2022/2/20(日)
小倉11R 第56回小倉大賞典・GⅢ
4歳以上 ハンデ
芝1800m
馬場状態 稍
1着賞金 4300万円

レース結果

(公式レース結果)

https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2022/019.html

アリーヴォ:重賞初勝利

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ、葵Sが対象。以下同)

ドゥラメンテ
(2012)
キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
アドマイヤグルーヴ┌サンデーサイレンス(Halo)
└エアグルーヴ(トニービン)
エスメラルディーナ
(2011)
Harlan's Holiday┌Harlan(Storm Cat)
└Christmans in Aiken(Affirmed)
Tasha's Star┌Spanish Steps(Unbridled)
└Ms. Cuvee Napa(Relaunch)

通算成績:10戦5勝
(これまでの主な戦績)
・壇ノ浦H・3勝クラス 1着(小倉芝1800)

父:ドゥラメンテ

ドゥラメンテは2012年生まれ。通算成績9戦5勝、GⅠ2勝(ダービー、皐月賞)。アリーヴォの現4歳世代が初年度産駒で、これが菊花賞馬タイトルホルダーに続く2頭目の重賞勝ち。昨年8月に早逝しており、産駒は5世代のみとなる。

2022:種牡馬別重賞勝ち数

4 ハーツクライ
2 キングカメハメハ、ロードカナロア 
1 エイシンフラッシュ、オルフェーヴル、サウスヴィグラス、ジャスタウェイ、ステイゴールド、ダイワメジャー、ディープインパクト、ドゥラメンテ、トーセンラー、パイロ、ハービンジャー、ミッキーアイルリオンディーズ、Point of Entry

母:エスメラルディーナ

エスメラルディーナは3勝、関東オークス・JPNⅡの勝ち馬で、韓国での勝鞍もある。

アリーヴォは2番仔で、シルクHC募集額3200万円。
・初仔 (牡、父ゴールドアリュール、2017年産)未出走
2番仔 アリーヴォ(2018年産)
・3番仔 (牡、父キンシャサノキセキ、2020年産の現2歳)

母父:Harlan’s Holiday

Harlan’s Holidayは1999年米国産。ドンH、フロリダダービー、ブルーグラスSと米G1を3勝、通算22戦9勝。2019年から北米リーディングサイアーを維持しているInto Mischief(キャッシュコールフューテュリティ)の父として知られ、他にシャンハイボビー(BCジュヴェナイル)、Majestic Perfection(アルフレッドGヴァンダービルト)など、母父としてモズベッロ(日経新春杯)を輩出。

2022:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

3 キングカメハメハ
1 ヴィクトワールピサ、シンボリクリスエス、ダンスインザダーク、ディープインパクト、デュランダル、ハービンジャー、ブライアンズタイム、フレンチデピュティ、マンハッタンカフェ、Galileo、Gone West、Harlan’s Holiday、Langfuhr、Lemon Drop Kid、Scat Daddy、Sea The Stars、Seeking the Gold、Sligo Bay、Tizway

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2022年の重賞7勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
アリーヴォ22小倉大賞典H小倉芝1800ドゥラメンテ・Harlan’s Holiday
ダノンベルーガ22共同通信杯東京芝1800ハーツクライ・Tizway
プレサージュリフト22クイーンC東京芝1600ハービンジャー・ディープインパクト
チュウワウィザード22川崎記念川崎ダ2100キングカメハメハ・デュランダル
メイケイエール22シルクロードH中京芝1200ミッキーアイル・ハービンジャー
ヨーホーレイク22日経新春杯H中京芝2200ディープインパクト・フレンチデピュティ
ルビーカサブランカ22愛知杯H中京芝2000キングカメハメハ・ダンスインザダーク
2022:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

7 ノーザンファーム
2 社台コーポレーション白老ファーム、社台ファーム
1 猪野毛牧場、追分ファーム、笠松牧場、杵臼牧場、グランド牧場、ダーレー・ジャパン・ファーム、新冠橋本牧場、隆栄牧場、三嶋牧場、ムラカミファーム

他に外国産1(米国1)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら