現地時間5/29(土)に豪イーグルファーム競馬場にて行われた、G1-クイーンズランドダービー(芝2400m)、G1-キングスフォードスミスC(芝1300m)の結果と動画をお届けする。種牡馬として成功を収めつつあるNight Of Thunderの初の産駒G1馬は南半球から輩出されることとなっており、チェック頂きたい。

Moet & Chandon Queensland Derby(G1・芝2400m・3歳)

・クイーンズランドダービーは、中団追走の3番・Kukerachaが直線、馬場の真ん中を鋭く伸びて差し切り勝ち。オーストラリアンダービーとサウスオーストラリアンンダービーを連勝し、1番人気に推されていたExplosive Jackは内からいったんは先頭に立つも3着。

1着:Kukeracha

せん3、父・Night Of Thunder、母・Portrait Of A Lady、母父・A.P. Indy
調教師:Chris Waller、騎手:James McDonald

・今回の勝利で通算13戦3勝、重賞初制覇。前々走5/1のG2-クイーンズランドギニーズ(芝1600m)で3着、前走5/15のG3-ラフハビットプレート(芝2000m)で2着とし、単勝11倍の人気でここへ出走していた馬。

・父のNight Of Thunderは2011年愛国産のDubawi産駒。現役時は11戦4勝、G1-英2000ギニー、G1-ロッキンジSの勝ち馬で、他にG1での2着が2回。現4歳がファーストクロップで、これまでの2世代で11頭の重賞勝ち馬、9頭のリステッド勝ち馬を輩出し、素晴らしい種牡馬デビューを飾ってきたが、本馬が初の産駒G1馬となる。産駒の活躍に伴い、今年の種付料は昨年の2万5000ユーロから今年は7万5000ユーロへ急騰している。

・母のPortrait Of A Ladyは2003年米国産、米4戦1勝。2017年のマジックミリオンズブルードメアセールにて、Kukerachaを受胎した状態で米ドル換算で2万9724米ドルにて取引された馬。伯父のLayman(父・サンデーサイレンス)は英G3-ソヴリンS、仏G3-カブール賞の勝ち馬。Kukerachaの半兄・Cameo(父・Shamardal)は豪G3-ノーランクラシックの勝ち馬。曽祖母のAlydaressは愛G1-アイリッシュオークス、英G2-リブルスデイルSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/468/eagle-farm/2021-05-29/786349

TAB Kingsford-Smith Cup(G1・芝1300m・3歳以上)

・キングスフォードスミスCは、ほぼ最後方を追走していた黄色の勝負服、黄色の帽子の9番・Vega Oneが直線狭いところを馬群を縫って差し込んで、追い込み勝ち。

https://twitter.com/WorldRacing1/status/1398522587232313345

1着:Vega One

せん5、父・Lope De Vega、母・One Funny Honey、母父・Distorted Humor
調教師:Tony Gollan、騎手:Jamie Kah

・今回の勝利で通算25戦6勝、重賞初制覇。前走5/15のG1-ドゥームベン10000(芝1200m)で勝ったEduardoから3/4身差の4着だった馬。

・父のLope De Vegaは2007年愛国産のShamardal産駒。馬名はスペイン黄金世紀の文豪より。現役時は9戦4勝、ジョッケクルブ賞(仏ダービー)、プールデッセデプーラン(仏2000ギニー)の2つのG1に勝利。現3歳までの7世代で本馬を含む13頭のG1馬を輩出中。主な産駒にPhoenix of Spain(アイリッシュ2000ギニー)、Santa Ana Lane(豪G1・5勝)。今年の種付料は過去最高の12万5000ユーロ。

・母のOne Funny Honeyは2005年米国産、米2戦未勝利。Vega Oneの半姉・One More Honeyは豪G2-スウィートエンブレスSの勝ち馬。いとこ(せん馬)のSirius Suspectは豪G2-スタンディッシュHの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/468/eagle-farm/2021-05-29/786350