種牡馬データファイル掲載馬

エピファネイアオルフェーヴルキズナジャスタウェイシルバーステートドゥラメンテドレフォンヘニーヒューズホッコータルマエマクフィミッキーアイルモーリスリオンディーズ・ルーラーシップ・ロードカナロア

ルーラーシップ 2007年生 鹿毛 体高167cm

通算成績 20戦8勝
・海外G1を1勝(香港QEⅡC/2000)

本邦初年度産駒は現8歳
・同期の種牡馬:アイルハヴアナザー、ディープブリランテ、タートルボウル、スマートファルコンなど

血統表・父系概況

キングカメハメハ
(2001)
Kingmambo┌Mr. Prospector(Raise a Native)
└Miesque(Nureyev)
マンファス┌ラストタイクーン(トライマイベスト)
└Pilot Bird(Blakeney)
エアグルーヴ(1993)トニービン┌Kampala(Kalamoun)
└Seven Bridge(Hornbeam)
ダイナカール┌ノーザンテースト(Northern Dancer)
└シャダイフェザー(ガーサント)

Kingmambo系
└キングカメハメハ
 └ロードカナロア
  └サートゥルナーリア
 └ドゥラメンテ・ルーラーシップ・レイデオロ・リオンディーズ・ホッコータルマエなど
└キングズベスト
 └エイシンフラッシュ・ワークフォース
└Lemon Drop Kid
 └ビーチパトロール 

産駒データ

(賞金ランキング)

(2021/12/31時点)
4歳世代3歳世代
JRA合計7位22位
(芝1500m以下)19位29位
(芝1600m以上)8位17位
 - 直線型コース9位16位
 - 小回りコース7位20位
(ダ1500m以下)13位33位
(ダ1600m以上)1位14位
地方競馬35位-位

*直線型に分類しているのは以下のコース。それ以外の芝1600m以上のレースを小回り型に分類
・東京芝1600m以上、新潟外回り(1600m, 1800m、2000m)、中京芝1600m以上、京都外回り(1600m, 1800m, 2200m, 2400m, 3000m, 3200m)、阪神外回り(1600m, 1800m, 2400m, 2600m)
– 位で表示されているのはランキング51位以下

(種付頭数、JRA勝ち上がり頭数、重賞勝馬頭数など)

種付年度   繋養先等            重賞勝馬
2014
(現7歳)
社台SS 250万円 230頭(139)
48/123(39.0%) ④3.3%
メールドグラース G3小倉記念/2000, G3鳴尾記念/2000, G3新潟大賞典/2000, 豪G1コーフィールドC/2400 テトラドラクマ G3クイーンC/1600 グロンディオーズ G3ダイヤモンドS/3400 Hush Writer 豪G3ニューカッスルGC/2300
2015
(現6歳)
社台SS 250万円 241頭(141)
47/120(39.2%) ④3.3%
リオンリオン G2セントライト記念/2200, G2青葉賞/2400 フェアリーポルカ G3福島牝馬S/1800, G3中山牝馬S/1800 ディアンドル G3福島牝馬S/1800, 葵S/1200 パッシングスルー G3紫苑S/2000
2016
(現5歳)
社台SS 300万円 280頭(182)
50/150(33.3%) ⓪0.0%
2017
(現4歳)
社台SS 400万円 240頭(157)
58/138(42.0%) ②1.4%
ワンダフルタウン G2青葉賞/2400, G3京都2歳S/2000 ホウオウイクセル G3フラワーC/1800
2018
(現3歳)
社台SS 400万円 243頭(140)
※⓪0.0%
2019
(現2歳)
社台SS 400万円 227頭(134)
2020
(現1歳)
社台SS 600万円 134頭(87)
2021(現当歳)社台SS 400万円 133頭()
2020社台SS 300万円
※現3歳世代の最新勝ち上がりデータはこちら

2013年(現7歳世代)から供用、初年度種付料は250万円、種付頭数208頭。同世代の重賞勝馬にキセキ(G1菊花賞)、ダンビュライト(G2京都記念、G2アメリカJCC)、ムイトオブリガード(G2アルゼンチン共和国杯)がいる

繋養先等=(上段)繋養先 Fee* 種付頭数(血統登録頭数)
     (下段)JRAにおける勝ち上がり**頭数/デビュー頭数(勝ち上がり率) 〇数字は重賞勝馬頭数(血統登録頭数に対する比率) 
     *受胎条件     
     **勝ち上がりは3歳秋未勝利終了までをカウント