今年の千葉サラブレッドセールは前年に続きオークション方式が採用された。好タイムを叩き出し俄然注目を集めたディープインパクト牡駒、プレミアステップの19は、5億1711万円の驚異的な高値に達し、2015年の2億520万の最高価格レコード(父ディープインパクト、エイシンフラッシュ半弟のマツリダバッハ)をダブルスコアで塗り替えた。落札率も96%と全般に極めて活発で、平均価格は5億円馬に大きく引っ張られてほぼ倍増の3027万円、中間価格も1744万円と前年比40%の上昇、と天井知らずの数字を達成している。

2020千葉サラブレッドオークション速報

(売却率の推移)

  • 2021 96%
  • 2020 88%
  • 2019 93%
  • 2018 89%
  • 2017 79%
  • 2016 83%

(最高価格の推移:税込)

  • 2021 5億1711万円
  • 2020 4543万円
  • 2019 7452万円
  • 2018 5616万円
  • 2017 4428万円
  • 2016 8640万円

(平均価格の推移:税込)

  • 2021 3027万円(前年比+95%)
  • 2020 1553万円
  • 2019 2055万円
  • 2018 1436万円
  • 2017 1378万円
  • 2016 1730万円

(中間価格の推移:税込)

  • 2021 1744万円(前年比+40%)
  • 2020 1243万円
  • 2019 1512万円
  • 2018 1080万円
  • 2017 1080万円
  • 2016 1156万円