7/27に開催された北海道セレクションセールの結果をまとめている。セレクトセールの勢いが持ち越されて売却率は続伸、平均価格も記録的高水準だった前年の記録を塗り変えている。

最高価格はエピファネイア産駒スリーアロー2020の6600万円で、落札価格上位5頭中3頭、上位10頭中半数をエピファネイア産駒が占めたのは、2年連続でクラシック勝ちという長打力を買われてのことだろうか。比較的安定性の良いモーリス・キズナなどは中位に沈み、現2歳の初年度が好スタートを切ったシルバーステート・ドレフォンが評価され、ドゥラメンテ・ロードカナロアも存在感を示していた。

昨年もそうだったが、現1歳が初年度となる新種牡馬産駒は全般に地味な結果となり、未知の魅力が積極的に物色されるセレクトセールとは対照的な動きとなった。大差はないものの、シャンハイボビー・タリスマニック・デクラレーションオブウォーらが堅調で、セレクトで支持を受けていたリアルスティール・サトノダイヤモンド(詳細は下記リンク)は目立たなかった。

セレクションセール2021速報

(売却率/最高価格/平均価格の推移)

売却率最高価格(万円)平均価格(万円)
202186%66001988(前年比 +2%)
202083%79201951
201984%38801575
201877%44281576
201781%47521691
201674%54001443

(落札頭数2頭以上の種牡馬別平均価格:税込)*は当1歳世代が初年度

種牡馬落札頭数平均落札額(万円)
エピファネイア133,376
シルバーステート23,355
ドゥラメンテ62,805
ロードカナロア62,759
ドレフォン82,695
ハーツクライ42,571
オルフェーヴル32,548
ヘニーヒューズ112,495
リオンディーズ82,152
ダイワメジャー42,145
ハービンジャー82,118
ロゴタイプ22,035
バゴ31,998
パイロ31,962
ゴールドシップ31,907
エスポワールシチー21,843
モーリス91,839
シャンハイボビー*31,815
ビッグアーサー41,733
ホッコータルマエ51,716
タリスマニック*31,705
ルーラーシップ61,705
デクラレーションオブウォー*91,662
ジャスタウェイ81,629
マインドユアビスケッツ*81,609
リアルスティール*61,595
キンシャサノキセキ51,584
ファインニードル*51,518
アジアエクスプレス31,503
サトノクラウン*31,467
ダンカーク21,458
サトノダイヤモンド*41,430
キズナ81,416
ヴィクトワールピサ21,348
シニスターミニスター51,289
サトノアラジン21,128
マクフィ21,100
ミッキーアイル21,018
コパノリッキー2803