G1馬ノンコノユメの半妹・パワフルノンコが出走。ノンコノユメは2歳11月の東京ダ1600mの新馬戦を勝ち上がっており、同条件のここで妹も勝ち上がれるか、注目の一戦。

9・ベストフィックス 牡2

父・キングヘイロー、母・ウィッチフルシンキング、母父・Lord Avie
生産者・追分ファーム、(美)新開幸一、田中勝春

・母は米28戦12勝。G2-パカラップS(芝9.0F)、G3-ジャストアゲイムH(芝8.0F)、G3-イーゴンマイルS(芝8.0F)、G3-ニジャナS(芝9.0F)の勝ち馬で、他に芝重賞入着1回。
・本馬は12番仔。半姉ロフティーエイムは中央3勝。G3-福島牝馬Sの勝ち馬でG3-函館記念2着。全姉メーデイアは中央4勝、地方6勝。Jpn1-JBCレディスクラシック、Jpn2-レディスプレリュード、Jpn3-TCK女王盃、Jpn3-スパーキングLC、Jpn3-マリーンC、Jpn3-TCK女王盃の勝ち馬。

10・パワフルノンコ 牝2

父・ワークフォース、母・ノンコ、母父・アグネスタキオン
生産者・社台ファーム、(美)小島太、蛯名正義

・母は13戦3勝(中山芝1600m・2歳新馬戦、中山ダ1800、福島ダ1700)。
・本馬は4番仔。半姉マイネノンノは中央2勝(小倉芝1200、中京芝1400)、半兄ノンコノユメ(中央現役)は中央5勝、地方1勝。Jpn1-ジャパンダートダービー、G3-ユニコーンS、G3-武蔵野Sの勝ち馬で、G1-チャンピオンズC2着、G1-フェブラリーS2着、Jpn1-帝王賞2着。
・3代母ビューパーダンスの直仔にアイリッシュダンス(G3-新潟大賞典、G3-新潟記念の勝ち馬でG2-オールカマー2着)。アイリッスダンスの直仔にハーツクライ(2005年JRA賞最優秀4歳以上牡馬。G1-有馬記念、G1-ドバイシーマC、G2-京都新聞杯の勝ち馬で、G1-日本ダービー2着、G1-宝塚記念2着、G1-ジャパンC2着、G2-産経大阪杯2着、G1-キングジョージ6世&クイーンエリザベスS3着、G2-神戸新聞杯3着、G3-きさらぎ賞3着)。

11・トーセンゼロス 牡2

父・エンパイアメーカー、母・エリモエポナ、母父・ゼンノロブロイ
生産者・下屋敷牧場、(美)池上昌和、張田昴

・2017年のJRAブリーズアップセールにて1620万円で落札。69頭の落札馬の内、11番目の高評価額。
・母は24戦3勝(京都ダ1400、新潟ダ1200、小倉ダ1000)。
・本馬は2番仔。半姉ポッドジェニーは中央1勝。祖母の半姉エリモセントラルはG3-京都金杯2着。

12・メイプルグレイト 牡2

父・スマートファルコン、母・ディーエスメイドン、母父・カコイーシーズ
生産者・スガタ牧場、(美)高市圭二、村田一誠

・母は15戦4勝(旭川、川崎、船橋、大井で各1勝)。G3-関東オークスで2着。
・本馬は6番仔。初仔は地方2勝、2番仔は地方6勝、3番仔は地方6勝、4番仔は中央1勝。
・母の半兄タケハナオペラはG3-カブトヤマ記念2着。3代母サクラタニマサを牝祖とする活躍馬(重賞入着馬)にレジェンドハンター、フジノテンビー。