2歳新馬・京都芝1400
1着賞金700万円

中団外目を追走していたナディア。スムーズに導かれ、直線外から追い出されると豪快な伸びを披露。一気に突き抜けて2馬身半の差をつけて1着。内目3番手から抜けてきたグリエルマが2着確保。勝ち時計1.24.3。推定上り35.1(メンバー最速)。

1着:ナディア(牝2・父ノヴェリスト)
2着:グリエルマ(牝2・父ロードカナロア)
3着:クロンヌデトワール(牝2・父オルフェーヴル)
着差:2 1/2、2
LAP:12.6-11.3-12.4-12.2-12.0-11.9-11.9

プロフィール

2歳牝馬
父:ノヴェリスト
母:カスクドール
母父:ダンスインザダーク
生産牧場:ノースヒルズ
厩舎:(栗)笹田和秀
騎手:坂井瑠星

ノヴェリストは8頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。1400m戦での勝ち上がりはこれで3頭目になる。勝ち上がった8頭は以下の通り。

06/04・阪神芝1400m新馬戦・ヴァイザー(母父・アドマイヤベガ)
07/15・福島芝1800m未勝利戦・ニシノベースマン(母父・アグネスタキオン)
07/23・中京芝1400m新馬戦・アントルシャ(母父・ゼンノロブロイ)
09/24・中山芝2000m新馬戦・ダイワメモリー(母父・アグネスタキオン)
09/30・中山芝1600m新馬戦・デュッセルドルフ(母父・サンデーサイレンス)
10/09・京都芝1400m未勝利戦・ピエナミント(母父・スペシャルウィーク)
10/09・東京芝1800m未勝利戦・ギルトエッジ(母父・ダンスインザダーク)
10/21・京都芝1400m新馬戦・ナディア(母父・ダンスインザダーク)

牝系

・母は15戦1勝(京都芝1600)。デビュー4戦目に出走した阪神ジュベナイルF(G1)で0.7秒差の8着(※1着アパパネ)。
・本馬は3番仔。初仔(5戦0勝)、2番仔(4戦0勝)はともに未勝利。
・伯母にオディール(G3-ファンタジーSの勝ち馬。他にG2-サンスポ杯阪神牝馬S3着、G3-チューリップ賞3着)。祖母キュンティアはG1-阪神3歳牝馬S2着。3代母 One Life は歴史的名牝Miesqueの1つ下の半妹。

母父

ダンスインザダークはBMSとして8頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。勝ち上がった8頭は以下の通り。

06/24・阪神芝1600m未勝利戦・バイオレントブロー(父・バゴ)
06/25・東京芝1800m新馬戦・スワーヴエドワード(父・エイシンフラッシュ)
08/13・小倉芝1200m新馬戦・スーサンドン(父・フサイチセブン)
09/17・中山芝1600m未勝利戦・メルムサール(父・ヨハネスブルグ)
09/23・中山ダ1800m未勝利戦・ユイノシンドバッド(父・モンテロッソ)
09/23・中山芝1600m新馬戦・グランドピルエット(父・ロードカナロア)
10/09・東京芝1800m未勝利戦・ギルトエッジ(母父・ダンスインザダーク)
10/21・京都芝1400m新馬戦・ナディア(父・ノヴェリスト)

クロス・同配合の主な活躍馬

Nijinsky:M4×S5、Literat:S5×S5、Northern Dancer:S5×M5。同配合の馬は既に5頭がデビュー。ギルトエッジ(母・ランズエッジ)が未勝利勝ちしており、これで2頭目の勝ち上がり。

生産牧場

ノースヒルズは5頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。生産者別のJRA2歳勝ち上がり頭数ランキングではノーザンファーム、社台ファーム、社台コーポレーション白老ファーム、ビッグレッドファーム、三嶋牧場に次ぐ、6位に浮上。

07/23・中京芝1600m未勝利戦・スカーレットカラー(父・ヴィクトワールピサ)
08/26・新潟芝1600m新馬戦・エントシャイデン(父・ディープインパクト)
09/17・阪神ダ1800m未勝利戦・フィールシュパース(父・Kitten’s Joy)
10/14・京都ダ1400m未勝利戦・ビコーズオブユー(父・ダイワメジャー)
10/21・京都芝1400m新馬戦・ナディア(父・ノヴェリスト)