今朝は美浦ではゼンノロブロイ産駒、栗東ではキングカメハメハ産駒が1番時計を計時している。両馬とも先週の調教で既に水準級の時計を出していた馬で、2週連続の好調教となり、新馬戦出走時は注目の存在となる。栗東ではスプリンターズSの1週前追い切りでネロが半マイル49.3秒を計時している。

 

9/21(木)美浦(良)

ニコラオス 牡2
父・ゼンノロブロイ、母・シャイニングビュー、母父・ライブリーワン
生産者:習志野牧場、(美)中野栄治

9/21(木)半マイル52.5-39.0-26.5-13.7。ラップタイム13.5-12.512.8-13.7。

・今朝はこれまでの自己ベストを計時。先週9/13に勝浦騎手が乗り、南Wで5Fからゴール前仕掛けられる形での攻めを行っており、既に水準以上の時計をマークしていた馬。一連の調整過程からデビュー時は注目の存在となる。

・母は大井で45戦14勝。本馬は3番仔。初仔も2番仔も未勝利。

 

スズカゼ 牝2
父・ディープブリランテ、母・バレンソール、母父・アフリート
生産者:藤原牧場、(美)伊藤正徳

9/21(木)半マイル50.7-38.0-25.6-13.2。ラップタイム12.712.412.4-13.2。

・これまで13戦2勝。もともと坂路で早い時計は割と出していた馬だが、半マイル50秒台を計時したのは今年の4/2以来のこと。ちなみにその際に出走した今年のニュージーランドT(G2)では4着になっている。

・母は21戦4勝。本馬は5番仔。祖母ミストラルアゲンはG3-札幌3歳S2着、G3-テレビ東京3歳牝馬S3着。

 

9/21(木)栗東(良)

ショウナンラヴィ 牝2
父・キングカメハメハ、母・ローズアダージョ、母父・ディープインパクト
生産者:井高牧場、(栗)梅田智之

9/21(木)半マイル52.5-38.7-26.0-13.2。ラップタイム13.8-12.712.8-13.2。

・これまで坂路で半マイル57.1秒が最高だった馬だが、今朝は突然、52.5秒の自己ベストを計時。先週9/14には柴田未騎手が乗り、CWで6Fから一杯に追われ、既に水準級の時計をマークしており、いたって調子は良好とみてとれる。

・2016年の北海道サマーセールにて2214万円で落札。母は11戦0勝。本馬は初仔。母の従姉ラグジャリーの産駒にショウナンマイティ(G2-産経大阪杯の勝ち馬。他にG1-安田記念2着、G1-宝塚記念3着、G1-安田記念3着など重賞入着7回)。

 

ネロ 牡6
父・ヨハネスブルグ、母・ニシノタカラヅカ、母父・サンデーサイレンス
生産者:本桐牧場、(栗)森秀行

9/21(木)半マイル49.3-36.5-24.5-12.4。ラップタイム12.812.012.112.4

・来週10/1のスプリンターズS(G1)に出走予定。今朝の1週前追い切りで上記の快時計を計時。もともと坂路で50秒を切る事はよくある馬だが、今年に入ってからは5回目になる。

・母は5戦1勝、G3-ファンタジーS3着。本馬は3番仔。母の半姉にニシノフラワー(G1-阪神3歳牝馬S、G1-桜花賞、G1-スプリンターズS、G2-デイリー杯3歳S、G2-マイラーズC、G3-札幌3歳S)。4代母The Brideは米3冠馬・Secretariatの1歳上の全姉。