2021/1/10(日)
中京11R 第55回日刊スポーツ賞シンザン記念・GⅢ
3歳 別定 芝1600m
馬場状態 良
1着賞金 3800万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1ピクシーナイト
牡3 福永祐一(栗)音無秀孝
1.33.3
逃げ
モーリス・キングヘイロー
(ノーザンファーム)
2ルークズネスト
牡3 幸英明(栗)浜田多実
(1 1/4)
差し
モーリス・ディープインパクト
(ノーザンファーム)
3バスラットレオン
牡3 坂井瑠星(栗)矢作芳人
(3/4)
先行
キズナ・New Approach
(三嶋牧場)

(JRA公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2021/003.html

ピクシーナイト:重賞初勝利

モーリス
(2011)
スクリーンヒーロー┌グラスワンダー(Silver Hawk)
└ランニングヒロイン(サンデーサイレンス)
メジロフランシス┌カーネギー(Sadler's Wells)
└メジロモントレー(モガミ)
ピクシーホロウ
(2010)
キングヘイロー┌ダンシングブレーヴ(Lyphard)
└グッバイヘイロー(Halo)
ラインレジーナ┌サクラバクシンオー(サクラユタカオー)
└シンコウエンジェル(オジジアン)

通算成績:3戦2勝
(これまでの主な戦績)
・秋明菊賞・1勝クラス 3着(阪神芝1400)

父:モーリス

モーリスは2011年生まれ。通算18戦11勝、GⅠ6勝(天皇賞秋、安田記念、マイルCS、香港C2回、チャンピオンズマイル(香港))。ピクシーナイトの現3歳世代が初年度産駒で、これが初の重賞制覇。このレース2着のルークズネストもモーリス産駒で、他ではインフィナイトのサウジアラビアRC2着がある。今年の種付料は400万円upの800万円と発表されている。

2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

1 ハーツクライ、モーリスロードカナロア

母:ピクシーホロウ

ピクシーホロウは3勝(芝1500~1800)。近親にはウキヨノカゼ(クイーンCなど重賞3勝)、クィーンズバーン(阪神牝馬S)、ダノンカモン(名古屋大賞典)などがいる。

ピクシーナイトは3番仔で、シルクHC募集額は3200万円だった。2番仔ヴィディアは1勝。明け2歳の4番仔はブラックタイドの牡(サンデーサラブレッドクラブ募集額2800万円)。

母父:キングヘイロー

キングヘイローは1995年生まれ。通算27戦6勝、GⅠ1勝(高松宮記念)。母はケンタッキーオークスなど、米G1を7勝したグッバイヘイロー。代表産駒に、カワカミプリンセス(オークス、秋華賞)、ローレルゲレイロ(スプリンターズS、高松宮記念)など。母父として、ディープボンド(京都新聞杯)、ジョーストリクトリ(ニュージーランドT)、キングズガード(プロキオンS)らを輩出。

2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

1 キングヘイロー、ハーツクライ、Bernstein

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2021年開幕から重賞3連勝。

馬名レース名コース種牡馬・母父
ピクシーナイト20シンザン記念京都芝1600モーリス・キングヘイロー
ケイデンスコール20京都金杯H京都芝1600ロードカナロア・ハーツクライ
ヒシイグアス20中山金杯H中山芝2000ハーツクライ・Bernstein
2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

3 ノーザンファーム

2020年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2019年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2018年の重賞勝ち馬一覧はこちら