2歳新馬・京都ダ1200
1着賞金700万円

スタートしてしばらくしたところで、ハナを奪ったクレヴァーパッチがそのまま悠々と主導権を握り、直線に入った頃には早くも安全圏に入る勢い。番手追走のスリーチェイサーとの差を最後はさらに広げて5馬身差の圧勝。2着はスリーチェイサーの番手からの流れ込み。勝ち時計1.12.8。推定上り37.8。

プロフィール

2歳牡馬
父:ハードスパン
母:トーコーユズキ
母父:ディープインパクト
生産牧場:辻牧場
厩舎:(美)加藤征弘
騎手:武豊
市場取引:2017年北海道トレーニングセール 5508万円

ハードスパンはDanzig産駒。G1-キングズビショップS(ダ7.0F)、G2-ケンタッキーCクラシックS(ダ9.0F)、G2-レインズエンドS(ダ9.0F)、G3-ルコントS(8.0F)の勝ち馬で、G1での2着が3回、3着が1回。7/1の函館芝1000mの新馬戦を勝ったキタノユウキ(母父・Fusaichi Pegasus)、9/24の中山ダ1200mの未勝利戦を勝ったクラウンエンジニア(母父・Seeking the Gold)、10/14の東京ダ1400mの新馬戦を勝ったダークリパルサー(母父・ブライアンズタイム)、10/15の京都ダ1200mの未勝利戦を勝ったタガノアム(母父・フジキセキ)、に続く5頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。ハードスパン産駒は今週だけで一挙、3頭が勝ち上がり。

牝系

母はノーザンファームの生産馬で3戦1勝。本馬は2番仔。祖母ティグレスダムールが輸入基礎牝馬。

母父

ディープインパクトはBMSとして、7/15の中京芝1600mの新馬戦を勝ったスワーヴポルトス(父・クロフネ)、9/17の中山芝1800mの未勝利戦を勝ったムーランナヴァン(父・エイシンフラッシュ)、10/1の阪神芝1400mの新馬戦を勝ったアルモニカ(父・ロードカナロア)、に続く4頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。

クロス

Northern Dancer:S3×M5、Native Dancer:S5×M5、Hail to Reason:S5×M5。

生産牧場

辻牧場は8/19の札幌芝1800mの未勝利戦を勝ったディバインブリーズ(父・ルーラーシップ)、9/2の札幌芝1500mの新馬戦を勝ったスズカフェラリー(父・スズカフェニックス)、に続く3頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。