(2022/9/12更新) メイケイエール:セントウルS1着

【2022重賞戦績:JRA重賞の1~3着、JRA準重賞・交流重賞の1着を抜粋】

日付レース馬名着順
0911セントウG2(中京芝1200)メイケイエール1
0821北九州記HG3(小倉芝1200)ナムラクレア3
0612函館スプG3(函館芝1200)ナムラクレア1
0514京王杯スG2(東京芝1400)メイケイエール1
0410桜花賞G1(阪神芝1600)ナムラクレア3
0313フィリーG2(阪神芝1400)ナムラクレア2
0305チューリG2(阪神芝1600)ピンハイ2
0130シルクロHG3(中京芝1200)メイケイエール1

ミッキーアイル 2011年生 鹿毛 体高163cm

通算成績 20戦8勝
・国内G1を2勝(NHKマイルC/1600, マイルCS/1600)
※初年度産駒は現4歳(同期の種牡馬:モーリスドゥラメンテ、リオンディーズなど)

血統表・父系概況

ディープインパクト
(2002)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Wishing Well(Understanding)
ウインドインハーヘア┌Alzao(Lyphard)
└Burghclere(Busted)
スターアイル(2004)ロックオブジブラルタル┌デインヒル(Danzig)
└Offshore Boom(Be My Guest)
アイルドフランス┌Nureyev(Northern Dancer)
└ステラマドリッド(Alydar)

サンデーサイレンス系
└ディープインパクト
 └キズナ・サトノダイヤモンド・リアルスティール・シルバーステートミッキーアイル・リアルインパクトなど
└ハーツクライ
 └ジャスタウェイ・スワーヴリチャード・シュヴァルグランなど
└ステイゴールド
 └オルフェーヴル・ゴールドシップなど
└ダイワメジャー
 └カレンブラックヒル・アドマイヤマーズなど
└ゴールドアリュール
 └エスポワールシチー・スマートファルコン・コパノリッキー・ゴールドドリームなど
└フジキセキ
 └イスラボニータなど
└ブラックタイド
 └キタサンブラック

産駒データ

JRA平均勝利距離(現3歳世代):1340m、勝利数に占める芝レース比率:芝50%

(賞金ランキング)

暦年別
・2020年 94位
・2021年 33位
・2022年 17位

世代別
・現4歳世代 13位
・現3歳世代 18位

(種付頭数、JRA勝ち上がり頭数、重賞勝馬頭数など)

種付年度  繋養先等           重賞勝馬
2017
(現4歳)
社台SS 150万円 147頭(73)
19/57(33.3%) ②2.7%
メイケイエール G2チューリップ賞/1600, G2京王杯SC/1400, G2セントウル/1200, G3ファンタジーS/1400, G3小倉2歳S/1200, G3シルクロードS/1200
デュアリスト J2兵庫ジュニア/D1400
2018
(現3歳)
社台SS 150万円 159頭(91)
※①1.1%
ナムラクレア G3小倉2歳S/1200, G3函館スプ/1200
2019
(現2歳)
社台SS 150万円 142頭(82)
2020
(現1歳)
社台SS 150万円 104頭(56)
2021(現当歳)社台SS 250万円 155頭()
2022社台SS 250万円
※現3歳世代の最新勝ち上がりデータはこちら
★はサンデーサイレンス3×4

繋養先等=(上段)繋養先 Fee* 種付頭数(血統登録頭数)
     (下段)JRAにおける勝ち上がり**頭数/デビュー頭数(勝ち上がり率) 〇数字は重賞勝馬頭数(血統登録頭数に対する比率) 
     *受胎条件     
     **勝ち上がりは3歳秋未勝利終了までをカウント

(サンデーサイレンスインブリードの状況)

頭数は血統登録数、現3歳世代まで

a 頭数構成比b 重賞勝馬頭数b/a 輩出率
SS3×31410.9%00.0%
SS3×42116.4%14.8%
その他9372.7%22.2%
合計128100.0%32.3%

(代表産駒の配合)

メイケイエール サンデーサイレンス3×4
・母シロインジャーは未勝利。シロインジャーの母ユキチャンは関東オークスなど交流重賞3勝。近親に白毛の桜花賞馬ソダシ、レパードSの勝馬ハヤヤッコらがいる。
・母父ハービンジャーは通算9戦6勝、G1を1勝(キングジョージⅥ&QES)。代表産駒にブラストワンピース(有馬記念)、ディアドラ(秋華賞、英Nassau S)など。母父としての産駒数はまだ少なく、本馬が重賞勝馬第1号。

ミッキーアイル
(2008)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
スターアイル┌ロックオブジブラルタル(デインヒル)
└アイルドフランス(Nureyev)
シロインジャー
(2013)
ハービンジャー┌Dansili(デインヒル)
└Penang Pearl(Bering)
ユキチャン┌クロフネ(フレンチデピュティ)
└シラユキヒメ(サンデーサイレンス)

デュアリスト Halo4x5
・母デュアルストーリーは4勝(芝1200、ダ1200)。その母ディアブロズストーリーはカナダ重賞ナタルマSの勝馬。近親にクイーン賞勝ちのレッドクラウディア。
・母父エンドスウィープは通算成績18戦6勝、米G3を勝った程度の競走実績だったが、スイープトウショウ(宝塚記念などGⅠ3勝)、ラインクラフト(桜花賞などGⅠ2勝)、サウスヴィグラス(JBCスプリント)らを輩出し成功。母父としてトーセンスターダム(豪G1を2勝)、ゲシュタルト(京都新聞杯)など。

ミッキーアイル
(2008)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
スターアイル┌ロックオブジブラルタル(デインヒル)
└アイルドフランス(Nureyev)
デュアルストーリー
(2000)
エンドスウィープ┌フォーティナイナー(Mr. Prospector)
└Broom Dance(Dance Spell)
ディアブロズストーリー┌Diablo(Devil's Bag)
└Appealing Story(Valid Appeal)

ナムラクレア Halo4x5
・母サンクイーンは愛1勝(5f)。近親にバゴやMachiavellianなどがいる牝祖Natalmaの母系。
・母父Storm Catは通算8戦4勝、G1は1勝(ヤングアメリカS)。アメリカの大種牡馬で母父としてロードカナロア、ファレノプシス・キズナの姉弟、リアルスティール・ラヴズオンリーユーの兄妹、他多数の一流馬を輩出。

ミッキーアイル
(2008)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
スターアイル┌ロックオブジブラルタル(デインヒル)
└アイルドフランス(Nureyev)
サンクイーン
(2008)
Storm Cat┌Storm Bird(Nothern Dancer)
└Terlingua(Secretariat)
Fountain of Peace┌Kris S.(Roberto)
└Coupe de Genie(Mr. Prospector)

種牡馬データファイル掲載馬

イスラボニータエピファネイア・オルフェーヴル・キズナ・キタサンブラック・ゴールドシップ・ジャスタウェイ・シルバーステート・ダノンバラード・ドゥラメンテ・ドレフォンビッグアーサーヘニーヒューズホッコータルマエマクフィ・ミッキーアイル・モーリス・リオンディーズルーラーシップ・ロードカナロア