2022/2/6(日)
東京11R 第72回東京新聞杯・GⅢ
4歳以上 別定
芝1600m
馬場状態 良
1着賞金 4100万円

レース結果

(公式レース結果)

https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2022/012.html

イルーシヴパンサー:重賞初勝利

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ、葵Sが対象。以下同)

ハーツクライ
(2001)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Wishing Well(Understanding)
アイリッシュダンス┌トニービン(Kampala)
└ビューパーダンス(Lyphard)
イルーシヴキャット(2011)キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
レッドキャット┌Storm Cat(Storm Bird)
└Lady Sharp(Sharpman)

通算成績:9戦5勝
(これまでの主な戦績)
・ノベンバーS・3勝クラス 1着(東京芝1800)

父:ハーツクライ

ハーツクライは2001年生まれ。通算19戦5勝、GⅠ2勝(有馬記念、ドバイシーマクラシック)。代表産駒に、ワンアンドオンリー(ダービー)、シュヴァルグラン(ジャパンC)、ジャスタウェイ(天皇賞秋、などGⅠ3勝)他、活躍馬多数。2020年を最後に種馬を引退しており、現1歳が最終世代。同日のきさらぎ賞に続く重賞連勝。

馬名レース名コース種牡馬・母父
イルーシヴパンサー22東京新聞杯東京芝1600ハーツクライ・キングカメハメハ
マテンロウレオ22きさらぎ賞中京芝2000ハーツクライ・ブライアンズタイム
スワーヴアラミス22東海S中京ダ1800ハーツクライ・Sligo Bay
2022:種牡馬別重賞勝ち数

3 ハーツクライ
2 キングカメハメハ、ロードカナロア 
1 エイシンフラッシュ、オルフェーヴル、サウスヴィグラス、ジャスタウェイ、ダイワメジャー、ディープインパクト、トーセンラー、ミッキーアイル

母:イルーシヴキャット

イルーシヴキャットは2勝(芝1200、ダ1200)。近親に5勝、スプリングS3着のステラロッサがいる。

イルーシヴパンサーは初仔で、セレクトセール1歳で4320万円だった。兄弟姉妹の成績は以下の通り。
初仔 イルーシヴパンサー(2018年生)
・2番仔 スカイコップス(牡、父シルバーステート、2019年生)未出走
・3番仔 (牝、父キタサンブラック、2020年生の現2歳)
・4番仔 (牝、父シュヴァルグラン、2021年生の現1歳)

母父:キングカメハメハ

キングカメハメハは2001年生まれ。ダービー、NHKマイルCとGⅠ2勝、通算8戦7勝。種牡馬として、レイデオロ、ドゥラメンテ、アパパネ、ロードカナロアなど多数のチャンピオンホースを輩出。母父としても、ワグネリアン、ブラストワンピース、デアリングタクトなど活躍馬が続出。2022年の母父としての重賞3勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
イルーシヴパンサー22東京新聞杯東京芝1600ハーツクライ・キングカメハメハ
ライラック22フェアリーS中山芝1600オルフェーヴル・キングカメハメハ
マテンロウオリオン22シンザン記念中京芝1600ダイワメジャー・キングカメハメハ
2022:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

3 キングカメハメハ
1 ヴィクトワールピサ、シンボリクリスエス、ダンスインザダーク、デュランダル、ハービンジャー、ブライアンズタイム、フレンチデピュティ、Galileo、Langfuhr、Lemon Drop Kid、Sea The Stars、Sligo Bay

生産:追分ファーム

追分ファームは2022年の重賞初勝利。

2022:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

4 ノーザンファーム
2 社台コーポレーション白老ファーム、社台ファーム
1 猪野毛牧場、追分ファーム、笠松牧場、杵臼牧場、グランド牧場、新冠橋本牧場、ムラカミファーム

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら