毎週更新中の2歳戦の勝ち上がり状況データ。種牡馬別、BMS別、生産者別の勝ち上がりデータを短評とともにお届けする。

種牡馬別勝ち上がりデータ

先週はディープインパクトが3勝(ヘンリーバローズ、シエラネバダ、グローリーヴェイズ)と大きく勝ち上がり頭数を増やし、勝ち上がり頭数2位のロードカナロア(13頭)に3頭差をつけ、定位置である単独トップの座を確固たるものにしている。ロードカナロア、ダイワメジャーもそれぞれ1頭ずつ勝ち上がり頭数を増やしている。ディープインパクト以外に複数の勝ち上がり馬を出した種牡馬はなし。

http://umahei.com/page-169/data2saisyuboba

BMS別勝ち上がりデータ

先週は上位陣ではクロフネ(アドマイヤキング)、サンデーサイレンス(デュッセルドルフ)がそれぞれ1頭ずつ勝ち上がり頭数を増やし、アグネスタキオン(12頭)に続き、クロフネ(11頭)、サンデーサイレンス(10頭)と3強体制が継続している。クロフネはサフラン賞を勝ったレッドレグナントのBMSでもあり、近況、母の父としてとにかく好調。

http://umahei.com/page-169/2saidatabms

生産者別勝ち上がりデータ

先週はノーザンファームが8勝(ヘンリーバローズ、アドマイヤキング、デュッセルドルフ、オノリス、シエラネバダ、ヴェロニカグレース、メイラヴェル、アルモニカ)。15鞍行われた新馬戦・未勝利戦で8勝ということは、時節に沿った表現をすると単独過半数確保、ということになる。ノーザンファーム以外に複数頭勝ち上がりの生産者はなし。

http://umahei.com/page-169/2saidataseisansya