今朝は栗東ではハードスパン産駒、美浦ではサクラオリオン産駒とパイロ産駒が同タイムで1番時計を計時。新馬以外では美浦ではG1出走を控えたリカビトス、栗東では府中牝馬S出走を控えたアドマイヤリードが出色の時計をマークし、秋競馬本番を迎えつつある空気となっている。

10/11(水)栗東(良)

メイケイダイハード 牡2

父・ハードスパン、母・メイケイソフィア、母父・キングカメハメハ
生産者:浦河小林牧場、(栗)中竹和也

10/11(水)半マイル52.0-37.7-24.7-12.2。ラップタイム14.3-13.0-12.512.2

・9/27に半マイル53.3秒、10/4に半マイル54.9秒を出していた馬だが今朝は幸騎手が乗り、強めに追われ、自己最速の上記時計をマーク。加速ラップを踏めており、10/4は一杯に追われた時計なので上昇気配は明らかな印象。

・母はノーザンファームの生産馬で14戦0勝。本馬は3番仔。母の従弟にヤングマンパワー(G3-アーリントンC、G3-関屋記念、G3-京成杯オータムH)。祖母の半兄にユウワンプラテクト(G3-小倉大賞典2着)。

アドマイヤリード 牝4

父・ステイゴールド、母・ベルアリュールⅡ、母父・Numerous
生産者:ノーザンファーム、(栗)須貝尚介

10/11(水)半マイル50.6-37.5-24.9-12.5。ラップタイム13.1-12.612.412.5

・今週の府中牝馬Sに出走予定のG1馬が今朝の全馬の中で栗東最速の上記時計をマーク。今朝は畑端騎手が乗り、馬なりで自己最速時計をマークしており、戸崎騎手が乗った先週(馬なり)は半マイル52.4秒からタイムを大幅に詰めている。

・2013年のセレクトセールにて4830万円で落札。母ベルアリュールⅡが輸入基礎牝馬。現役時、アメリカとフランスで計重賞2勝(米G3-アシーニアS、仏G3-ヴァントー賞)。

10/11(水)美浦(良)

カイザーメランジェ 牡2

父・サクラオリオン、母・サクラジュレップ、母父・サクラプレジデント
生産者:谷岡スタット、(美)中野栄治

10/11(水)半マイル53.3-39.0-25.7-13.1。ラップタイム14.3-13.3-12.6-13.1。

・今朝は強めに追われ、上記時計を計時。併走馬(古1000万)を先行し同入。母は6戦未勝利。本馬は初仔。母の全兄にサクラゴスペル(G2-京王杯スプリングC、G3-オーシャンS2勝)。

クリムゾンフラッグ 牡2

父・パイロ、母・アンリミテッドピサ、母父・シンボリクリスエス
生産者:大狩部牧場、(美)青木孝文

10/11(水)半マイル53.3-38.9-25.5-12.8。ラップタイム14.4-13.4-12.712.8

・先週10/5に半マイル52.7秒を出していた馬だが、今朝は若干劣る時計。母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で16戦1勝。本馬は初仔。

リカビトス 牝3

父・ディープブリランテ、母・エンシェントヒル、母父・エンドスウィープ
生産者:ノーザンファーム、(美)奥村武

10/11(水)半マイル51.1-38.8-26.3-13.5。ラップタイム12.312.512.8-13.5。

・今朝の美浦全馬の中での最速時計は今週の秋華賞に出走予定の本馬。横山和騎手が乗り、馬なりで乗られた時計で併走馬(古500万)を追走し先着している。先週10/6にその時点の自己ベスト52.4秒を計時していたが、今朝はそれを上回る水準以上の自己ベストをマーク。休み明けでのG1挑戦となるが、調教過程からは何の不安も感じられない印象。

・母は22戦7勝、仁川S2勝などダートのOP特別を4勝。本馬は6番仔。祖母アズテックヒルはG2-ファンタジーS、G2-ブラックアイドスーザンS,G3-ハニービーSの勝ち馬。