週末の新種牡馬産駒の戦績とここまでの累計成績データをまとめている。今週はドレフォンが一気にダートで4勝を追加し通算24勝目をマーク。アメリカンペイトリオットはビーアストニッシドが京都2歳Sで2着した他1勝を追加(通算6勝目)、イスラボニータも1勝を追加し通算11勝目。

なお、社台スタリオンは2022年の種付料を発表しており、ドレフォンは前年から400万円アップの700万円、イスラボニータは前年と変わらずの150万円となっている。

週末の新種牡馬産駒の戦績(JRA)

種牡馬1着-2着-3着-他/合計備考
ドレフォン 4- 1- 1- 2/ 8コンシリエーレ カトレアOP①東京ダ1600
フローラルビアンカ 未勝利①阪神ダ1800
エルバリオ 未勝利①阪神ダ1800
トーホウデュラン 未勝利①阪神ダ1400
アメリカンペイトリオット 1- 1- 0- 1/ 3ビーアストニッシド 京都2歳❷阪神芝2000
スピリットワールド 未勝利①阪神芝1400
イスラボニータ 1- 0- 0- 4/ 5ハンス 未勝利①阪神芝1600
サトノアラジン 0- 0- 0- 2/ 2
ザファクター 0- 0- 0- 6/ 6
シルバーステート 0- 0- 0- 3/ 3
ロゴタイプ 0- 0- 0- 6/ 6
ディーマジェスティ 0- 0- 0- 5/ 5
ラニ 0- 0- 0- 4/ 4
ビッグアーサー 0- 0- 0- 4/ 4
ワンアンドオンリー 0- 0- 0- 1/ 1
マスクゾロ 0- 0- 0- 1/ 1
コパノリッキー 0- 0- 0- 1/ 1
エーシンシャラク 0- 0- 0- 1/ 1
アイファーソング 0- 0- 0- 1/ 1

新種牡馬産駒のここまでの累計戦績(JRA)

種牡馬平均勝利距離1着-2着-3着-他/合計勝率連対率
ドレフォン1600m(芝9ダ15) 24- 14- 15-125/17813.5%21.3%
シルバーステート1500m(芝13) 13-  9- 10- 89/12110.7%18.2%
キタサンブラック1800m(芝11ダ2) 13-  6-  7- 46/ 7218.1%26.4%
イスラボニータ1400m(芝9ダ2) 11- 12- 11- 66/10011.0%23.0%
アメリカンペイトリオット1600m(芝5ダ1)  6-  9- 13- 70/ 986.1%15.3%
サトノアラジン1500m(芝3ダ3)  6-  2- 10- 75/ 936.5%8.6%
ザファクター1400m(芝1ダ4)  5-  8-  5- 88/1064.7%12.3%
コパノリッキー1500m(ダ4)  4-  6-  5- 49/ 646.3%15.6%
ビッグアーサー1400m(芝2ダ1)  3-  5-  5- 77/ 903.3%8.9%
ディーマジェスティ1300m(芝2ダ1)  3-  5-  2- 42/ 525.8%15.4%
ラニ1400m(ダ2)  2-  3-  0- 40/ 454.4%11.1%
ロゴタイプ1400m(芝2)  2-  2-  5- 47/ 563.6%7.1%
ヴァンキッシュラン1500m(芝2)  2-  2-  2-  3/  922.2%44.4%
ワンアンドオンリー1800m(ダ1)  1-  0-  4-  9/ 147.1%7.1%
トーセンレーヴ2000m(芝1)  1-  0-  1-  8/ 1010.0%10.0%
ポアゾンブラック1200m(ダ1)  1-  0-  0-  4/  520.0%20.0%
エーシンシャラク  0-  2-  0-  4/  60.0%33.3%
サドンストーム  0-  0-  0-  2/  20.0%0.0%
ドリームバレンチノ  0-  0-  0-  2/  20.0%0.0%
ヒラボクディープ  0-  0-  0-  4/  40.0%0.0%
アイファーソング  0-  0-  0-  3/  30.0%0.0%
マスクゾロ  0-  0-  0-  2/  20.0%0.0%
ルックスザットキル  0-  0-  0-  1/  10.0%0.0%

2021年新種牡馬一覧はこちら