現地時間3/27(土)にRoad to the Kentucky Derbyのポイント対象レースが2鞍行われている。本稿ではG1-フロリダダービー(ダ9f・ガルフストリームパーク競馬場)、G3-ジェフルビーS(AW9f・ターフウェイパーク競馬場)の結果と動画をお届けする。

Curlin Florida Derby presented by Hill ‘n’ Dale Farms at Xalapa(G1・ダ9f・3歳)

・5,6番手のインを追走していた5番・Known Agendaが4角先頭から、直線押し切って勝利。2着との着差は2馬身3/4差。

1着:Known Agenda

牡3、父・Curlin、母・Byrama、母父・Byron
調教師:Todd Pletcher、騎手:Irad Ortiz Jr

・今回の勝利で通算6戦3勝、重賞初制覇。これまでにG2-レムゼンS3着、G3-サムF.デイビスS5着と重賞でそこそこの戦績は残していたが、今回の勝利で一気にケンタッキーダービー馬候補として名乗りを上げている。今回のEQUIBASEスピード指数は112で、Life Is Good(※先日、後肢の怪我により米3冠競走を回避する旨、報じられている)がシャムSとサンフェリペSでマークした110を上回る数字で、これまでのRoad to the Kentucky Derbyのポイント対象レースの中では屈指の数字。

・父のCurlinは2004年米国産のSmart Strike産駒。現役時は16戦11勝、BCクラシック、ドバイワールドC、プリークネスS、ジョッキークラブゴールドカップ(2勝)、スティーヴンフォスターH、ウッドワードSの7つのG1を含む重賞9勝。主な産駒にPalace Malice(ベルモントS、メトロポリタンH)、Exaggerator(プリークネスS、サンタアニタダービー等)、Vino Rosso(BCクラシック等)、Stellar Wind(G1・6勝)など。昨年はGlobal Campaign(ウッドワードS)、Paris Lights(CCAオークス)の2頭がG1を制し、今年は3/6のG1-サンタアニタHをIdolが制している。TDNによる昨年の北米サイアーランキング6位。

母のByramaは2009年英国産、現役時は29戦5勝、米G1-ヴァニティーHの勝ち馬。伯父のKlammerは英G3-ホーリスヒルSの勝ち馬。

・母父のByronは2001年英国産のGreen Desert産駒で、母のGay Gallantaは2歳G1-チェヴァリーパークSの勝ち馬。現役時は12戦3勝、G2-レノックスS、G2-ミルリーフSの勝ち馬。父として英・仏・豪でG1を制したGordon Lord Byron(スプリントC、フォレ賞、ジョージライダーS)を輩出。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/272/gulfstream-park/2021-03-27/781052

Jeff Ruby Steaks(G3・AW9f・3歳)

・道中後方に控えていた1番・Like The Kingが3角過ぎから外を通って上昇。4角手前までに勝負圏内に取りつくと、直線外から一気に伸びて差し切り勝ち。

1着:Like The King

牡3、父・Palace Malice、母・Like A Queen、母父・Corinthian
調教師:Wesley A Ward 、騎手:Drayden Van Dyke

・今回の勝利で通算6戦3勝、重賞初制覇。前走2/26のジョンバタグリアメモリアルS(AW8.5f)で2着だった馬。今回の勝利で100ポイント獲得となり、本番での出走権を確保している。

・父のPalace Maliceは2010年米国産のCurlin産駒。現役時は19戦7勝、ベルモントS、メトロポリタンHの2つのG1を含む重賞6勝。現3歳はセカンドクロップで、これまでにStructor(G1-BCジュヴェナイルターフ、G3-ピルグリムS)、Mr. Monomoy(G2-リズンスターS)、Fly On Angel(G3-チャールズダウンオークス)、本馬の4頭の重賞勝ち馬を輩出。

・母のLike A Queenは29戦2勝。母父のCorinthianは2003年米国産のPulpit産駒。現役時は12戦6勝、G1-メトロポリタンH、G2-ガルフストリームパークH、第1回BCダートマイル(Listed)の勝ち馬。現在はトルコにて供用中。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/146/turfway-park/2021-03-27/781171

関連記事