2021/1/16(土)
中京11R 第58回愛知杯・GⅢ
4歳以上・牝 ハンデ 芝2000m
馬場状態 良
1着賞金 3600万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1マジックキャッスル
牝4 戸崎圭太(美)国枝栄
1.58.7
差し
ディープインパクト・シンボリクリスエス
(社台ファーム)
2ランブリングアレー
牝5 福永祐一(栗)友道康夫
(クビ)
差し
ディープインパクト・シンボリクリスエス
(社台ファーム)
3ウラヌスチャーム
牝6 岩田康誠(美)斎藤誠
(3)
追込
ルーラーシップ・フジキセキ
(ノーザンファーム)

(JRA公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2021/005.html

マジックキャッスル:重賞初勝利

ディープインパクト
(2002)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
ウインドインハーヘア┌Alzao(Lyphard)
└Burghclere(Busted)
ソーマジック
(2005)
シンボリクリスエス┌Kris. S(Roberto)
└Tee Kay(Gold Meridian)
スーア┌Fairly King(Northern Dancer)
└Bold Starlet(Precocious)

通算成績:9戦2勝
(これまでの主な戦績)
20秋華賞・GⅠ 2着(京都芝2000)

父:ディープインパクト

ディープインパクトは2002年生まれ。通算14戦12勝、GⅠ6勝(ダービー、ジャパンCなど)。種牡馬として2012年から8年連続でリーディングサイアーランキング首位に君臨。2019年7月死亡。2021年の重賞初勝利。

2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

1 キズナディープインパクト、ハーツクライ、モーリスロードカナロア

母:ソーマジック

ソーマジックは4勝(芝1400~1600、ダ1200)。桜花賞、ターコイズSで3着がある。ソーマジックの母スーアは伊G2・伊1000ギニーの勝馬。

マジックキャッスルは5番仔で、社台サラブレッドクラブ募集額6000万円。初仔ソーアメージング1勝、2番仔ソーグリッタリングは7勝現役でエプソムC2着、3番仔メジャーマジック1勝、4番仔マジックリアリズム1勝。明け3歳の6番仔ソーヴァリアントはここまで3戦して未勝利(1着入線失格がある)、明け2歳の7番仔は全妹(社台TC募集額は同じく6000万円)、明け1歳の8番仔はハーツクライの牝駒。

母父:シンボリクリスエス

シンボリクリスエスは1999年米国産。外国産馬として日本で走り、通算成績15戦8勝、GⅠ4勝(有馬記念連覇、天皇賞・秋連覇)。代表産駒にエピファネイア(ジャパンC、菊花賞)、ストロングリターン(安田記念)、ルヴァンスレーヴ(チャンピオンズC他)など。母父としてはレイデオロ・レイエンダ兄弟、ミスパンテール、アドミラブルらが活躍。

2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

1 キングヘイロー、シンボリクリスエス、ハーツクライ、ボストンハーバー、Bernstein

生産:社台ファーム

社台ファームは2021年重賞初勝利。

2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

4 ノーザンファーム
1 社台ファーム

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら