ともにゴールドアリュール産駒のスーブレットとクールキッズ。ともに水準級の時計を出しており好仕上がり。ネオユニヴァース産駒・コラードも母父が2歳戦絶好調のクロフネなのも含めて要注目の存在。スウェプトオーヴァーボード産駒・トモジャクアルトも調教動いており、これら4頭が上位伯仲な印象。

 

1・コラード 牡2
父・ネオユニヴァース、母・ソフィアルージュ、母父・クロフネ
生産者・宮内牧場、(栗)木原一良、藤岡康太

・今週はCWで5Fから一杯に追われ、水準以上の時計をマーク。

・2016年の北海道サマーセールにて1458万円で落札。母は8戦0勝。本馬は8番仔。3代母ニホンピロビッキーは1984年のJRA最優秀2歳牝馬でG3-ラジオたんぱ3歳牝馬Sの勝ち馬。

 

2・ブラスト 牡2
父・クロフネ、母・カーナヴァル、母父・ダンスインザダーク
生産者・ノースヒルズ、(栗)中村均、松山弘平

・2週連続、坂路で一杯に追われているが、まだ水準レベルの時計は出ていない。

・母は未出走。本馬は4番仔。母の半姉オディールはG3-ファンタジーSの勝ち馬でG2-サンスポ杯阪神牝馬S3着、G3-チューリップ賞3着。祖母キュンティアはG1-阪神3歳牝馬S2着。

 

3・デンコウグランデ 牡2
父・ゴールドアリュール、母・バグワイザー、母父・Kingmambo
生産者・高昭牧場、(栗)荒川義之、松若風馬

・2週連続、坂路で一杯に追われているが、まだ水準レベルの時計は出ていない。

・2016年の北海道セレクションセールにて756万円で落札。母は米9戦1勝。本馬は8番仔。従兄OfficerはG1-米シャンペインS、G2-デルマーフュチュリティ、G3-ベストパルSの勝ち馬。

 

4・エンジェルウィング 牝2
父・ヘニーヒューズ、母・レースウィング、母父・バブルガムフェロー
生産者・ノーザンファーム、(栗)牧田和弥、福永祐一

・2週連続、坂路で一杯に追われているが、まだ水準レベルの時計は出ていない。

・募集価格1400万円。母は16戦5勝。本馬は9番仔。半兄グリッターウイングはG-レパードS2着、JG3-小倉サマージャンプ3着。母の半弟トーセンアレスはJpn2-浦和記念3着。母の従弟にスズカマンボ(G1-天皇賞(春)、G3-朝日チャレンジC)。母の従妹の産駒にクイーンマンボ(Jpn2-関東オークス)。

 

5・オペラグローブ 牝2
父・Speightstown、母・Funny Moon、母父・Malibu Moon
生産者・My Meadowview LLC、(栗)中内田充、川田将雅

・先週はCWで6Fから乗られ、ゴール前気合をつけられるも時計は水準以下。今週は川田騎手が乗り、栗東芝で5Fから馬なり調整。内目を通っているが、4F以降は1F12秒を下回るペースを維持している。

・2016年キーンランド9月1歳セールにて18万ドルで落札。母は15戦5勝、G1-CCAオークス、G2-シュヴィーHの勝ち馬。本馬は4番仔。

 

6・ブルベアブロッコリ 牡2
父・バトルプラン、母・レイラニ、母父・キングカメハメハ
生産者・矢野牧場、(栗)藤澤則雄、義英真

・2週連続、CWで6Fから一杯に追われているが、まだ水準レベルの時計は出ていない。

・2016年の北海道サマーセールにて270万円で落札。母は5戦1勝。本馬は2番仔。母の半弟にショウナンマイティ(G2-産経大阪杯の勝ち馬でG1-安田記念2着など重賞入着7回)。

 

7・スズカビレッジ 牡2
父・ヴィクトワールピサ、母・アドマイヤビアン、母父・アドマイヤコジーン
生産者・辻牧場、(栗)西村真幸、和田竜二

・先週は坂路で強めに追われ、今週はCWで6Fから一杯に追われる。今週は全体時計は水準以上だが、ラスト1F13.8秒とかなりバテ加減。

・2017年の北海道トレーニングセールにて1296万円で落札。母は19戦1勝。本馬は6番仔。母の半兄にアドマイヤホープ(G1-全日本2歳優駿、G3-北海道2歳優駿)、アドマイヤフジ(G2-日経新春杯、G3-中山金杯2勝)。母の半弟にアドマイヤコスモス(G3-福島記念)。

 

8・ウォーターボルグ 牡2
父・ウォーターリーグ、母・ウォーターパイパー、母父・Tale of the Cat
生産者・伏木田牧場、(栗)河内洋、岩崎翼

・2週連続、坂路で追われているが、まだ水準レベルの時計は出ていない。

・母は2戦0勝。本馬は3番仔。3代母Family StyleはG1-フリゼットS、G1-スピナウェイS、G1-ラカニャーダS、G1-アーリントンワシントンラッシーSなど米重賞8勝。

