現地時間3/5(土)のメイダン競馬場はドバイスーパーサタデー開催。ドバイワールドカップデーを3週間後の3/26に控え、その前哨戦として2つのG1、1つのG2、3つのG3、1つのリステッドが行われている。各レースの結果と動画をまとめてお届けする。

Jebel Hatta Sponsored By Emirates Airline(G1・芝1800m・3歳以上)

・ジェベルハッタは、中団イン追走の芦毛馬・Alfareeqが番手抜け出しを図ったFinest Soundを直線内から差し切って1着。1番人気のLord Glittersは6着、2番人気のZakouskiは10着。

1着:Alfareeq

せん5、父・Dark Angel、母・Urjuwaan、母父・Cape Cross
調教師:M Al Mheiri、騎手:Dane O’Neill

・今回の勝利で通算17戦4勝、重賞初制覇。もともとはフランスのF Head師の管理馬だったが、2020年の秋に去勢され、7戦1勝の戦績で転厩。2勝目をあげたのが転厩後6戦目と、目立った戦績をあげていなかったものの、初の重賞出走となった前走1/28のG2-ザビールマイル(t1600m)でReal Worldの2着と健闘(Dark Angel産駒のワンツー決着)。今回は単勝15倍の評価だったが、G1馬・Lord Glitters、ゴドルフィンの重賞2勝馬・Zakouskiらを降しての勝利。

・父のDark Angelは2005年愛国産のAcclamation産駒。現役時は2歳時にのみ稼働し9戦4勝、英2歳G1-ミドルパークS(6f)、英2歳G2-ミルリーフS(6f8yds)の勝ち馬。Alfareeqは10頭目の産駒G1馬で、これまでにBattaash(ナンソープS2勝、キングズスタンドS、アベイドロンシャン賞)、Harry Angel(スプリントC、ジュライC)、Lethal Force(ジュライC、ダイヤモンドジュビリーS)、Mecca’s Angel(ナンソープS2勝)などの優良スプリンターを数多く出してきたトライマイベスト系の名種牡馬。

・母のUrjuwaanは2012年英国産、6戦1勝。叔父のRaseedは仏G3-ノアイユ賞の勝ち馬。5代母のHighest Trump(英2歳G2-クイーンメアリーSの勝ち馬)を牝祖とする同じファミリーの活躍馬にBahri(クイーンエリザベス2世S、セントジェームズパレスS)、Quality Road(メトロポリタンH、ウッドワードS、ドンH、フロリダダービー)、マテラスカイらがいる。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2022-03-05/806193

Al Maktoum Challenge R3 Sponsored By Emirates Airline(G1・ダ2000m・3歳以上)

・アルマクトゥームチャレンジラウンド3は、4番・Everfastと7番・Hypotheticalのハナ争いとなるも、向う正面でHypotheticalが最終的にハナに立つ展開。そのまま快調にレースを主導したHypotheticalが最後まで押し切って逃げ切り勝ち。

1着:Hypothetical

牡5、父・Lope De Vega、母・Peut Etre、母父・Whipper
調教師:S bin Ghadayer、騎手:Mickael Barzalona

・今回の勝利で通算13戦5勝、G1初制覇、重賞2勝目。もともとはJohn Gosden師の管理馬だったが、昨年1月にUAEへ転厩。転厩後は昨年のこのレース2着→ドバイワールドC4着と大舞台で健闘が続いていた存在。昨年のドバイワールドC以来のレースだった前々走1/14のG2-アルマクトゥームチャレンジラウンド1(d1600m)では12着と大敗していたが、前走2/4のG3-ファイアーブレイクS(d1600m)で重賞初制覇を果たし、ここへ1番人気で出走していた馬。

・父のLope De Vegaは2007年愛国産のShamardal産駒。現役時はA Fabre師に管理され、9戦4勝。プールデッセデプーラン(仏2000ギニー)、ジョッケクルブ賞(仏ダービー)の仏2冠馬。Hypotheticalは14頭目の産駒G1馬となり、これまでにPhoenix of Spain(愛2000ギニー)、Santa Ana Lane(豪G1・5勝)などを輩出。2011年に1万5000ユーロでスタートした種付料は昨年、今年は12万5000ユーロ。

