2021/2/11(木)
佐賀6R 第48回佐賀記念・JPNⅢ
4歳以上 別定 ダ2000m
馬場状態 良
1着賞金 2300万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)所属種牡馬・母の父(生産者)
1クリンチャー2.05.0JRAディープスカイ・ブライアンズタイム
(平山牧場)
2アシャカトブ(9)JRAシニスターミニスター・キングカメハメハ
(岡田牧場)
3ハナズレジェンド(クビ)JRAハーツクライ・Moon Rocket
(カナイシスタッド)

(NAR公式レース結果)
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f02%2f11&k_raceNo=6&k_babaCode=32

クリンチャー:重賞3勝目

ディープスカイ
(2005)
アグネスタキオン┌サンデーサイレンス(Halo)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
アビ┌Chief"s Crown(Danzig)
└Carmelized(Key to the Mint)
ザフェイツ(1998)ブライアンズタイム┌Roberto(Hail to Reason)
└Kelley's Day(Graustark)
ミスシャグラ┌Danzig(Northern Dancer)
└Dusty Dollar(Kris)

通算成績:27戦5勝
(これまでの主な戦績)
20みやこS・GⅢ 1着(阪神ダ1800)
・18京都記念・GⅡ 1着(京都芝2200)

父:ディープスカイ

ディープスカイは2005年生まれ。通算17戦5勝、GⅠ2勝(ダービー、NHKマイルC)。クリンチャーは芝でも結果を残しているが産駒の良績はダートに偏っており、キョウエイギア(ジャパンダートダービー)、サウンドスカイ(全日本2歳優駿)、タマノブリュネット(レディスプレリュード)が代表産駒。今年の種付料は20万円。

2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

3 オルフェーヴル
2 ハーツクライ、ロードカナロア
1 エピファネイア、カジノドライヴ、キズナ、スマートファルコン、ディープインパクト、ディープスカイ、トゥザグローリー、モーリス、First Samurai

母:ザフェイツ

ザフェイツは1勝(芝1400)。ザフェイツの半兄フロンタルアタックは中日新聞杯2着がある。牝系一族に本邦種牡馬のハービンジャーがいる。

クリンチャーは10番仔。2番仔レジアスは1勝、4番仔エステーラブは2勝、6番仔フォースフルは3勝、7番仔ワキノブレイブは7勝でシルクロードS3着など、9番仔ハードアスリートは1勝。クリンチャー以降の産駒登録はない。

母父:ブライアンズタイム

ブライアンズタイムは1985年米国産。通算成績21戦5勝、GⅠ2勝(フロリダダービー、ペガサスH)。種牡馬としてナリタブライアン(牡馬三冠などGⅠ5勝)、マヤノトップガン(有馬記念などGⅠ4勝)、ファレノプシス(桜花賞などGⅠ3勝)他、多数のGⅠホースを輩出した。母父としてはディーマジェスティ(皐月賞)、エスポワールシチー(フェブラリーSなど)などが活躍。

2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

3 フレンチデピュティ
1 キングカメハメハ、キングヘイロー、シンボリクリスエス、タニノギムレット、ディープインパクト、ハーツクライ、ブライアンズタイム、ベストタイアップ、ボストンハーバー、Bernstein、Candy Ride、Indian Charlie、Lizard Island

生産:平山牧場

平山牧場の近年の生産馬には本馬の半兄ワキノブレイブ、橘S(L)の勝馬ディープダイバーなどがいる。

2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

9 ノーザンファーム
2 社台ファーム
1 中地康弘、登別上水牧場、平山牧場、明治牧場

他に外国馬が1(米国 1)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら