(2022/8/29更新) ウインオーディン新潟2歳S2着

【2022重賞戦績:JRA重賞の1~3着、JRA準重賞・交流重賞の1着を抜粋】

日付レース馬名着順
0828新潟2歳G3(新潟芝1600)ウインオーディン2
0703ラジオNIHG3(福島芝1800)サトノヘリオス3
0627宝塚記念G1(阪神芝2200)デアリングタクト3
0514京王杯スG2(東京芝1400)スカイグルーヴ2
0507京都新聞G2(中京芝2200)ヴェローナシチー2
0321フラワーG3(中山芝1800)ニシノラブウインク2
0320スプリンG2(中山芝1800)サトノヘリオス3
0305チューリG2(阪神芝1600)サークルオブライフ3
0219京都牝馬G3(阪神芝1400)スカイグルーヴ2
0116京成杯G3(中山芝2000)ヴェローナシチー3
0115紅梅L(中京芝1400)フォラブリューテ1

エピファネイア 2010年生 鹿毛 体高162cm

通算成績 14戦6勝
・国内G1を2勝(ジャパンC/2400, 菊花賞/3000)
※初年度産駒は現5歳(同期の種牡馬:キズナ、ゴールドシップなど)

血統表・父系概況

シンボリクリスエス
(1999)
Kris S.┌Roberto(Hail to Reason)
└Sharp Queen(Princequillo)
Tee Kay┌Gold Meridian(Seattle Slew)
└Tri Argo(Tri Jet)
シーザリオ(2002)スペシャルウィークサンデーサイレンス(Halo)
└キャンペンガール(マルゼンスキー)
キロフプリミエール┌Sadler's Wells(Northern Dancer)
└Querida(Habitat)

Roberto系
└ブランアイズタイム
 └ナリタブライアン・フリオーソ・マヤノトップガン・タニノギムレットなど
└Kris S.
 └シンボリクリスエス
  └エピファネイア・ストロングリターン・ルヴァンスレーヴ など
 └Arch
  └Blame
   └ナダル
└Silver Hawk
 └グラスワンダー
  └スクリーンヒーロー
   └モーリス・ゴールドアクター

産駒データ

JRA平均勝利距離(現3歳世代):1790m、勝利数に占める芝レース比率:芝85%

(賞金ランキング)

暦年別
・2019年 66位
・2020年 13位
・2021年 8位
・2022年 12位

世代別
・現5歳世代 5位
・現4歳世代 5位
・現3歳世代 6位

(種付頭数、JRA勝ち上がり頭数、重賞勝馬頭数など)

種付年度   繋養先等            重賞勝馬
2016
(現5歳)
社台SS 250万円 221頭(157)
51/134(38.1%) ②1.3%
デアリングタクト G1桜花賞/1600, G1オークス/2400 G1秋華賞/2000
アリストテレス G2アメリカJCC/2200
2017
(現4歳)
社台SS 250万円 210頭(143)
47/127(37.0%) ①0.7%
エフフォーリア G1有馬記念/2500, G1皐月賞/2000, G1天皇賞(秋)/2000, G3共同通信杯/1800
2018
(現3歳)
社台SS 250万円 221頭(136)
※①0.7%
サークルオブライフ G1阪神ジュベナイルF/1600, G3アルテミスS/1600
2019
(現2歳)
社台SS 250万円 225頭(154)
2020
(現1歳)
社台SS 500万円 240頭(159)
2021(現当歳)社台SS 1000万円 218頭()
2022社台SS 1800万円
※現3歳世代の最新勝ち上がりデータはこちら
★はサンデーサイレンス4×3

繋養先等=(上段)繋養先 Fee* 種付頭数(血統登録頭数)
     (下段)JRAにおける勝ち上がり**頭数/デビュー頭数(勝ち上がり率) 〇数字は重賞勝馬頭数(血統登録頭数に対する比率) 
     *受胎条件     
     **勝ち上がりは3歳秋未勝利終了までをカウント

(サンデーサイレンスインブリードの状況)

頭数は血統登録数、現3歳世代まで

a 頭数構成比b 重賞勝馬頭数b/a 輩出率
SS4×230.7%00.0%
SS4×330469.7%41.3%
SS4×4368.3%00.0%
その他9321.3%00.0%
合計436100.0%40.9%

(代表産駒の配合)

デアリングタクト サンデーサイレンス4×3
・母デアリングバードは未勝利、その母デアリングハートは府中牝馬S連覇など重賞3勝。
・母父キングカメハメハはダービー、NHKマイルCとGⅠ2勝、通算8戦7勝。種牡馬として、レイデオロ、ドゥラメンテ、アパパネ、ロードカナロアなど多数のチャンピオンホースを輩出。母父としても、ワグネリアン、ブラストワンピース、モズカッチャンなど活躍馬が続出。

エピファネイア
(2010)
シンボリクリスエス┌Kris S.(Roberto)
└Tee Kay(Gold Meridian)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└キロフプリミエール(Sadler's Wells)
デアリングバード
(2011)
キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
デアリングハート┌サンデーサイレンス(Halo)
└デアリングダンジグ(Danzig)

アリストテレス サンデーサイレンス4×3、Sadler’s Wells4x4
・母ブルーダイアモンドは未勝利。半兄にリンカーン(日経賞など)・ヴィクトリー(皐月賞)、近親にフサイチコンコルド(ダービー)、アンライバルド(皐月賞)らがいるバレークイーン一族。
・母父ディープインパクトは通算14戦12勝、GⅠ6勝(ダービー、ジャパンCなど)。大種牡馬として君臨、母父としての代表産駒に、キセキ(菊花賞)、ステラヴェローチェ(サウジアラビアRC)など。

エピファネイア
(2010)
シンボリクリスエス┌Kris S.(Roberto)
└Tee Kay(Gold Meridian)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└キロフプリミエール(Sadler's Wells)
ブルーダイアモンド
(2011)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
グレースアドマイヤ┌トニービン(Kampala)
└バレークイーン(Sadler's Wells)

エフフォーリア サンデーサイレンス4×3
・母ケイティーズハートは3勝(ダ1700~1800)。アドマイヤムーン、ヒシアマゾン、スリープレスナイトらのKaties牝系の出。
・母父ハーツクライは2001年生まれ。通算19戦5勝、GⅠ2勝(有馬記念、他)。種牡馬として、ジャスタウェイ(天皇賞・秋、他)、ワンアンドオンリー(ダービー)、シュヴァルグラン(ジャパンC)など活躍馬多数。母父実績としては本馬の他、ケイデンスコール(マイラーズCなど)、トロワゼトワル(新潟2歳Sなど)など。

エピファネイア
(2010)
シンボリクリスエス┌Kris S.(Roberto)
└Tee Kay(Gold Meridian)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└キロフプリミエール(Sadler's Wells)
ケイティーズハート
(2009)
ハーツクライサンデーサイレンス(Halo)
└アイリッシュダンス(トニービン)
ケイティーズファースト┌Kris(Sharpen Up)
└Katies(ノノアルコ)

サークルオブライフ サンデーサイレンス4×3
・母シーブリーズライフは3勝(芝1200~1400)。近親にビリーヴ(スプリンターズSなど)がいる血統。
・母父アドマイヤジャパンは京成杯の勝馬で、他に菊花賞2着など。通算成績は10戦2勝。母ビワハイジは阪神3歳Sに勝利、半妹にブエナビスタがいる血統馬だが、種牡馬・母父として目立った実績は遺していない。

エピファネイア
(2010)
シンボリクリスエス┌Kris S.(Roberto)
└Tee Kay(Gold Meridian)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└キロフプリミエール(Sadler's Wells)
シーブリーズライフ
(2010)
アドマイヤジャパンサンデーサイレンス(Halo)
└ビワハイジ(Caerleon)
プレシャスライフ┌タイキシャトル(Devil's Bag)
└スターマイライフ(Storm Cat)

種牡馬データファイル掲載馬

イスラボニータ・エピファネイア・オルフェーヴル・キズナ・キタサンブラックゴールドシップ・ジャスタウェイ・シルバーステートダノンバラード・ドゥラメンテ・ドレフォンビッグアーサーヘニーヒューズホッコータルマエマクフィミッキーアイル・モーリス・リオンディーズルーラーシップロードカナロア