2021/1/11(月)
中山11R 第37回フェアリーS・GⅢ
3歳・牝 別定 芝1600m
馬場状態 良
1着賞金 3500万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1ファインルージュ
牝3 ルメール(美)木村哲也
1.34.4
差し
キズナ・ボストンハーバー
(ノーザンファーム)
2ホウオウイクセル
牝3 丸田恭介(美)高柳瑞樹
(2 1/2)
差し
ルーラーシップ・スペシャルウィーク
(レイクヴィラファーム)
3ベッラノーヴァ
牝3 丸山元気(美)金成貴史
(1)
追込
エピファネイア・ネオユニヴァース
(ノーザンファーム)

(JRA公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2021/004.html

ファインルージュ:重賞初勝利

キズナ
(2010)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
キャットクイル┌Storm Cat(Storm Bird)
└Pacific Princess(Damascus)
パシオンルージュ
(2008)
ボストンハーバー┌Capote(Seattle Slew)
└Harbor Springs(Vice Regent)
セクシーココナッツ┌ダンスインザダーク(サンデーサイレンス)
└ココパシオン(Groom Dancer)

通算成績:3戦2勝
(これまでの主な戦績)
・未勝利 1着(東京芝1400)

父:キズナ

キズナは2010年生まれ。通算成績14戦7勝、GⅠ1勝(ダービー)。代表産駒にディープボンド(京都新聞杯)、マルターズディオサ(チューリップ賞など)、クリスタルブラック(京成杯)など。今年の種付料は400万円upの1000万円。

2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

1 キズナ、ハーツクライ、モーリスロードカナロア

母:パシオンルージュ

パシオンルージュは3勝(芝1000、ダ1200)。近親にはザラストロ(新潟2歳S)、ココナッツパンチ(弥生賞2着)、プレノタート(フィリーズレビュー3着)などがいる。

ファインルージュは4番仔で、セレクトセール当歳で3564万円だった。初仔レンブランサは2勝、2番仔エストは3勝現役。明け2歳の5番仔はミッキーアイルの牡(シルクHC募集額2500万円)、明け1歳の6番仔はサトノアラジンの牡駒。

母父:ボストンハーバー

ボストンハーバーは1994年米国産。通算成績8戦6勝、米G1を1勝(BCジュヴェナイル)。米国で種牡馬入り後、2002年から2015年まで日本で供用された。代表産駒にHealthy Addiction(米G1・サンタマルガリータ招待H)、日本ではワンダフルデイズ(クリスタルC)、ダイワバンディット(新潟2歳S)など。母父としては、クロコスミア(府中牝馬S)、ベルカント(フィリーズレビューなど重賞5勝)・イベリス(アーリントンC)の姉妹などが活躍。

2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

1 キングヘイロー、ハーツクライ、ボストンハーバー、Bernstein

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2021年重賞4連勝。

馬名レース名コース種牡馬・母父
ファインルージュ20フェアリーS中山芝1600キズナ・ボストンハーバー
ピクシーナイト20シンザン記念京都芝1600モーリス・キングヘイロー
ケイデンスコール20京都金杯H京都芝1600ロードカナロア・ハーツクライ
ヒシイグアス20中山金杯H中山芝2000ハーツクライ・Bernstein
2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

4 ノーザンファーム

2020年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2019年の重賞勝ち馬一覧はこちら
2018年の重賞勝ち馬一覧はこちら