現地時間3/18(木)に英チェルトナム競馬場にて行われた、チェルトナムフェスティバル3日目。本稿ではG1-ステイヤーズハードルを中心にこの日に行われた3つのG1レースの結果と動画をまとめてお届けする。

Paddy Power Stayers’ Hurdle(G1・2m7f213y(New)・4歳以上)

・単勝13倍の3番・Flooring Porter(せん6)がハナを切り、快調にレースを主導する展開。そのまま直線まで先頭で向かえると、最終障害飛越後に若干フラつくもリードを保ったまま1着でゴール。1番人気のPaisley Parkは直線で差を詰めるも3着まで。

1着:Flooring Porter

せん6、父・Yeats、母・Lillymile、母父・Revoque
調教師:Gavin Cromwell、騎手:Danny Mullins

・今回の勝利で通算15戦6勝。前走12/28のG1-クリスマスハードルを単勝12倍で制し、初の重賞勝ちをおさめてここへ臨んでいた馬で、ここでも伏兵的な存在だったが見事に勝利。

・父のYeatsは2001年愛国産のSadler’s Wells産駒。現役時は26戦15勝、ゴールドカップ4連覇(2006~2009年)、コロネーションカップ、愛セントレジャー、ロワイヤルオーク賞の7つのG1を含む重賞11勝。本日、Flooring PorterとChantry Houseの両産駒が同日にG1制覇。これまでに2度、National Huntリーディングサイアーに輝いており、今年は現時点でリーディング3位。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/11/cheltenham/2021-03-18/772585

Ryanair Chase (Registered as The Festival Trophy)(G1・2m4f127y(New)・5歳以上)

・1番人気のAllaho(せん7)がレースを引っ張り、4角手前で既に後続との差を広げ、直線はまさに独壇場。最終的に2着との差を12馬身差とし1着でゴール。過去2年のチェルトナムフェスティバルではハードルとチェイスのノーヴィスのG1で3着→3着と敗れていたが、3年越しにチェルトナムフェスティバルでの勝利をあげている。

Marsh Novices’ Chase(Registered as The Golden Miller)(G1・2m3f168y(New)・5歳以上)

・11戦11勝、チェルトナムフェスティバルでは一昨年のG1-チャンピオンバンパー、昨年のG1-バリモアノーヴィシスハードルを制し、単勝2倍を切る圧倒的な人気を集めていた1番人気のEnvoi Allenが序盤に落馬する大波乱。好位追走から最終障害を先頭で飛越したChantry House(せん7)が1着。Chantry Houseの父はゴールドカップ4連覇、歴史的名ステイヤーのYeats。

関連記事