2021/5/27(木)
門別11R 第25回北海道スプリントカップ・JPNⅢ
3歳以上 別定
ダ1200m
馬場状態 良
1着賞金 2200万円

レース結果

着順馬名(所属)タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1ヒロシゲゴールド(JRA)1.12.3サウスヴィグラス・ブラックタキシード
(斉藤正男)
2リュウノユキナ(JRA)(1/2)ヴァーミリアン・クロフネ
(藤川ファーム)
3スマートアルタイル(JRA)(2 1/2)ヘニーヒューズ・ブライアンズタイム
(静内山田牧場)

(NAR公式レース結果)
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f05%2f27&k_raceNo=11&k_babaCode=36

ヒロシゲゴールド:重賞初勝利

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ、葵Sが対象。以下同)

サウスヴィグラス
(1996)
エンドスウィープ┌フォーティナイナー(Mr. Prospector)
└Broom Dance(Dance Spell)
ダーケストスター┌Star de Naskra(Naskra)
└Minnie Riperton(Cornish Prince)
エフテーストライク
(2004)
ブラックタキシード┌サンデーサイレンス(Halo)
└オーピーキャット(Storm Cat)
イチヨシロマン┌サクラショウリ(パーソロン)
└ブレスアゲン(エタン)

通算成績:29戦7勝
(これまでの主な戦績)
・20京葉S(L) 1着(中山ダ1200)
20クラスターC・JPNⅢ 2着(盛岡ダ1200)

父:サウスヴィグラス

サウスヴィグラスは1995年米国産。外国産馬として日本で走り、通算33戦16勝、GⅠを1勝(JBCスプリント)。代表産駒にコーリンベリー(JBCスプリント)、ヒガシウィルウィン(ジャパンダートダービー)、ラブミーチャン(全日本2歳優駿)他多数。ダート界のエース種牡馬として君臨してきたが、2018年に死亡しており現3歳が最後の世代。

馬名レース名コース種牡馬・母父
ヒロシゲゴールド21北海道スプリントC門別ダ1200サウスヴィグラス・ブラックタキシード
テイエムサウスダン21黒船賞高知ダ1400サウスヴィグラス・Langfuhr
2021:種牡馬別重賞勝ち数

13 ディープインパクト
5 ロードカナロア
4 オルフェーヴル、ハーツクライ、ルーラーシップ
3 エピファネイアキズナモーリス
2 カジノドライヴ、サウスヴィグラス、スクリーンヒーロー、スマートファルコン、ディープスカイ、American Pharoah、Kingman
1 ヴァーミリアン、キングカメハメハ、クロフネ、ゴールドシップ、シニスターミニスター、ジャスタウェイ、ジャングルポケット、ダイワメジャー、ディープブリランテ、トゥザグローリー、ドゥラメンテヘニーヒューズミッキーアイル、リアルインパクト、リオンディーズ、First Samurai、Teofilo

母:エフテーストライク

エフテーストライクは中央3勝(芝1200)。

ヒロシゲゴールドは2番仔で、北海道サマーセールにてJRAが648万円で購買、JRAブリーズアップセールに上場され2700万円の値をつけた。3番仔の全弟ストーミーデイは南関東2勝でハイセコー記念2着。現2歳の5番仔はシビルウォーの牡駒。6番仔となる当歳にトーセンラーの牝駒がいるようだ。

母父:ブラックタキシード

ブラックタキシードは1996年生まれ。サンデーサイレンスの直仔で、セントライト記念・GⅡに勝利。代表産駒にアスカリーブル(関東オークス)、チャンストウライ(佐賀記念)。母父としてはアスカリーブルの仔アクアリーブルの関東オークス2着が目立つ程度。

2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

4 ハーツクライ、フレンチデピュティ
3 キングカメハメハ、ディープインパクト、ボストンハーバー
2 キングヘイロー、クロフネ、シンボリクリスエス、スペシャルウィーク、タニノギムレット、ブライアンズタイム、ベストタイアップ、マンハッタンカフェ、Bernstein、Lizard Island、Storm Cat
1 アグネスタキオン、サンデーサイレンス、ダンスインザダーク、ハードスパン、ハービンジャー、ブラックタキシード、ロージズインメイ、ワイルドラッシュ、Acatenango、Candy Ride、Danehill Dancer、Doyen、Essence of Dubai、El Corredor、Galileo、Fusaichi Pegasus、Ghostzapper、Halling、High Chaparral、Indian Charlie、Langfuhr、Le Havre、More Than Ready、Motivator、New Approach、Running Stag、Sea The Stars、Soldier Hollow、Songandaprayer、Street Cry、Tapit

生産:斉藤正男

斉藤正男氏は2021年の重賞初勝利。

2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

34 ノーザンファーム
5 社台ファーム
2 登別上水牧場、平山牧場、明治牧場、レイクヴィラファーム
1 天羽牧場、岡田スタッド、笠松牧場、グランド牧場、ケイアイファーム、コスモヴューファーム、斉藤正男、様似共栄牧場、社台コーポレーション白老ファーム、高岸順一、ダーレー・ジャパン・ファーム、土居牧場、中地康弘、ビッグレッドファーム、藤川ファーム、藤原牧場、三嶋牧場、村田牧場、ヤナガワ牧場

他に外国馬 (米国 2、英国1、ドイツ1)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら