2021/8/15(日)
新潟11R 第56回関屋記念・GⅢ
3歳以上 別定
芝1600m
馬場状態 良
1着賞金 3900万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1ロータスランド
牝4 田辺裕信(栗)辻野泰之
1.32.7
先行
Point of Entry・Scat Daddy
(米国産)
2カラテ
牡5 菅原明良(美)高橋祥泰
(1 1/4)
差し
トゥザグローリー・フレンチデピュティ
(中地康弘)
3ソングライン
牝3 池添謙一(美)林徹
(クビ)
差し
キズナ・シンボリクリスエス
(ノーザンファーム)

(公式レース結果)
https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2021/070.html

ロータスランド:重賞初勝利

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ、葵Sが対象。以下同)

Point of Entry
(2008)
Dynaformer┌Roberto(Hail to Reason)
└Andover Way(His Majesty)
Matlacha Pass┌Seeking the Gold(Mr. Prospector)
└Our Country Place(Pleasant Colony)
Little Miss Muffet
(2009)
Scat Daddy┌ヨハネスブルグ(ヘネシー)
└Love Style(Mr. Prospector)
Jenna S.┌Kris S.(Roberto)
└Shapiro's Mistress(Unpredictable)

通算成績:10戦5勝
(これまでの主な戦績)
・米子S(L) 1着(阪神芝1600)

父:Point of Entry

Point of Entryは2008年米国産。米国で走り通算18戦9勝、米芝G1を計5勝(マンノウォーSなど)。米国で種牡馬入りしたが、Plus Que Parfait(UAEダービー)、Analyaze It(米G3勝ち)が目につく程度で目立たず、今年からカナダで供用されている(種付料は7500$)。

2021:種牡馬別重賞勝ち数

16 ディープインパクト
7 ロードカナロア
6 オルフェーヴル
5 キズナ、ハーツクライ
4 ルーラーシップ
3 エピファネイア、カジノドライヴ、モーリス
2 ヴァーミリアン、キングカメハメハ、ゴールドシップ、サウスヴィグラス、シニスターミニスター、ジャスタウェイ、スクリーンヒーロー、スマートファルコン、ディープスカイ、ヘニーヒューズ、American Pharoah、Kingman
1 アドマイヤオーラ、キングズベスト、グランプリボス、クロフネ、ゴールドアリュール、ジャングルポケット、ジョーカプチーノ、ダイワメジャー、ディープブリランテ、トゥザグローリー、ドゥラメンテ、トーセンラー、ネオユニヴァース、バゴ、バンブーエール、マクフィ、マジェスティックウォリアー、ミッキーアイル、リアルインパクト、リオンディーズ、ローエングリン、First Samurai、No Nay Never、Point of Entry、Teofilo

母:Little Miss Muffet

Little Miss Muffetは米2勝。近親に日本で種馬供用されたブロッコ(BCジュヴェナイルなど)など。

本馬の半妹プリファードラン(父Mshawish)も外国産馬として日本で4走、未勝利で抹消されている。

母父:Scat Daddy

Scat Daddyは2004年米国産。シャンペンS、フロリダダービーとG1を2勝したが故障で早期引退した。通算9戦5勝。2015年に11歳で早逝したが、種牡馬としてセンセーショナルな成功を収めて名を上げ、Justify(米三冠)、Mendelssohn(米ブリーダーズCジュヴェナイルターフ)、No Nay Never(仏モルニ賞)など、後継種牡馬陣の層も厚い。日本ではミスターメロディが高松宮記念を制覇。母父としては、Whitmore(BCスプリントなど)、カレンブーケドール(ジャパンC2着)らが活躍。

2021:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

5 クロフネ、フレンチデピュティ、マンハッタンカフェ
4 キングカメハメハ、キングヘイロー、ディープインパクト、ハーツクライ、ボストンハーバー
3 シンボリクリスエス、Storm Cat
2 サクラバクシンオー、スペシャルウィーク、タニノギムレット、ダンスインザダーク、ブライアンズタイム、ベストタイアップ、Bernstein、Danehill Dancer、Essence of Dubai、High Chaparral、Lizard Island、Tapit
1 アグネスタキオン、コロナドズクエスト、サンデーサイレンス、デュランダル、ハードスパン、ハービンジャー、ブラックタキシード、マツリダゴッホ、マヤノトップガン、リンドシェーバー、ロージズインメイ、ワイルドラッシュ、Acatenango、Candy Ride、Deputy Minister、Doyen、Dynaformer、El Corredor、Galileo、Fusaichi Pegasus、Ghostzapper、Halling、Indian Charlie、Langfuhr、Le Havre、Lemon Drop Kid、More Than Ready、Motivator、New Approach、Running Stag、Scat Daddy、Sea The Stars、Sligo Bay、Soldier Hollow、Songandaprayer、Street Cry

生産:米国産

外国産馬は2021年の重賞6勝目(米国馬は3勝目)。

馬名レース名コース種牡馬・母父生産者
ロータスランド21関屋記念新潟芝1600Point of Entry・Scat Daddy米国産
ユニコーンライオン21鳴尾記念阪神芝2000No Nay Never・High Chaparralアイルランド産
シュネルマイスター21NHKマイルC東京芝1600Kingman・Soldier Hollowドイツ産
エリザベスタワー21チューリップ賞阪神芝1600Kingman・Doyen英国産
カフェファラオ21フェブラリーS東京ダ1600American Pharoah・More Than Ready米国産
シヴァージ21シルクロードH中京芝1200First Samurai・Indian Charlie米国産
2021:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

40 ノーザンファーム
6 社台ファーム
4 三嶋牧場
3 社台コーポレーション白老ファーム
2 コスモヴューファーム、登別上水牧場、平山牧場、藤川ファーム、明治牧場、ヤナガワ牧場、レイクヴィラファーム
1 天羽牧場、荒谷牧場、エスティファーム、岡田スタッド、笠松牧場、川上牧場、桑田正己、グランド牧場、ケイアイファーム、高昭牧場、斉藤正男、様似共栄牧場、城市公、須崎牧場、高岸順一、谷岡牧場、谷川牧場、ダーレー・ジャパン・ファーム、土居牧場、中地康弘、新冠橋本牧場、日西牧場、ノースヒルズ、浜本牧場、ビッグレッドファーム、藤原牧場、宮内牧場、村田牧場

他に外国馬 6米国3、英国1、アイルランド1、ドイツ1)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら