。ラップタイム14.1-12.712.212.9

・今朝の時計は美浦全馬の中でも2番目の快時計。田辺騎手が乗り、一杯に追われた上での時計で、併走馬(古500万)を追走し先着している。9/6(54.8)→9/13(53.2)と時計を詰めてきており、至って順調な調整過程にあることがうかがえる。

・母はブラジルとアメリカで10戦3勝、G1-ジョアンCフェラス大賞、G2-ギレェルミエリス会長大賞の勝ち馬(ともにブラジルの重賞)。本馬は4番仔。祖母Spring PrincessはG3-ジョゼPノゲイラ大賞(ブラジルの重賞)の勝ち馬。

 

サクラフローラ 牝6
父・キングヘイロー、母・サクラエンプレス、母父・サンデーサイレンス
生産者:谷岡スタット、(美)高柳瑞樹

9/20(水)半マイル51.8-38.1-25.3-12.8。ラップタイム13.7-12.812.512.8

・今朝の美浦全馬の中で1番時計を計時。これまで12戦4勝の馬。今週の土曜阪神・大阪スポーツ杯に出走予定。サクラチトセオー、サクラキャンドル、サクラヤマトオーなど90年代に活躍馬が出た牝系だが、2000年代に入ってもサクラメガワンダー、サクラプレジール、サクラアンプルールなど依然として活躍馬が出ている牝系。

 

9/20(水)栗東(良)

トンボイ 牝2
父・アドマイヤマックス、母・ショウナンアオバ、母父・キングカメハメハ
生産者:大北牧場、(栗)西園正都

9/20(水)半マイル52.4-38.0-24.6-12.3。ラップタイム14.4-13.4-12.312.3

・今朝は酒井学騎手が乗り、末強めに追われて上記の時計を計時。併走馬(2歳500万)を先行しそのまま先着。先週9/14は助手が乗り、一杯に追われて半マイル54.1秒、ラスト1F12.7秒。時計を順当に詰めており、デビューに向けての調教が進んでいる。

・母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で6戦0勝。本馬は3番仔。祖母ショウナンタイムが輸入基礎牝馬で38戦5勝。

 

※今朝の栗東1番時計は3歳未勝利馬2頭(クラッチヒッターオウケンヴィクトリ)で、半マイル51.3秒。