ロードカナロア産駒・フロルセレジェイラ、ハーツクライ産駒・キャンディケイン、トーセンブライト産駒・トーセンリラ、ハーツクライ産駒・グッドジュエリーの4頭の調整動向が好印象。

血統注目馬

16・グッドジュエリーの母父は2歳戦絶好調のクロフネ。母のグッドルッキングはオリエンタルアートの3番仔でオルフェーヴルの2つ上の半姉にあたる。オリエンタルアートの仔に牝馬は6頭(アルスノヴァ、グッドルッキング、マトゥラー、エストソルシエール、オルファン、デルニエオール)おり、この6頭を通じた牝系発展なるか、注目される。

5・フロルセレジェイラ 牝2

父・ロードカナロア、母・クルザダアメリカーナ、母父・Nedawi
生産者・オリオンファーム、(美)尾形和幸、田辺裕信

・9/20に田辺騎手が乗り、坂路で一杯に追われ、半マイル51.9秒、ラスト1F12.9秒。9/27に南Wで5Fから一杯に追われ、まずまずの時計。今週は南Wでゴール前仕掛けられる形での攻め。先週、除外された影響がどうかだが、水準以上の時計はこれまでの過程で出しており、ロードカナロア産駒の新しい勝ち上がり馬になれるか、注目される。

・母はブラジルとアメリカで10戦3勝、G1-ジョアンCフェラス大賞、G2-ギレェルミエリス会長大賞の勝ち馬(ともにブラジルの重賞)。本馬は4番仔。祖母Spring PrincessはG3-ジョゼPノゲイラ大賞(ブラジルの重賞)の勝ち馬。

10・トーセンリラ 牝2

父・トーセンブライト、母・トーセンデイジー、母父・サンデーサイレンス
生産者・エスティファーム、(美)宗像義忠、田中勝春

・先週、田中勝騎手が乗り、南Wで4Fから直線一杯に追われ、3F以降の時計は水準級。併走馬(古500万)を追走し先着。今週は南Wで4Fから馬なり調整。

・母は31戦3勝。本馬は3番仔。母の従兄にスズカマンボ(G1-天皇賞(春)、G3-朝日チャレンジC)。母の従妹の産駒にクイーンマンボ(Jpn2-関東オークス、Jpn2-レディスプレリュード)。

18・キャンディケイン 牝2

父・ハーツクライ、母・スナッチド、母父・Cat Thief
生産者・社台コーポレーション白老ファーム、(美)鹿戸雄一、ルメール

・今週は木幡初騎手が乗り、南Wで4Fから馬なりで乗られ、3F以降の時計はほぼ水準級。併走馬(古1000万)を追走し同入。

・母は未出走。本馬は6番仔。半姉スナッチマインドはG3-京都牝馬S3着。母の半兄CuveeはG1-米フュチュリティS、G2-サラトガスペシャルS、G3-ケンタッキーBCSの勝ち馬。3代母Carols Christmasを牝祖とする活躍馬にパイロ(G1-フォアゴーSなど米重賞4勝)、Paddy O’Prado(G1-セクレタリアトSなど米重賞5勝)、Tapizar(G1-BCダートマイルなど米重賞3勝)。