今朝は栗東ではバゴ産駒、美浦ではパイロ産駒とロージズインメイ産駒が同タイムで1番時計を計時している。バゴ産駒は昨日の美浦でも1番時計を計時しており、デビューが注目される。ロージズインメイ産駒は先週9/28も1番時計を出している馬で脚力を誇示している。

10/5(木)栗東(良)

シメイ 牡2

父・バゴ、母・フローラルホーム、母父・ケイムホーム
生産者:日本中央競馬会日高育成牧場、(栗)森秀行

10/5(木)半マイル52.7-39.5-26.4-13.4。ラップタイム13.2-13.1-13.0-13.4。

・今朝は1F12秒台が無いワンペースなラップを計時。9/22には半マイル52.2秒を出している馬。2017年のJRAブリーズアップセールにて324万円で落札。母は未出走。本馬は3番仔。半兄ヨシオは中央4勝(現役)。

 

ミッキーロケット 牡4

父・キングカメハメハ、母・マネーキャントバイミーラヴ、母父・Pivotal
生産者:ノーザンファーム、(栗)音無秀孝

10/5(木)半マイル50.9-37.6-24.9-12.8。ラップタイム13.3-12.712.112.8

・今週の京都大賞典に向けての本追い切りで上記時計を計時。9/14に自己ベストの半マイル50.8秒を計時して以降、9/21に52.7秒、9/27に52.4秒と時計を出しており、宝塚記念以来の出走となるが、順調に乗り込まれてきた印象。

 

10/5(木)美浦(良)

クリムズンフラッグ 牡2

父・パイロ、母・アンリミテッドピサ、母父・シンボリクリスエス
生産者:大狩部牧場、(美)青木孝文

10/5(木)半マイル52.7-38.2-25.2-12.6。ラップタイム14.5-13.0-12.612.6

・先週の半マイル53.5秒、ラスト1F13.2秒から順当にタイムを詰めて良化気配。母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で16戦1勝。本馬は初仔。3代母レッドタイガーの半兄にヒシマサル(G3-きさらぎ賞、G3-毎日杯、G3-京都4歳特別)。

ガーネットローズ 牡2

父・ロージズインメイ、母・コスモアオイ、母父・アグネスデジタル
生産者:中川哲也、(美)青木孝文

10/5(木)半マイル52.7-38.4-25.2-12.7。ラップタイム14.3-13.2-12.512.7

・9/21(54.7)→9/24(54.5)→9/28(54.1)→10/1(53.7)と右肩上がりに時計を詰めてきていた中で、今朝、上記時計をマーク。母は14戦4勝。本馬は初仔。母の半兄にコスモオオゾラ(G2-弥生賞)、母の半妹にマイネオーラム(G2-フローラS3着)。