(2022/6/6更新)

【2022重賞戦績:JRA重賞の1~3着、JRA準重賞・交流重賞の1着を抜粋】

日付レース馬名着順
0501天皇賞春G1(阪神芝3200)テーオーロイヤル3
0423福島牝馬G3(福島芝1800)アナザーリリック1
0319ファルコG3(中京芝1400)オタルエバー3
0219ダイヤモHG3(東京芝3400)テーオーロイヤル1
0105ジュニアL(中山芝1600)インダストリア1

リオンディーズ 2013年生 黒鹿毛 体高167cm

通算成績 5戦2勝
・国内G1を1勝(朝日杯フューチュリティS/1600)
※初年度産駒は現4歳(同期の種牡馬:ドゥラメンテモーリス、ミッキーアイルなど)

血統表・父系概況

キングカメハメハ
(2001)
Kingmambo┌Mr. Prospector(Raise a Native)
└Miesque(Nureyev)
マンファス┌ラストタイクーン(トライマイベスト)
└Pilot Bird(Blakeney)
シーザリオ(2002)スペシャルウィークサンデーサイレンス(Halo)
└キャンペンガール(マルゼンスキー)
キロフプリミエール┌Sadler's Wells(Northern Dancer)
└Querida(Habitat)

Kingmambo系
└キングカメハメハ
 └ロードカナロア
  └サートゥルナーリア
 └ドゥラメンテ・ルーラーシップ・レイデオロ・リオンディーズ・ホッコータルマエなど
└キングズベスト
 └エイシンフラッシュ・ワークフォース
└Lemon Drop Kid
 └ビーチパトロール 

産駒データ

(賞金ランキング)

暦年別
・2020年 93位
・2021年 24位
・2022年 16位

世代別
・現4歳世代 9位
・現3歳世代 16位

(種付頭数、JRA勝ち上がり頭数、重賞勝馬頭数など)

種付年度繋養先等重賞勝馬
2017
(現4歳)
ブリーダーズ 100万円 191頭(133)
36/108(33.3%) ③2.3%
リプレーザ J2兵庫CS/D1800
テーオーロイヤル G3ダイヤモンドS/3400
アナザーリリック G3福島牝馬/1800
2018
(現3歳)
ブリーダーズ 150万円 161頭(106)
※①1.0%
ジャスティンロック G3京都2歳S/2000
2019
(現2歳)
ブリーダーズ 200万円 153頭(111)
2020
(現1歳)
ブリーダーズ 250万円 142頭(97)
2021(現当歳)ブリーダーズ 300万円 149頭()
2022ブリーダーズ 400万円
※現3歳世代の最新勝ち上がりデータはこちら
★はサンデーサイレンス4×3

繋養先等=(上段)繋養先 Fee* 種付頭数(血統登録頭数)
     (下段)JRAにおける勝ち上がり**頭数/デビュー頭数(勝ち上がり率) 〇数字は重賞勝馬頭数(血統登録頭数に対する比率) 
     *受胎条件     
     **勝ち上がりは3歳秋未勝利終了までをカウント

(サンデーサイレンスインブリードの状況)

頭数は血統登録数、現3歳世代まで

a 頭数構成比b 重賞勝馬頭数b/a 輩出率
SS4×210.4%00.0%
SS4×312954.0%43.1%
SS4×42912.1%00.0%
その他8033.5%00.0%
合計239100.0%41.7%

(代表産駒の配合)

リプレーザ サンデーサイレンス4×3、Mr. Prospector4x4
・母サウスエンピリカルは1勝(ダ1200)。
・母父マンハッタンカフェは通算12戦6勝、GⅠ3勝(有馬記念、天皇賞春、菊花賞)。種牡馬としてヒルノダムール(天皇賞春)、レッドディザイア(秋華賞)、クイーンズリング(エリザベス女王杯)など、母父として、テーオーケインズ(チャンピオンズCなど)、レッドジェニアル(京都新聞杯)、ショウナンラグーン(青葉賞)らを輩出。

リオンディーズ(2013)キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└Sweet Blue(Hurry Up Blue)
サウスエンピリカル
(2005)
マンハッタンカフェ┌サンデーサイレンス(Halo)
└サトルチェンジ(Law Society)
エンピリカル┌Miswaki(Mr. Prospector)
└Louisville(Val de l'Orne)

テーオーロイヤル サンデーサイレンス4×3、Mr. Prospector4x5
・母メイショウオウヒは中央未勝利。叔父メイショウカドマツはアルゼンチン共和国杯2着。
・母父マンハッタンカフェ(上記リプレーザを参照)

リオンディーズ(2013)キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└Sweet Blue(Hurry Up Blue)
メイショウオウヒ
(2008)
マンハッタンカフェサンデーサイレンス(Halo)
└サトルチェンジ(Law Society)
アルペンローズ┌Kris S.(Roberto)
└Amizette(フォーティナイナー)

アナザーリリック サンデーサイレンス4×3
・母アンソロジーは2勝(芝1200)。アンソロジーの半兄ポップロックは目黒記念連覇、ジャパンC2着など。
・母父サクラバクシンオーは通算成績21戦11勝、GⅠ2勝(スプリンターズS連覇)。代表産駒にグランプリボス(NHKマイルCなど)、ビッグアーサー(高松宮記念)、母父として、キタサンブラック、ハクサンムーンらを輩出。

リオンディーズ(2013)キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└Sweet Blue(Hurry Up Blue)
アンソロジー
(2004)
サクラバクシンオー┌サクラユタカオー(テスコボーイ)
└サクラハゴロモ(ノーザンテースト)
ポップスサンデーサイレンス(Halo)
└ポップシンガー(Secretariat)

ジャスティンロック サンデーサイレンス4×3
・母フラワーロックは4勝(芝1600、ダ1400)。フラワーロックの叔母にエリザベス女王杯などを勝ったホクトベガがいる。
・母父アッミラーレは18戦6勝、主な勝ち鞍に春待月S・OP(ダート2300m)。代表産駒にハッピースプリント(全日本2歳優駿など)、トキノエクセレント(さきたま杯)など。母父としては本馬が代表産駒。

リオンディーズ(2013)キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
シーザリオ┌スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
└Sweet Blue(Hurry Up Blue)
フラワーロック
(2008)
アッミラーレサンデーサイレンス(Halo)
└ダジルミージョリエ(Carr de Naskra)
カシオペアレディ┌デインヒル(Danzig)
└タケノファルコン(フィリップオブスペイン)

種牡馬データファイル掲載馬

イスラボニータエピファネイアオルフェーヴルキズナ・キタサンブラック・ゴールドシップジャスタウェイシルバーステートダノンバラード・ドゥラメンテ・ドレフォンビッグアーサーヘニーヒューズホッコータルマエマクフィミッキーアイル・モーリス・リオンディーズ・ルーラーシップ・ロードカナロア