・母のPeut Etreは2011年愛国産、10戦1勝(t2000m)、仏G3-フィユドレール賞2着。叔母に2017年のG1-プールデッセデプーリッシュ(仏1000ギニー)の勝ち馬・Precieuse

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2022-03-05/806191

Dubai City Of Gold Sponsored By Emirates Skywards(G2・芝2400m・3歳以上)

・ドバイシティオブゴールドは、中団追走のシャドウェルステーブルの持ち馬、Sea The Stars産駒・Hukum(牡5)が直線外からきっちり抜け出し、圧倒的な1番人気に応えて差し切り勝ち。今回の勝利で通算13戦8勝、重賞5勝目。2020年の英セントレジャーの5着馬で、前走10/2の英G3-カンバーランドロッジS(t1m3f211yds)を2着に6馬身半差をつけて勝利して以来となるここは154日ぶりのレースだった。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2022-03-05/806187

Mahab Al Shimaal Sponsored By Emirates Airline(G3・ダ1200m・3歳以上)

・マハーブアルシマールは、3,4番手追走、白のシャドーロール装着のDubawi産駒・Eastern World(せん5)が直線抜け出して勝利。今回の勝利で通算15戦3勝、重賞初制覇。もともとはゴドルフィンの所有馬でCharlie Appleby師の管理馬だったが、昨年12月にオーナーが変わり転厩。転厩初戦でL-ドバイクリークマイル(d1600m)で2着になっているが、その後は9着→4着→8着と目立った戦績は無かった馬。ドバイワールドC連覇などG1・4勝の本邦輸入種牡馬・サンダースノーの半きょうだいという良血馬。甥のCoroebusは昨年の英2歳G3-オータムSで豪快な差し切り勝ち。今年の英クラシックの有力候補と目されている逸材(現在、ラドブロークスで英2000ギニー3番人気)。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2022-03-05/806194

Nad Al Sheba Turf Sprint Sponsored By Emirates Skycargo(G3・芝1200m・3歳以上)

・ナドアルシバターフスプリントは、ゴドルフィンの青帽子、Into Mischief産駒・Man Of Promise(せん5)が画面手前の外ラチ沿いの好位から早めに先頭に立ち、2着以下をちぎり捨てて圧勝。今回の勝利で通算8戦4勝、重賞初制覇。昨年3月のG1-アルクォーツスプリント(8着)以来のレースだった前走1/28のL-ドバイスプリント(t1200m)を制し、ここへ出走していた馬。今回は昨年のG1-アベイドロンシャン賞の勝ち馬・A Case Of You(今回2着)を突き離しての勝利で、アルクォーツスプリントへ向けて、最高の形で前哨戦を制している。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2022-03-05/806189

Burj Nahaar Sponsored By Emirates Skycargo(G3・ダ1600m・3歳以上)

・バージナハールは、中団イン追走のDubawi産駒・Desert Wisdom(せん4)が直線でも最内に進路を取られると、見事な瞬発力を発揮し、イン強襲を敢行。残り100までに先頭に立って差し切り勝ち。今回の勝利で通算7戦2勝、重賞初制覇。昨年12/24のデビュー3戦目(d1400m)で勝ち上がり、以後、2着→2着。前走2/12のG3-ジェベルアリマイル(d1600m)を9着とし、ここへ出走していた馬。半姉のWild Beautyは昨年のカナダ2歳G1-ナタルマSの勝ち馬。祖母のチェロキーローズⅡはモーリスドゲスト賞、スプリントCの2つのG1を含む重賞4勝

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2022-03-05/806188

Al Bastakiya Sponsored By Emirates Holidays(Listed・ダ1900m・3歳)

・アルバスタキヤは、後方追走から直線入口では6番手に上昇していたアルゼンチン産のブラジル調教馬、Daniel Boone産駒・Quality Boone(牡3)が直線で外から一気に突き抜けて差し切り勝ち。前走2/11のG3-UAE2000ギニー(d1600m)で3着だった馬。父のDaniel Booneは2012年ブラジル産のWild Event産駒(Nearctic直系)。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/1231/meydan/2022-03-05/806190