 

9・タユウグロ 牡2
父・ゴールドアリュール、母・セキサンジョオウ、母父・サクラバクシンオー
生産者・笹島政信、(栗)小崎憲、武豊

・9/16(土)にCWで6Fから強めに追われ、今週は坂路で追われているが、ともに時計は水準レベルには達していない。

・母は25戦1勝。本馬は9番仔。祖母の従兄にサンエイソロン(サンケイ大阪杯、京都新聞杯、NHK杯、スプリングSの勝ち馬。他に日本ダービー2着、菊花賞2着など重賞入着6回)。

 

10・ナムラシシマル 牡2
父・アポロキングダム、母・ナムラネネ、母父・ケイムホーム
生産者・中島牧場、(栗)目野哲也、三津谷隼

・2週連続、三津谷騎手が乗り、CWで乗られているが、時計はともに水準以下。

・母は6戦0勝。本馬は初仔。母の半弟にインカンテーション(G3-レパードS、G3-みやこS、G3-平安S、G3-マーチS)。

 

11・パープルヒストリー 牡2
父・スマートファルコン、母・ヤヨイコマチ、母父・ホワイトマズル
生産者・竹内良一、(栗)福島信晴、田中健

・2週連続、坂路で一杯に追われているが、まだ水準レベルの時計は出ていない。

・母は69戦7勝。本馬は4番仔。母の従兄エーピーバーストはG3-エルムS2着。母の従妹の産駒にドコフクカゼ(G3-マーチS3着2回)。

 

12・スーブレット 牝2
父・ゴールドアリュール、母・フラーテイシャスミス、母父・Mr. Greeley
生産者・ノーザンファーム、(栗)石坂正、ルメール

・今週は坂路で一杯に追われ、半マイル53.0秒、ラスト1F13.4秒。終いバテてはいるが全体時計は水準級。

・募集価格3000万円。母は米1戦0勝。本馬は6番仔。半兄ベストウォーリアはJpn1-マイルチャンピオンシップ南部杯(2勝)、G3-ユニコーンS、G3-プロキオンS(2勝)の勝ち馬で、G1-フェブラリーS2着など重賞入着12回。

 

13・クラウンチャンプ 牡2
父・キングズベスト、母・チャップ、母父・ダンシングブレーヴ
生産者・クラウン日高牧場、(栗)梅田智之、菱田裕二

・先週は菱田騎手が乗り、坂路で馬なり調整となり、半マイル53.7秒、ラスト1F12.8秒。今週は末強めに追われ、半マイル55.8秒、ラスト1F12.8秒。時計は先週より悪いが加速ラップでまとめている。

・母は未出走。本馬は10番仔。母の半姉タシロスプリングはG3-ファンタジーSの勝ち馬。

 

14・トモジャクアルト 牡2
父・スウェプトオーヴァーボード、母・ブーティー、母父・フジキセキ
生産者・上水牧場、(栗)大根田裕、幸英明

・2週連続、CWで6Fから一杯に追われる。今週は幸騎手が乗っているが、時計は水準以上の好時計。ラスト1Fもバテておらず、併走馬(新馬)を追走し先着している内容も良い。

・2016年の北海道サマーセールにて1674万円で落札。母は未出走。本馬は5番仔。従姉にモズカッチャン(G2-フローラS)。祖母の半姉にゴールドティアラ(G1-マイルチャンピオンシップ南部杯、G3-ユニコーンS、G3-シリウスS、G3-プロキオンS、G3-かきつばた記念)。ゴールドティアラの孫にステファノス(G3-富士Sの勝ち馬でG1-天皇賞(秋)2着、G1-大阪杯2着、G1-クイーンエリザベス2世C2着など重賞入着8回)。

 

15・クールキッズ 牝2
父・ゴールドアリュール、母・ダイワサンルージュ、母父・コロナドズクエスト
生産者・久井牧場、(栗)清水久詞、荻野極

・先週は荻野騎手が乗り、CWで6Fから馬なりでの攻めとなったが、時計は水準級。今週は坂路で馬なり調整。

・母は3戦0勝。本馬は5番仔。母の半姉ダイワパッションはG2-フィリーズレビュー、G3-フェアリーSの勝ち馬。

 

16・キッチンウイッチ 牝2
父・サウスヴィグラス、母・ベレスプリ、母父・スペシャルウィーク
生産者・若林牧場、(栗)崎山博樹、水口優也

・先週は水口騎手が乗り、CWで6Fから一杯に追われるも時計は水準以下。今週は坂路にて馬なり調整。

・2016年の北海道オータムセールにて334.8万円で落札。母は5戦0勝。本馬は2番仔。祖母の半兄タヤスアンティームはG2-東海S3着。3代母スカーレットリボンはG2-報知杯4歳牝馬特別の勝ち馬。