4/27に行われた2021JRAブリーズアップセール結果をまとめている。昨年はメール入札のみだったが、今年は平常の形式に準じて執り行われた。

今年も売却率は100%を達成、税込の最高価格は3610万円(前年比+6%)、平均価格は1099万円(同+13%)、中間価格825万円(同+4%)と前年成績を上回った。3000万円台が4頭、2000万円台が7頭(昨年はそれぞれ1頭、4頭)と、好調教馬にビッドが集まる傾向が顕著となり、平均価格の上昇率がやや大きくなった。

種牡馬別成績は、下表の通り。この世代初年度で頭数の多かったザファクターの産駒は、計10頭で、平均価格1287万円となかなかの評価だった。他では、上場2頭が揃って好タイムを計時したディーマジェスティの産駒が平均価格3190万円と、際立った数字を残していた。

結果概要

(売却率の推移)

  • 2021 100%
  • 2020 100%
  • 2019 100%
  • 2018 100%
  • 2017 100%
  • 2016 100%

(最高価格の推移:税込)

  • 2021 3630万円(前年比 +6%)
  • 2020 3410万円
  • 2019 5400万円
  • 2018 3294万円
  • 2017 4212万円
  • 2016 3672万円

(平均価格の推移:税込)

  • 2021 1099万円(前年比 +13%)
  • 2020 969万円
  • 2019 1323万円
  • 2018 946万円
  • 2017 983万円
  • 2016 1000万円

(中間価格の推移:税込)

  • 2021 825万円(前年比 +4%)
  • 2020 792万円
  • 2019 1026万円
  • 2018 821万円
  • 2017 691万円
  • 2016 724万円

種牡馬別 *新種牡馬は赤字

種牡馬落札頭数平均価格(税込)
アイルハヴアナザー19,900,000
アジアエクスプレス23,850,000
アドマイヤムーン47,892,500
アルデバラン214,400,000
ヴィクトワールピサ130,800,000
ウインバリアシオン13,300,000
エスケンデレヤ56,138,000
カレンブラックヒル22,805,000
キズナ117,050,000
キンシャサノキセキ136,300,000
クリエイター2410,037,500
ケイムホーム19,350,000
コパノリッキー17,150,000
サトノアラジン36,160,000
ザファクター1012,870,000
シニスターミニスター111,550,000
ジャスタウェイ113,200,000
シルバーステート111,000,000
ストロングリターン123,100,000
スマートファルコン122,000,000
ディープブリランテ115,400,000
ディーマジェスティ231,900,000
ドゥラメンテ215,400,000
トーセンホマレボシ14,950,000
パイロ15,610,000
バゴ26,875,000
ビッグアーサー29,625,000
プリサイスエンド18,800,000
ヘニーヒューズ29,075,000
ホッコータルマエ26,160,000
マクフィ79,302,857
マジェスティックウォリアー14,950,000
リーチザクラウン17,700,000
リオンディーズ28,525,000
ルーラーシップ117,600,000
ロージズインメイ129,700,000
ワンアンドオンリー15,500,000
総計7310,992,466