2021/1/17(日)
中山11R 第61回京成杯・GⅢ
3歳 別定 芝2000m
馬場状態 良
1着賞金 3800万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1グラティアス
牡3 ルメール(美)加藤征弘
2.03.1
先行
ハーツクライ・Lizard Island
(ノーザンファーム)
2タイムトゥヘヴン
牡3 M.デム(美)戸田博文
(2 1/2)
逃げ
ロードカナロア・アドマイヤベガ
(オリオンファーム)
3テンバガー
牡3 戸崎圭太(栗)藤岡健一
(1 1/4)
差し
モーリス・スペシャルウィーク
(ノーザンファーム)

(JRA公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2021/006.html

グラティアス:重賞初勝利

ハーツクライ
(2001)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
アイリッシュダンス┌トニービン(Kampala)
└ビューパーダンス(Lyphard)
マラコスタムブラダ(2010)Lizard Island┌Danehill Dancer(デインヒル)
└Add(Spectacular Bid)
Mapul Wells┌Poliglote(Sadler's Wells)
└New Dandy(New Noble)

通算成績:2戦2勝
(これまでの主な戦績)
・新馬 1着(東京芝2000)

父:ハーツクライ

ハーツクライは2001年生まれ。通算19戦5勝、GⅠ2勝(有馬記念、ドバイシーマクラシック)。代表産駒に、ワンアンドオンリー(ダービー)、シュヴァルグラン(ジャパンC)、ジャスタウェイ(天皇賞秋、などGⅠ3勝)他、活躍馬多数。今年の種付料はプライベートとなっている。2021年の重賞2勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
グラティアス21京成杯中山芝2000ハーツクライ・Lizard Island
ヒシイグアス21中山金杯H中山芝2000ハーツクライ・Bernstein
2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

2 ハーツクライ
1 オルフェーヴル、キズナ、ディープインパクト、モーリス、ロードカナロア

母:マラコスタムブラダ

マラコスタムブラダはアルゼンチン生まれ。芝2200mの亜G1・Gran Premio Gilberto Lerenaの勝馬。

グラティアスは3番仔で、セレクトセール1歳で2億4840万円の高値で取引された。初仔ミッキーブラックは2勝・障害1勝。2番仔レシステンシアは阪神ジュヴェナイルF・ファンタジーSの勝馬。明け2歳の4番仔は全弟でセレクトセール当歳で1億7280万円、明け1歳の5番仔はキタサンブラックの牡駒でセレクトセール当歳で2億900万円と、軒並み高額となっている。

母父:Lizard Island

Lizard Islandは2005年米国産。ヨーロッパ・UAEで走り通算10戦1勝、愛G2・Railway Stakes(6f)勝ちがある。アルゼンチンではマラコスタムブラダの他に、エミレーツガール(エスティファームで繁殖牝馬として繋養)、Elektro Jack、Contessa LindaらのG1馬を輩出。

2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

1 キングカメハメハ、キングヘイロー、シンボリクリスエス、ハーツクライ、ボストンハーバー、Bernstein、Lizard Island

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2021年の重賞6勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
グラティアス21京成杯中山芝2000ハーツクライ・Lizard Island
ショウリュウイクゾ21日経新春杯H京都芝2400オルフェーヴル・キングカメハメハ
ファインルージュ21フェアリーS中山芝1600キズナ・ボストンハーバー
ピクシーナイト21シンザン記念京都芝1600モーリス・キングヘイロー
ケイデンスコール21京都金杯H京都芝1600ロードカナロア・ハーツクライ
ヒシイグアス21中山金杯H中山芝2000ハーツクライ・Bernstein
2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

6 ノーザンファーム
1 社台ファーム

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら