2歳新馬・京都ダ1400
1着賞金700万円

リーガルリリーを先に行かせて番手に控えたアントーニオが、直線に入りリーガルリリーを交わすと、後続を突き放す一方の圧勝劇を演じ1着。2着は3番手から伸びたマニクール。勝ち時計1.25.5。推定上り37.2(メンバー最速)。

1着:アントーニオ(牡2・父ハードスパン)
2着:マニクール(牝2・父ヘニーヒューズ)
3着:プロネルクール(牝2・父ゴールドアリュール)
着差:6、2
LAP:12.5-11.5-12.0-12.2-12.6-12.2-12.5

プロフィール

2歳牡馬
父:ハードスパン
母:ラヴァリーノ
母父:Unbridled’s Song
生産牧場:ダーレー・ジャパン・ファーム
厩舎:(栗)吉村圭司
騎手:ルメール

ハードスパンはDanzig産駒。G1-キングズビショップS(ダ7.0F)、G2-ケンタッキーCクラシックS(ダ9.0F)、G2-レインズエンドS(ダ9.0F)、G3-ルコントS(8.0F)の勝ち馬で、G1での2着が3回、3着が1回。6頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出で、10月に入り一挙4頭の勝ち上がり。6頭中、5頭がダート戦での勝ち上がりとなっている。

07/01・函館芝1000mの新馬戦キタノユウキ(母父Fusaichi Pegasus)
09/24・中山ダ1200mの未勝利クラウンエンジニア(母父・Seeking the Gold)
10/14・東京ダ1400mの新馬戦ダークリパルサー(母父・ブライアンズタイム)
10/15・京都ダ1200mの未勝利タガノアム(母父・フジキセキ)
10/15・京都ダ1200mの新馬戦クレヴァーパッチ(母父・ディープインパクト)
10/22・京都ダ1400mの新馬戦アントーニオ(母父・Unbridled’s Song)

牝系

・母は英8戦2勝。
・本馬は6番仔。初仔アラディンは地方5勝。3番仔ファーレンハイトは地方8勝。5番仔サウンドストリート(中央現役)は中央1勝。
・3代母It’s in the Airは米43戦16勝。G1-ヴァニティH2勝、G1-アラバマS、G1-ラフィアンH、G1-デラウェアオークスなど重賞8勝。他に重賞入着12回。この馬を牝祖とするG1馬にGlencadam GoldストーミングホームAlvertaMusical ChimesMusic Note

母父

Unbridled’s SongはBMSとして、7/22の福島芝1800mの新馬戦を勝ったナスノシンフォニー(父・ハーツクライ)、10/14の京都ダ1400mの未勝利戦を勝ったビコーズオブユー(父・ダイワメジャー)、に続く3頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。

クロス

Northern Dancer:S3×M5、Mr. Prospector:M4×M5、Raise a Native:S5×M5

生産牧場

ダーレー・ジャパン・ファームは7/29の札幌芝1500mの新馬戦を勝ったタワーオブロンドン(父・Raven’s Pass)、10/14の京都芝1200mの新馬戦を勝ったロンロネオ(父・Elusive Quality)、に続く3頭目の今季中央2歳戦勝ち馬を輩出。近年の主な活躍馬にダノンシャンティ、サマリーズ、ディサイファ、ミッドサマーフェアなど。