現地時間12/26(日)に米サンタアニタ競馬場にて行われた、3歳G1-マリブS(d7f)、3歳牝馬G1-ラブレアS(d7f)の結果と動画をお届けする。マリブSは過去の勝ち馬を大きく凌ぐ極めて優秀な指数を記録した無敗の新星が誕生しており、プロフィール、動画をぜひチェック頂きたい。

RUNHAPPY Malibu Stakes(G1・ダ7f・3歳)

・スタートは良くなかったが、出たなりにあっさりハナに立った5番・Flightlineが終始もったままでレースを制圧。4角の時点で他馬との手応えの差は歴然だったが、直線では後続をぐんぐん突き離し、持ったままで2着に11馬身半差をつけて圧勝。「スーパースター」と現地実況がアナウンスしているが、衝撃的な勝ち方。

1着:Flightline

牡3、父・Tapit、母・Feathered、母父・Indian Charlie
調教師:John W Sadler、騎手:Flavien Prat

・今回の勝利で通算3戦3勝重賞初制覇。4/24のサンタアニタでのデビュー戦(d6f)を2着に13馬身1/4差をつけて勝利し、次走9/5のデルマーでの2戦目(d6f)は2着に12馬身3/4差をつけて圧勝。2戦の内容が評価されてここへ1番人気で出走していた馬。2019年ファシィグティプトン8月1歳馬セールにて100万米ドルにて取引された高額馬。

・EQUIBASEスピード指数が素晴らしく、116(デビュー戦)→130(2戦目)→127(今回)。以下に近年のマリブSの勝ち馬が記録したEQUIBASEスピード指数を列記するが、本馬は指数的にはデビュー戦の時点で既にG1級な上、今回のG1でのパフォーマンスは歴代の勝ち馬を大きく凌駕していることが分かる。明らかに今後の注目株といって差し支えなく、来年の米スプリント路線はこの馬を軸に展開されていくこととなりそうである。

 近年のマリブSの勝ち馬と勝利時に記録したEQUIBASEスピード指数

 2021年:Flightline127
 2020年:Charlatan【115
 2019年:Omaha Beach【112
 2018年:McKinzie【115
 2017年:City of Light【117
 2016年:マインドユアビスケッツ【122

・父のTapitは2001年米国産のPulpit産駒。現役時は6戦3勝、G1-ウッドメモリアルS、G3-ローレルフューチュリティの勝ち馬。2014年には北米リーディングサイアーとなり、以後、3年連続継続。その後も5位(2017年)→5位(2018年)→3位(2019年)→3位(2020年)とコンスタントに上位をキープしている大種牡馬。今年はEssential QualityがベルモントS、トラヴァーズSを制しており、本馬は今年2頭目のG1馬となる。

母のFeatheredは2012年米国産、12戦3勝。G3-エッジウッドSの勝ち馬で、アメリカンオークス2着、スターレットS2着、フリゼットS3着とG1での入着が3回。曽祖母のFinder’s FeeはG1-エイコーンS、G1-メイトロンS、G2-ギャラントブルームH、G3-シカーダSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/257/santa-anita/2021-12-26/801181

La Brea Stakes(G1・ダ7f・3歳牝馬)

・好位追走の3番・Kalypsoが直線で抜け出して2着に4馬身3/4差をつけて快勝。

1着:Kalypso

牝3、父・Brody’s Cause、母・Malibu Cove、母父・Malibu Moon
調教師:Bob Baffert、騎手:John R Velazquez

・今回の勝利で通算9戦3勝、G1初制覇、重賞2勝目。今年1/3のG2-サンタイネスS(d7f)の勝ち馬。重賞入着3回と善戦を続けていた馬で、今回は4/30以来、240日ぶりの休み明けの一戦だったが、同厩の1番人気・Private Mission(重賞2勝)らを降し見事に勝利。2019年ファシィグティプトン7月1歳馬セールにて24万米ドルにて取引された馬。

・父のBrody’s Causeは2013年米国産のGiant’s Causeway産駒。現役時は8戦3勝、G1-ブルーグラスS、2歳G1-ブリーダーズフューチュリティの勝ち馬。現3歳が1stクロップで、Kalypsoは初の産駒G1馬。Sittin On Go(イロコイS)に続く2頭目の産駒重賞勝ち馬となる。来年の種付料は5000米ドル。

・母のMalibu Coveは2013年米国産、3戦未勝利。本馬の伯父(母の全兄)・Prospectiveは米G2-タンパベイダービー、米G3-オハイオダービー、加2歳G3-グレイSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/257/santa-anita/2021-12-26/801183