日本時間2/18(木)にUAEのメイダン競馬場にて行われた、ドバイワールドカップカーニバル。本日は重賞レースが5つ行われており、本稿ではG2-メイダンスプリント(芝1000m)、G3-UAEオークス(ダ1900m)、G2-ザビールマイル(芝1600m)、G2-バランシーンS(芝1800m)、G3-アルシンダガスプリント(ダ1200m)の結果と動画をお届けする。

Meydan Sprint Sponsored By Land Rover(G2・芝1000m・3歳以上)

・早めに先頭に立った最内のEquilateralが後続の追撃を振り切って1着。

1着:Equilateral

せん6、父・Equiano、母・Tarentaise、母父・Oasis Dream
調教師:Charles Hills、騎手:Andrea Atzeni

・今回の勝利で通算24戦7勝、重賞初制覇。昨年の同レース2着馬で、次走6/16のロイヤルアスコットのG1-キングズスタンドS(5f)で勝ったBattaashから2馬身1/4差の2着と健闘。今回は前走1/21のL-ドバイダッシュ(1000m)を勝って、ここへ臨んでいた。

・父のEquianoは2005年仏国産のAcclamation産駒。現役時は26戦7勝、G1-キングズスタンドS(5f)2勝を含む重賞3勝。主な産駒にThe Tin Man(ブリティッシュチャンピオンズスプリントS、ダイヤモンドジュビリーS、スプリントC)。

・母のTarentaiseは未出走。伯父のBated Breathは英G2-テンプルSの勝ち馬で、種牡馬として活躍中。伯父のCityscapeはドバイデューティーフリーなど重賞4勝。従弟のLogicianは2019年の英G1-セントレジャーなど重賞2勝。従姉のSuffusedは重賞3勝。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2021-02-18/778336

UAE Oaks Sponsored By New Jaguar F-Type(G3・ダ1900m・3歳牝馬)

・4,5番手のイン追走の1番人気・Mnasekが外を通って進出。直線入口で先頭に立つと後続との差を一気に広げ圧勝。2着との着差は6馬身半差。

1着:Mnasek

牝3、父・エンパイアメーカー、母・Washington Bridge、母父・Yankee Gentleman
調教師:Doug Watson、騎手:Pat Dobbs

・今回の勝利で通算3戦2勝、重賞初制覇。12/17のデビュー戦(ダ1400m)で1着→1/28のL-UAE1000ギニー(ダ1600m)で勝ったSoft Whisperから7馬身差の2着とし、ここへ臨んでいた馬。 前走敗れたSoft Whisperはサウジダービーで有力視されている馬で、1番人気に応える今回の勝利は順当な印象。

・父のエンパイアメーカーは2000年米国産のUnbridled産駒。現役時は8戦4勝、ベルモントS、フロリダダービー、ウッドメモリアルSの3つのG1に勝利。1番人気だったケンタッキーダービーは2着。主な産駒にRoyal Delta(BCディスタフ2勝等)、Pioneerof the Nile(サンタアニタダービー等)。2011~2015年までは日本にて供用され、この時の産駒にエテルナミノル(愛知杯)、タガノディグオ(兵庫チャンピオンシップ)などがいる。

母のWashington Bridgeは27戦5勝、G2-バヤコアHの勝ち馬。曽祖母のEarly LunchはG3-スワニーリバーHの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2021-02-18/778338

Zabeel Mile Sponsored By Al Tayer Motors(G2・芝1600m・3歳以上)

・後方待機の1番人気・D’baiが直線大外から一気に伸びて、ゴール前の接戦を制し、1着。

1着:D’bai

せん7、父・Dubawi、母・Savannah Belle、母父・Green Desert
調教師:Charlie Appleby、騎手:William Buick

