2022/1/5(水)
中京11R 第60回スポーツニッポン賞京都金杯・GⅢ
4歳以上 ハンデ
芝1600m
馬場状態 良
1着賞金 4300万円

レース結果

着順馬名タイム(着差)種牡馬・母の父(生産者)
1ザダル
牡6 松山弘平(美)大竹正博
1.32.9
追込
トーセンラー・Lemon Drop Kid
(新冠橋本牧場)
2ダイワキャグニー
セ8 幸英明(美)菊沢隆徳
(1)
先行
キングカメハメハ・サンデーサイレンス
(社台ファーム)
3カイザーミノル
牡6 横山典弘(栗)北出成人
(頭)
先行
ロードカナロア・Smart Strike
(フジワラフアーム)

(公式レース結果)

https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2022/002.html

ザダル:重賞2勝目

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ、葵Sが対象。以下同)

トーセンラー
(2008)
ディープインパクト┌サンデーサイレンス(Halo)
└ウインドインハーヘア(Alzao)
プリンセスオリビア┌Lycius(Mr. Prospector)
└Dance Image(Sadler's Wells)
シーザシー
(2008)
Lemon Drop Kid┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└Charming Lassie(Seattle Slew)
Magic Broad┌Broad Brush(Ack Ack)
└Illteria(Stop the Music)

通算成績:14戦6勝
(これまでの主な戦績)
・21エプソムC 1着(東京芝1800)

父:トーセンラー

トーセンラーは2008年生まれ。通算成績25戦4勝、GⅠ1勝(マイルCS)。半兄にFlower Alley(米G1・トラヴァースS勝馬。アイルハヴアナザーの父)、全弟にスピルバーグ(天皇賞・秋)がいる。ザダルの現6歳が初年度の世代で、他にアイラブテーラーの京阪杯2着など。今年の種付料は前年と変わらず50万円。

2022:種牡馬別重賞勝ち数

1 トーセンラー、ロードカナロア

母:シーザシー

シーザシーは米国産、日本で走り未勝利。2018年秋のタイミングでジェイエス繁殖セールにて162万円でノーザンレーシングから稲葉牧場に売却された記録が残っている。一族に毎日杯など重賞2勝のミラクルタイム、京阪杯3着などのフミノムーンなど。

ザダルは3番仔で、キャロットクラブ募集額1600万円。兄弟姉妹の現況は以下の通り。
・初仔 シーザサン(牝、父キンシャサノキセキ、2013年生)中央未勝利
・2番仔 イリリア(牝、父ダノンシャンティ、2014年生)未出走
3番仔 ザダル(2016年生)
・4番仔 セブンシースケイプ(牝、父ワールドエース、2017年生)未勝利
・5番仔 (牝、父カレンブラックヒル、2018年生)未出走
・6番仔 カズプレスト(牡、父カレンブラックヒル、2019年生)未勝利・現役
・8番仔 (牝、父エーシントップ、2021年生の現1歳)

母父:Lemon Drop Kid

Lemon Drop Kidは1996年米国産。通算24戦10勝、ベルモントSなどダートG1を5勝。代表産駒で米G1を3勝のビーチパトロールが国内供用されている。母父として、ファイネストシティ(BCフィリーアンドメアスプリント。ノーザンファームで繁殖供用)など、日本でメイショウテッコン(日経賞)を輩出。

2022:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

1 シンボリクリスエス、Lemon Drop Kid

生産:新冠橋本牧場

新冠橋本牧場は2021年は重賞1勝(ザダルのエプソムC)だった。

2022:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

1 社台ファーム、新冠橋本牧場

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら