現地時間3/13(土)に豪ムーニーヴァレー競馬場にて1着賞金225万豪ドル(約1億9000万円)の高額賞金レース、ジ・オールスターマイル(芝1600m)と、豪ローズヒルガーデンズ競馬場にてG1-クールモアクラシック(芝1500m)がそれぞれ行われている。本稿ではこの2レースの結果と動画をお届けする。

Coolmore Classic(G1 Handicap・芝1500m・3歳以上牝馬・ローズヒルガーデンズ競馬場)

・道中7番手イン追走の3番・Kroneが直線で進路が確保されると、瞬発力を発揮。先団をまとめて差し切って勝利。

1着:Krone

牝5、父・Eurozone、母・Soft Landing、母父・Al Maher
調教師:Tony Gollan、騎手:Timothy Clark

・今回の勝利で通算26戦6勝、G1初制覇、重賞2勝目。前走2/27のG2-ガイウォーターS(芝1400m)で重賞初制覇を果たし、ここへ臨んでいた馬。これまでにListedで3勝をあげており、そこそこの実績は残してきた馬。

・父のEurozoneは2010年豪州産のNorthern Meteor産駒。現役時は10戦4勝、G2-スタンフォックスS(芝1500m)の勝ち馬。これまでに重賞を勝った産駒は初年度産駒でもあるKroneのみで、他にリステッド勝ち馬が1頭いるのみ

・母のSoft Landing(1戦未勝利)はUniversal Prince(ランヴェットSなど豪G1・4勝)、Universal Queen(ロバートサングスターS)の半妹。従姉のLucy Maeは豪G2-カラカッタプレートの勝ち馬。いとこ(せん馬)のThink It Overは豪G3-クレイブンプレート、リバプールシティCの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/311/rosehill/2021-03-13/780026

All-Star Mile(芝1600m・2歳以上・ムーニーヴァレー競馬場)

・道中は3列目のインに構えた6番・Mugatooが絶好の手応えで、4角手前の仕掛けどころで上昇。短い直線を内から3頭目で向かえると、外のRussian Camelotとの競り合いを制し、Mugatooが1着。1番人気のProbabeelはいいところなく12着。

1着:Mugatoo

せん6、父・Henrythenavigator、母・Elopa、母父・Tiger Hill
調教師:Kris Lees、騎手:Hugh Bowman

・今回の勝利で通算18戦9勝。昨年のコックスプレートで4着だった馬で、これまでに豪G3-ニューカッスルゴールドC(芝2300m)、豪G3-プレミアズC(芝1900m)の重賞2勝の実績馬。今回はファン投票上位10頭から漏れたワイルドカードでの出走だったが、3番人気に推されており、現地での評価は高かった馬。アイルランド産。

・父のHenrythenavigatorは2005年米国産のKingmambo産駒。現役時は11戦6勝、英2000ギニー、愛2000ギニー、セントジェームズパレスS、サセックスSの4つのG1を含む重賞5勝。主な産駒にPedro the Great(フェニックスS)、Sudirman(フェニックスS)、George Vancouver(BCジュヴェナイルターフ)。

母のElopaは6戦4勝、仏G2-コリーダ賞(芝2100m)、仏G3-アレフランス賞(芝2000m)、L-プティエトワール賞(芝2100m)の勝ち馬。伯父のEpaloはSING1-シンガポール航空インターナショナル、独G2-メルセデスベンツ大賞の勝ち馬。祖母のEvening Kissは伊G3-バグッタ賞の勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/299/moonee-valley/2021-03-13/780033