・今回の勝利で通算35戦8勝、重賞3勝目。息の長い活躍を見せてきた馬で、2歳から7歳に至るまで毎年、勝ち鞍を上げ、5歳6月に初重賞制覇(G3-ジョンオブゴーントS)、6歳1月に重賞2勝目(G2-アルファヒディフォート)、7歳2月になる今回3つ目のタイトルを獲得。前走1/21のG2-アルファヒディフォート(芝1400m)では勝ったLand Of Legendsから3/4身差の2着だった馬。

・父のDubawiは2002年愛国産のDubai Millennium産駒。現役時は8戦5勝、ジャックルマロワ賞、アイリッシュ2000ギニー、ナショナルSの3つのG1を含む重賞4勝。Dubawi×Green Desert牝馬の配合での活躍馬にLucky Nine(香港最優秀スプリンターを2度受賞)。

・母のSavannah Belleは8戦1勝。全兄・Dubawi GoldはG2-セレブレーションマイルの勝ち馬で、英2000ギニー2着、ロッキンジS3着。全兄・Fort KnoxはL-レパーズタウン2000ギニートライアルの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2021-02-18/778339

Balanchine Sponsored By Range Rover(G2・芝1800m・3歳以上牝馬)

・ハナを切ったSummer Romanceが直線で後続を離し、脚色衰えずに逃げ切り勝ち。

1着:Summer Romance

牝4、父・Kingman、母・Serena’s Storm、母父・スタチューオブリバティ
調教師:Charlie Appleby、騎手:James Doyle

・今回の勝利で通算9戦4勝、重賞2勝目。昨年7/4の英G3-プリンセスエリザベスS(芝8.5f)の勝ち馬で、半年ぶりの休み明けだった前走1/28のG2-ケープヴェルディS(芝1600m)を5着とし、ここへ臨んでいた馬。

・父のKingmanは2011年英国産のInvincible Spirit産駒。現役時は8戦7勝、2着1回。G1を4勝(アイリッシュ2000ギニー、セントジェームズパレスS、サセックスS、ジャックルマロワ賞)し、2014年のカルティエ賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬に選出された馬。これまでに稼働した4世代の産駒から3頭のG1馬(Persian KingPalace PierDomestic Spending)、13頭の重賞勝ち馬を輩出。初年度は5万5000ポンドだった種付料は昨年、今年は15万ポンドとなっている。

・母のSerena’s Stormは9戦1勝。半姉・Rizeena(父・Iffraaj)はコロネーションS、モイグレアスタッドSの2つのG1を含む重賞3勝。母のきょうだい(せん馬)にZabeel Prince(イスパーン賞)。曽祖母のSerena’s Sisterはその名の通り、G1・11勝の名牝・Serena’s Songの全妹にあたる。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2021-02-18/778340

Al Shindagha Sprint Sponsored By New Land Rover Defender(G3・ダ1200m・3歳以上)

・外目3番手追走のAl Tariqが直線で前の2頭を交わし、差し切り勝ち。

1着:Al Tariq

せん5、父・Oasis Dream、母・El Cuerpo E L’Alma、母父・Harlan’s Holiday
調教師:Doug Watson、騎手:Pat Dobbs

・今回の勝利で通算14戦3勝、重賞初制覇。前走2/5のジェベルアリ競馬場でのL-ジェベルアリスプリント(ダ1000m)を勝ち、ここへ臨んでいた馬。

・父のOasis Dreamは2000年英国産のGreen Desert産駒。現役時は9戦4勝、ナンソープS(5f3y)、ジュライC(6f)、ミドルパークS(6f)の3つのG1に勝利し、2003年のカルティエ賞最優秀スプリンターに選出される。種牡馬として大成功を収め、Midday(G1・6勝)、Muhaarar(G1・4勝)など17頭のG1馬を輩出。

・母のEl Cuerpo E L’Almaは3戦未勝利。近親にヨハネスブルグ(BCジュヴェナイル、ミドルパークS、モルニー賞、フェニックスS)、Joking(ヴォスバーグS)、Minardi(ミドルパークS、フェニックスS)。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2021-02-18/778341

※関連記事