2021/1/31(日)
東京11R 第35回根岸S・GⅢ
4歳以上 別定 ダ1400m
馬場状態 稍
1着賞金 3800万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1レッドルゼル
牡5 川田将雅(栗)安田隆行
1.22.3
差し
ロードカナロア・フレンチデピュティ
(社台ファーム)
2ワンダーリーデル
牡8 田中勝春(栗)安田翔伍
(頭)
追込
スタチューオブリバティ・マヤノトップガン
(大島牧場)
3タイムフライヤー
牡6 ルメール(栗)松田国英
(1/2)
差し
ハーツクライ・ブライアンズタイム
(社台コーポレーション白老ファーム)

(JRA公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2021/010.html

レッドルゼル:重賞初勝利

ロードカナロア
(2008)
キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
レディブラッサム┌Storm Cat(Storm Bird)
└サラトガデュー(Cormorant)
フレンチノワール
(2005)
フレンチデピュティ┌Deputy Minister(Vice Regent)
└Mitterand(Hold Your Peace)
パープルホワイト┌フジキセキ(サンデーサイレンス)
└カノープス(Theatrical)

通算成績:16戦7勝
(これまでの主な戦績)
20カペラS・GⅢ 2着(中山ダ1200)

父:ロードカナロア

ロードカナロアは2008年生まれ。通算19戦13勝、GⅠ6勝(安田記念、スプリンターズS連覇、高松宮記念、香港スプリント連覇)。代表産駒にアーモンドアイ(GⅠ9勝)、ステルヴィオ(マイルChS)、サートゥルナーリア(皐月賞、ホープフルS)など。2021年の重賞2勝目。今年の種付料は1500万円。

馬名レース名コース種牡馬・母父
レッドルゼル21根岸S東京ダ1400ロードカナロア・フレンチデピュティ
ケイデンスコール21京都金杯H京都芝1600ロードカナロア・ハーツクライ
2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

2 オルフェーヴル、ハーツクライ、ロードカナロア
1 エピファネイア、カジノドライヴ、キズナ、スマートファルコン、ディープインパクト、モーリス、First Samurai

母:フレンチノワール

フレンチノワールはダート4勝。

レッドルゼルは3番仔で、東京サラブレッドクラブ募集額2000万円。初仔レッドエトワールは1勝、2番仔フィルムフランセは4勝。明け2歳の4番仔にストロングリターンの牡駒がいる。

母父:フレンチデピュティ

フレンチデピュティは1992年米国産。競走馬としては米G2勝ちがある程度だが、種牡馬として、クロフネ(NHKマイルC、ジャパンCダート)、レジネッタ(桜花賞)、アドマイヤジュビタ(天皇賞・春)らを輩出。母父としても、マカヒキ(ダービー)、ショウナンパンドラ(ジャパンC、秋華賞)、ゴールドドリーム(フェブラリーS、他)など活躍馬多数。2021年の母父としての重賞2勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
レッドルゼル21根岸S東京ダ1400ロードカナロア・フレンチデピュティ
マルシュロレーヌ21TCK女王盃大井ダ1800オルフェーヴル・フレンチデピュティ
2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

2 フレンチデピュティ
1 キングカメハメハ、キングヘイロー、シンボリクリスエス、タニノギムレット、ディープインパクト、ハーツクライ、ベストタイアップ、ボストンハーバー、Bernstein、Indian Charlie、Lizard Island

生産:社台ファーム

社台ファームは2021年の重賞2勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
レッドルゼル21根岸S東京ダ1400ロードカナロア・フレンチデピュティ
マジックキャッスル21愛知杯H小倉芝2000ディープインパクト・シンボリクリスエス
2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

8 ノーザンファーム
2 社台ファーム
1 登別上水牧場、明治牧場

他に外国馬が1(米国 1)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら