(2022/6/6更新)ソングラインが安田記念G1を勝利

【2022重賞戦績:JRA重賞の1~3着、JRA準重賞・交流重賞の1着を抜粋】

日付レース馬名着順
0605安田記念G1(東京芝1600)ソングライン1
0522鳳雛L(中京ダ1800)ハピ1
0515ヴィクトG1(東京芝1600)ファインルージュ2
0508新潟大賞HG3(新潟芝2000)ヤシャマル3
0507京都新聞G2(中京芝2200)アスクワイルドモア1
0501天皇賞春G1(阪神芝3200)ディープボンド2
0424フローラG2(東京芝2000)シンシアウィッシュ3
0320阪神大賞G2(阪神芝3000)ディープボンド1
0313フィリーG2(阪神芝1400)アネゴハダ3
0313金鯱賞G2(中京芝2000)アカイイト3
0312中山牝馬HG3(中山芝1800)アブレイズ2
0305オーシャG3(中山芝1200)ビアンフェ3
0206きさらぎG3(中京芝2000)メイショウゲキリン3
0206東京新聞G3(東京芝1600)ファインルージュ2
0116日経新春HG2(中京芝2200)ヤシャマル3

キズナ 2010年生 青鹿毛 体高168cm

通算成績 14戦7勝
・国内G1を1勝(ダービー/2400)
※初年度産駒は現5歳(同期の種牡馬:エピファネイア、ゴールドシップなど)

血統表・父系概況

ディープインパクト
(2002)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Wishing Well(Understanding)
ウインドインハーヘア┌Alzao(Lyphard)
└Burghclere(Busted)
キャットクイル(1990)Storm Cat┌Storm Bird(Northern Dancer)
└Terlingua(Secretariat)
Pacific Princess┌Damascus(Sword Dancer)
└Fiji(Acropolis)

サンデーサイレンス系
└ディープインパクト
 └キズナ・コントレイル・サトノダイヤモンド・リアルスティール・シルバーステートミッキーアイル・リアルインパクトなど
└ハーツクライ
 └ジャスタウェイ・スワーヴリチャード・シュヴァルグランなど
└ステイゴールド
 └オルフェーヴル・ゴールドシップなど
└ダイワメジャー
 └カレンブラックヒル・アドマイヤマーズなど
└ゴールドアリュール
 └エスポワールシチー・スマートファルコン・コパノリッキー・ゴールドドリームなど
└フジキセキ
 └イスラボニータなど
└ブラックタイド
 └キタサンブラック

産駒データ

(賞金ランキング)

暦年別
・2019年 48位
・2020年 12位
・2021年 4位
・2022年 5位

世代別
・現5歳世代 2位
・現4歳世代 3位
・現3歳世代 9位

(種付頭数、JRA勝ち上がり頭数、重賞勝馬頭数など)

種付年度    繋養先等              重賞勝馬
2016
(現5歳)
社台SS 250万円 269頭(182)
69/159(43.4%) ⑧4.4%
アカイイト G1エ女王杯/2200
ディープボンド G2京都新聞杯/2200, G2阪神大賞典/3000×2, 仏G2フォワ賞/2400
マルターズディオサ G2チューリップ賞/1600, G3紫苑S/2000
ビアンフェ G3函館SP/1200, G3函館2歳S/1200, 葵S/1200
アブレイズ G3フラワーC/1800
シャムロックヒル G3マーメイドS/2000
クリスタルブラック G3京成杯/2000
キメラヴェリテ J3北海道2歳/D1800
2017
(現4歳)
社台SS 250万円 212頭(138)
55/121(45.5%) ③2.2%
バスラットレオン G2NZトロフィー/1600, G2ゴドルフィンマイル/D1600
ファインルージュ G3フェアリーS/1600, G3紫苑S/2000
★ソングライン G1安田記念/1600, G2富士S/1600, サウジG3Turf Sprint/1351
2018
(現3歳)
社台SS 250万円 152頭(111)
※①0.9%
アスクワイルドモア G2京都新聞杯/2200
2019
(現2歳)
社台SS 250万円 164頭(107)
2020
(現1歳)
社台SS 500万円 242頭(166)
2021(現当歳)社台SS 1000万円 192頭()
2022社台SS 1200万円
※現3歳世代の最新勝ち上がりデータはこちら
★はサンデーサイレンス3×4
☆はサンデーサイレンス3×3

繋養先等=(上段)繋養先 Fee* 種付頭数(血統登録頭数)
     (下段)JRAにおける勝ち上がり**頭数/デビュー頭数(勝ち上がり率) 〇数字は重賞勝馬頭数(血統登録頭数に対する比率) 
     *受胎条件     
     **勝ち上がりは3歳秋未勝利終了までをカウント

(サンデーサイレンスインブリードの状況)

頭数は血統登録数、現3歳世代まで

頭数構成比重賞勝馬頭数輩出率
SS3×3327.4%13.1%
SS3×4307.0%26.7%
その他36985.6%92.4%
合計431100.0%122.8%

(代表産駒の配合)

アカイイト 
・母ウアジェトは2勝(芝1600~1800)。
・母父シンボリクリスエスは通算成績15戦8勝、GⅠを4勝(有馬記念連覇、天皇賞・秋連覇)。代表産駒にエピファネイア(ジャパンC、菊花賞)、ストロングリターン(安田記念)など。母父として実績豊富で、レイデオロ、ミスパンテール、アルクトスらが活躍。

キズナ
(2010)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
キャットクイル┌Storm Cat(Storm Bird)
└Pacific Princess(Damascus)
ウアジェト
(2008)
シンボリクリスエス┌Kris S.(Roberto)
└Tee Kay(Gold Meridian)
リーチトゥピース┌Mud Route(Strawberry Road)
└Waki Betty(Miswaki)

ソングライン サンデーサイレンス3×4
・母ルミナスパレードは4勝(芝1400、ダ1200~1400)。その祖母ソニンクを牝祖とする一族にロジユニヴァース(ダービーなど)、ディアドラ(秋華賞、英ナッソーSなど)など、活躍馬多数。
・母父シンボリクリスエス(上記アカイイトを参照)。

キズナ
(2010)
ディープインパクトサンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
キャットクイル┌Storm Cat(Storm Bird)
└Pacific Princess(Damascus)
ルミナスパレード
(2011)
シンボリクリスエス┌Kris S.(Roberto)
└Tee Kay(Gold Meridian)
ルミナスポイント┌アグネスタキオン(サンデーサイレンス)
└ソニンク(Machiavellian)

ディープボンド Halo4x4
・母ゼフィランサスは3勝(芝1200、芝1600、ダ1800)。ゼフィランサスの甥にスプリンターズS・高松宮記念の勝馬ローレルゲレイロがいる。
・母父キングヘイローは通算27戦6勝、GⅠ1勝(高松宮記念)。母は米G1を7勝したグッバイヘイロー。代表産駒にカワカミプリンセス(オークス、秋華賞)、ローレルゲレイロ(スプリンターズS、高松宮記念)など。母父として、ピクシーナイト(スプリンターズS)、イクイノックス(東スポ杯2歳Sらを輩出。

キズナ
(2010)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
キャットクイル┌Storm Cat(Storm Bird)
└Pacific Princess(Damascus)
ゼフィランサス
(2008)
キングヘイロー┌ダンシングブレーヴ(Lyphard)
└グッバイヘイロー(Halo)
モガミヒメ┌カコイーシーズ(Alydar)
└モガミポイント(マルゼンスキー)

種牡馬データファイル掲載馬

イスラボニータ・エピファネイア・オルフェーヴル・キズナ・キタサンブラック・ゴールドシップ・ジャスタウェイ・シルバーステート・ドゥラメンテドレフォンヘニーヒューズホッコータルマエマクフィ・ミッキーアイル・モーリスリオンディーズルーラーシップロードカナロア