2021/4/11(日)
阪神11R 第81回桜花賞・GⅠ
3歳・牝 定量 芝1600m・外
馬場状態 良
1着賞金 10500万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1ソダシ
牝3 吉田隼人(栗)須貝尚介
1.31.1R
先行
クロフネ・キングカメハメハ
(ノーザンファーム)
2サトノレイナス
牝3 ルメール(美)国枝栄
(クビ)
追込
ディープインパクト・Not For Sale
(ノーザンファーム)
3ファインルージュ
牝3 福永祐一(美)木村哲也
(1/2)
差し
キズナ・ボストンハーバー
(ノーザンファーム)

(JRA公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/ouka/result/ouka2021.html

ソダシ:重賞4勝目・GⅠ2勝目

クロフネ
(1998)
フレンチデピュティ┌Deputy Minister(Vice Regent)
└Mitterand(Hold Your Peace)
Blue Avenue┌Classic Go Go(Pago Pago)
└Eliza Blue(Icecapade)
ブチコ
(2012)
キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
シラユキヒメ┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウェイブウインド(Topsider)

通算成績:5戦5勝
(これまでの主な戦績)
20阪神JF・GⅠ 1着(阪神芝1600)
20アルテミスS・GⅢ 1着(東京芝1600)
20札幌2歳S・GⅢ 1着(札幌芝1800)

父:クロフネ

クロフネは1998年生まれ。通算10戦6勝、GⅠ2勝(NHKマイルC、ジャパンカップダート)。代表産駒にアエロリット(NHKマイルC)、カレンチャン(スプリンターズSなどGⅠ2勝)、ホワイトフーガ(JBCレディスクラシック)など、牝馬の活躍が目立つ。既に種牡馬を引退しており、現2歳が最終世代となる。2021年の重賞は初勝利。産駒の桜花賞制覇は初(2011年にホエールキャプチャ2着がある)。

2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

10 ディープインパクト
4 オルフェーヴル、ハーツクライ、ロードカナロア
3 キズナ、モーリス
2 エピファネイア、ディープスカイ、ルーラーシップ、American Pharoah
1 カジノドライヴ、クロフネ、サウスヴィグラス、ジャスタウェイ、スクリーンヒーロー、スマートファルコン、ダイワメジャー、トゥザグローリー、ドゥラメンテ、ヘニーヒューズ、ミッキーアイル、First Samurai、Kingman、Teofilo

母:ブチコ

ブチコは4勝(全てダ1800)。近親にレパードSの勝馬で白毛のハヤヤッコ、関東オークスなど交流重賞3勝でこちらも白毛のユキチャン、チューリップ賞などのメイケイエール(本レースは18着)らがいる。

ソダシは初仔。現2歳の2番仔に全妹がいる(登録馬名ママコチャ)が、こちらは鹿毛で登録されている。

母父:キングカメハメハ

キングカメハメハは2001年生まれ。ダービー、NHKマイルCとGⅠ2勝、通算8戦7勝。種牡馬として、ドゥラメンテ、レイデオロ、アパパネ、ロードカナロアなど多数のチャンピオンホースを輩出。母父としても、ワグネリアン、ブラストワンピース、デアリングタクトなど活躍馬が続出。2021年の母父としての重賞3勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
ソダシ21桜花賞阪神芝1600クロフネ・キングカメハメハ
アカイトリノムスメ21クイーンC東京芝1600ディープインパクト・キングカメハメハ
ショウリュウイクゾ21日経新春杯H中京芝2200オルフェーヴル・キングカメハメハ
2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

4 フレンチデピュティ
3 キングカメハメハ
2 キングヘイロー、シンボリクリスエス、ディープインパクト、ハーツクライ、ブライアンズタイム、ボストンハーバー、Bernstein、Lizard Island
1 クロフネ、サンデーサイレンス、スペシャルウィーク、タニノギムレット、ハードスパン、ハービンジャー、ベストタイアップ、Candy Ride、Danehill Dancer、Doyen、Essence of Dubai、El Corredor、Galileo、Fusaichi Pegasus、Ghostzapper、Halling、High Chaparral、Indian Charlie、Langfuhr、Le Havre、More Than Ready、Motivator、New Approach、Running Stag、Sea The Stars、Storm Cat、Street Cry

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2021年の重賞26勝目。桜花賞は一昨年のグランアレグリア以来の勝利。

馬名レース名コース種牡馬・母父
ソダシ21桜花賞阪神芝1600クロフネ・キングカメハメハ
レイパパレ21大阪杯阪神芝2000ディープインパクト・クロフネ
テルツェット21ダービー卿H中山芝1600ディープインパクト・Danehill Dancer
レピアーウィット21マーチH中山ダ1800ヘニーヒューズ・Running Stag
シャフリヤール21毎日杯阪神芝1800ディープインパクト・Essence of Dubai
ヴィクティファルス21スプリングS中山芝1800ハーツクライ・Galileo
ルークズネスト21ファルコンS中京芝1400モーリス・ディープインパクト
ダノンファラオ21ダイオライト記念船橋ダ2400American Pharoah・El Corredor
コントラチェック21オーシャンS中山芝1200ディープインパクト・Halling
メイケイエール21チューリップ賞阪神芝1600ミッキーアイル・ハービンジャー
マルシュロレーヌ21エンプレス杯川崎ダ2100オルフェーヴル・フレンチデピュティ
ヒシイグアス21中山記念中山芝1800ハーツクライ・Bernstein
レシステンシア21阪急杯阪神芝1400ダイワメジャー・Lizard Island
グロンディオーズ21ダイヤモンドH東京芝3400ルーラーシップ・サンデーサイレンス
エフフォーリア21共同通信杯東京芝1800エピファネイア・ハーツクライ
ラヴズオンリーユー21京都記念阪神芝2200ディープインパクト・Storm Cat
アカイトリノムスメ21クイーンC東京芝1600ディープインパクト・キングカメハメハ
ラーゴム21きさらぎ賞中京芝2000オルフェーヴル・Candy Ride
アリストテレス21AJCC中山芝2200エピファネイア・ディープインパクト
マルシュロレーヌ21TCK女王盃大井ダ1800オルフェーヴル・フレンチデピュティ
グラティアス21京成杯中山芝2000ハーツクライ・Lizard Island
ショウリュウイクゾ21日経新春杯H中京芝2200オルフェーヴル・キングカメハメハ
ファインルージュ21フェアリーS中山芝1600キズナ・ボストンハーバー
ピクシーナイト21シンザン記念中京芝1600モーリス・キングヘイロー
ケイデンスコール21京都金杯H中京芝1600ロードカナロア・ハーツクライ
ヒシイグアス21中山金杯H中山芝2000ハーツクライ・Bernstein
2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

26 ノーザンファーム
5 社台ファーム
2 平山牧場
1 天羽牧場、岡田スタッド、笠松牧場、グランド牧場、ケイアイファーム、コスモヴューファーム、ダーレー・ジャパン・ファーム、土居牧場、中地康弘、登別上水牧場、三嶋牧場、村田牧場、明治牧場、レイクヴィラファーム

他に外国馬 3(米国 2、英国1)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら