今週、来週、再来週の3週に渡り、豪アスコット競馬場にて行われるアスコットレーシングカーニバル。本稿では初日となる現地時間11/20(土)に行われた、G1-レイルウェイS(芝1600m)の結果と動画をお届けする。合わせて現地時間11/19(金)にバーレーンのサヒール競馬場にて行われた、G3-バーレーンインターナショナルトロフィー(芝2000m)についても触れる。

Heineken 3 – Railway Stakes(G1 Handicap・芝1600m・3歳以上)

・レイルウェイSは、単勝1.5倍の1番人気、Iffraaj産駒・Western Empire(せん4)が道中4,5番手の好位追走から直線外を鋭く伸びて2着に4馬身差をつけて快勝。今回の勝利で通算12戦7勝、G1初制覇、重賞3勝目。これで今年2/27のリステッド(t1600m)を勝って以来、6連勝達成

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/518/ascot-aus/2021-11-20/798831

Bahrain International Trophy(G3・芝2000m・3歳以上)

・バーレーンインターナショナルトロフィーは、Whipper産駒・Lord Glitters(せん8)が例によって後方待機から直線勝負の競馬を遂行。内を突こうとするも進路が確保出来ず、大外に持ち出されると豪脚を披露し一気の追い込み勝ち。今年3/6のG1-ジェベルハッタ以来、通算10勝目(重賞5勝目)。2着はBarney Roy。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/869/sakhir/2021-11-19/798770