2021/1/24(日)
中山11R 第62回アメリカジョッキーCC・GⅡ
4歳以上 別定 芝2200m
馬場状態 不良
1着賞金 6200万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1アリストテレス
牡4 ルメール(栗)音無秀孝
2.17.9
先行
エピファネイア・ディープインパクト
(ノーザンファーム)
2ヴェルトライゼンデ
牡4 池添謙一(栗)池江泰寿
(1/2)
差し
ドリームジャーニー・Acatenango
(ノーザンファーム)
3ラストドラフト
牡5 三浦皇成(美)戸田博文
(クビ)
差し
ノヴェリスト・ディープインパクト
(社台ファーム)

(JRA公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2021/008.html

アリストテレス:重賞初勝利

エピファネイア
(2010)
シンボリクリスエス┌Kris S.(Roberto)
└Tee Kay(Gold Meridian)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└キロフプリミエール(Sadler's Wells)
ブルーダイアモンド
(2011)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
グレースアドマイヤ┌トニービン(Kampala)
└バレークイーン(Sadler's Wells)

通算成績:10戦4勝
(これまでの主な戦績)
20菊花賞・GⅠ 2着(京都芝3000)

父:エピファネイア

エピファネイアは2010年生まれ。通算14戦6勝、GⅠ2勝(ジャパンC、菊花賞)。アリストテレスの4歳世代が初年度産駒で、これがデアリングタクト(牝馬3冠)に続く2頭目の重賞勝馬。今年の種付料は500万円upの1000万円。

2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

2 オルフェーヴル、ハーツクライ
1 エピファネイアキズナ、スマートファルコン、ディープインパクト、モーリスロードカナロア

母:ブルーダイアモンド

ブルーダイアモンドは未勝利。半兄にリンカーン(日経賞など)・ヴィクトリー(皐月賞)、近親にフサイチコンコルド(ダービー)、アンライバルド(皐月賞)らがいるバレークイーン一族。

アリストテレスは2番仔。初仔インディゴブルーは未勝利。明け3歳の3番仔カタリーナは1戦して未勝利。明け2歳の4番仔ソクラテスはドゥラメンテの牡、明け1歳の5番仔はモーリスの牡。カタリーナ以降はレイクヴィラファームの生産となっている。

母父:ディープインパクト

ディープインパクトは2002年生まれ。通算14戦12勝、GⅠ6勝(ダービー、ジャパンCなど)。種牡馬として2012年からリーディングサイアーランキング首位を維持。母父としての代表産駒に、キセキ(菊花賞)、ファンタジスト(京王杯2歳Sなど)、ステラヴェローチェ(サウジアラビアRC)など。

2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

1 キングカメハメハ、キングヘイロー、シンボリクリスエス、タニノギムレット、ディープインパクト、ハーツクライ、フレンチデピュティ、ボストンハーバー、Bernstein、Lizard Island

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2021年の重賞8勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
アリストテレス21AJCC中山芝2200エピファネイア・ディープインパクト
マルシュロレーヌ21TCK女王盃大井ダ1800オルフェーヴル・フレンチデピュティ
グラティアス21京成杯中山芝2000ハーツクライ・Lizard Island
ショウリュウイクゾ21日経新春杯H京都芝2400オルフェーヴル・キングカメハメハ
ファインルージュ21フェアリーS中山芝1600キズナ・ボストンハーバー
ピクシーナイト21シンザン記念京都芝1600モーリス・キングヘイロー
ケイデンスコール21京都金杯H京都芝1600ロードカナロア・ハーツクライ
ヒシイグアス21中山金杯H中山芝2000ハーツクライ・Bernstein
2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

8 ノーザンファーム
1 社台ファーム、明治牧場

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら