現地時間3/20(土)にRoad to the Kentucky Derbyのポイント対象レース、G2-ルイジアナダービー(ダ9.5f)がフェアグラウンズ競馬場にて行われている。4戦3勝、前走G2-リズンスターSの勝ち馬・Mandaloun、BCジュヴェナイル2着馬・Hot Rod Charlieらが出走したレースの結果と動画をお届けする。

Twinspires.com Louisiana Derby(G2・ダ9.5f・3歳)

・ハナに立ったHot Rod Charlieが逃げ切り勝ち。1番人気のMandalounは好位追走から直線伸びず6着。
(※レース開始は1:54辺り。適宜シークバーをお使いご視聴下さい。)

1着:Hot Rod Charlie

牡3、父・Oxbow、母・Indian Miss、母父・Indian Charlie
調教師:Leandro Mora、騎手:Joel Rosario

・今回の勝利で通算7戦2勝、重賞初制覇。デビュー4戦目(ダ8f)で勝ち上がり、4戦1勝で臨んだ昨年11/6のG1-BCジュヴェナイル(ダ8.5f)では単勝オッズ101倍の最低人気ながら2着と健闘。その後、一息入れられ、前走1/30のG3-ロバートB.ルイスS(ダ8.5f)を3着とし、ここへ臨んでいた馬。

・父のOxbowは2010年米国産のAwesome Again産駒。母のTizamazingはBCクラシック連覇などG1・4勝のTiznowの全妹。現役時は13戦3勝、2013年のG1-プリークネスS、G3-ルコントSの勝ち馬で、同年のベルモントS2着、ケンタッキーダービー6着。これまでに現3歳までの4世代で重賞勝ち馬を本馬を含めて3頭、ブラックタイプ勝ち馬を3頭輩出

・母のIndian Missは2戦未勝利。半兄のMitole(父・エスケンデレヤ)はBCスプリント、フォアゴーS、メトロポリタンH、チャーチルダウンズSの4つのG1を含む重賞5勝。叔母のLive LivelyはG2-ダヴォナデールSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/742/fair-grounds/2021-03-20/780194

関連記事