2021/4/14(水)
大井11R 第32回東京スプリント・JPNⅢ
4歳以上 別定 ダ1200m
馬場状態 不良
1着賞金 2700万円

レース結果

着順馬名(所属)タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1リュウノユキナ(JRA)1.11.5ヴァーミリアン・クロフネ
(藤川ファーム)
2サブノジュニア(大井)(アタマ)サウスヴィグラス・カコイーシーズ
(藤沢牧場)
3キャンドルグラス(船橋)(3/4)サウスヴィグラス・サンデーサイレンス
(社台ファーム)

(NAR公式レース結果)
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f04%2f14&k_raceNo=11&k_babaCode=20

リュウノユキナ:重賞初勝利

ヴァーミリアン
(2002)
エルコンドルパサー┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└Saddlers Gal(Sadler's Wells)
スカーレットレディ┌サンデーサイレンス(Halo)
└スカーレットローズ(ノーザンテースト)
ネオカラー
(2003)
クロフネ┌フレンチデピュティ(Deputy Minister)
└Blue Avenue(Classic Go Go)
ナギサ┌マークオブディスティンクション(Known Fact)
└ミデオンルビー(ノーザリー)

通算成績:36戦8勝
(これまでの主な戦績)
・大和H・OP 1着(阪神ダ1200)
・ジャニュアリーS・OP 1着(中山ダ1200)
・すずらん賞・OP 1着(札幌芝1200)

父:ヴァーミリアン

ヴァーミリアンは2002年生まれ。通算34戦15勝、GⅠ2勝・JPNⅠ7勝(フェブラリーS、ジャパンCダート、他)。代表産駒に、ノットフォーマル(フェアリーS)、ノブワイルド(オーバルSP)、ラインシュナイダー(サマーCh)など。2017年に種牡馬を引退しており、現3歳が最後の世代。2021年の重賞初勝利。

2021:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

10 ディープインパクト
4 オルフェーヴル、ハーツクライ、ロードカナロア
3 キズナ、モーリス
2 エピファネイア、ディープスカイ、ルーラーシップ、American Pharoah
1 ヴァーミリアン、カジノドライヴ、クロフネ、サウスヴィグラス、ジャスタウェイ、スクリーンヒーロー、スマートファルコン、ダイワメジャー、トゥザグローリー、ドゥラメンテ、ヘニーヒューズ、ミッキーアイル、First Samurai、Kingman、Teofilo

母:ネオカラー

ネオカラーは未出走。ネオカラーの姉サウンドザビーチはTCK女王盃の勝馬で、産駒スマハマは一昨年の東海S3着などと活躍。ビューチフルドリーマー牝系の出身。

リュウノユキナは8番仔。初仔プレミアムカラー(牝、父マヤノトップガン)1勝、4番仔グッドレインボー(牝、父ステイゴールド)1勝。リュウノユキナ以降の産駒はないようだ。

母父:クロフネ

クロフネは1998年米国産。日本で走り通算10戦6勝、GⅠ2勝(NHKマイルC,ジャパンCダート)。先週産駒ソダシが無敗で桜花賞を制したばかりで、他にアエロリット(NHKマイルC)、クラリティスカイ(NHKマイルC)、カレンチャン(スプリンターズS、高松宮記念)など。母父としては、クロノジェネシス(宝塚記念など)・ノームコア(秋華賞など)の姉妹、 レイパパレ(大阪杯)らを輩出。2021年の母父としての重賞2勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
リュウノユキナ21東京スプリント大井ダ1200ヴァーミリアン・クロフネ
レイパパレ21大阪杯阪神芝2000ディープインパクト・クロフネ
2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

4 フレンチデピュティ
3 キングカメハメハ
2 キングヘイロー、クロフネ、シンボリクリスエス、ディープインパクト、ハーツクライ、ブライアンズタイム、ボストンハーバー、Bernstein、Lizard Island
1 サンデーサイレンス、スペシャルウィーク、タニノギムレット、ハードスパン、ハービンジャー、ベストタイアップ、Candy Ride、Danehill Dancer、Doyen、Essence of Dubai、El Corredor、Galileo、Fusaichi Pegasus、Ghostzapper、Halling、High Chaparral、Indian Charlie、Langfuhr、Le Havre、More Than Ready、Motivator、New Approach、Running Stag、Sea The Stars、Storm Cat、Street Cry

生産:藤川ファーム

アジュディミツオーの故郷藤川ファームは2021年の重賞初勝利。

2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

26 ノーザンファーム
5 社台ファーム
2 平山牧場
1 天羽牧場、岡田スタッド、笠松牧場、グランド牧場、ケイアイファーム、コスモヴューファーム、ダーレー・ジャパン・ファーム、土居牧場、中地康弘、登別上水牧場、藤川ファーム、三嶋牧場、村田牧場、明治牧場、レイクヴィラファーム

他に外国馬 3(米国 2、英国1)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら