2歳新馬・東京芝1600
1着賞金700万円

中団からゆったり運んだゴールドギアが直線、外に持ち出されると、しっかり伸びて人気に応えて1着。2着はゴールドギアよりも後ろから直線伸びたミツオサウスポー。勝ち時計1.35.9。推定上り33.8。

プロフィール

2歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ギンザボナンザ
母父:ゼンノロブロイ
生産牧場:三嶋牧場
厩舎:(美)伊藤圭三
騎手:北村宏司

ロードカナロアは15頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。今週の3日間開催では2頭目(アーモンドアイ、ゴールドギア)の勝ち上がり。ディープインパクトの3頭(レッドランディーニ、ブラゾンダムール、プリモシーン)には及ばないが順調に勝ち上がり頭数を増やしている。

牝系

母はノーザンファームの生産馬で27戦5勝、アネモネS(OP)の勝ち馬。本馬は2番仔。祖母の全兄エモシオンはG2-京都記念の勝ち馬で、G2-日経新春杯2着、G1-菊花賞3着。3代母アドラーブルはG1-オークスの勝ち馬で、G1-桜花賞2着。

母父

ゼンノロブロイはBMSとして7/23の中京芝1400mの新馬戦を勝ったアントルシャ(父・ノヴェリスト)にに続く2頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。ゼンノロブロイは2016年のサラ総合BMSランキングが169位、今年の現時点のランキングが113位なのを見ても分かるように、BMSとしてはこれからの馬だが、今年の石川ダービー馬・ヴィーナスアロー(父・パイロ)を既に送り出している。

クロス・同配合の主な活躍馬

Mr. Prospector:S4×M5、Northern Dancer:S5×M5。同配合の馬は本馬を含めて3頭(本馬、ビーチキャンドル、アクアリブラ)いるが、これまで2着が最高だったが初勝利となった。

生産牧場

三嶋牧場は7/8の中京芝1600mの新馬戦を勝ったミッキーマインド(父・ディープインパクト)、7/29の新潟芝1400mの未勝利戦を勝ったマドモアゼル(父・ブラックタイド)、8/5の小倉芝1200mの新馬戦を勝ったバーニングペスカ(父・パイロ)、9/16の中山ダ1200mの新馬戦を勝ったメイショウヒサカタ(父・シニスターミニスター)、9/17の阪神芝1200mの未勝利戦を勝ったメイショウドウドウ(父・ヴィクトワールピサ)に続く、6頭目の今季中央2歳戦の勝ち馬を輩出。