現地時間3/12(土)に米タンパベイダウンズ競馬場にて行われた、G2-タンパベイダービー(d8.5f)の結果と動画をお届けする。

Lambholm South Tampa Bay Derby(G2・ダ8.5f・3歳)

・タンパベイダービーはあっさりハナを奪った1番人気のGiant’s Causeway産駒・Classic Causeway(牡3)が逃げ切り勝ち。今回の勝利で通算5戦3勝、重賞2勝目。9/4のデビュー戦(d7f)で勝利した後は重賞を使われ、10/9のG1-ブリーダーズフューチュリティ(d8.5f)で3着→11/27のG2-ケンタッキージョッキークラブS(d8.5f)で2着→2/12のG3-サムF.デイビスS(d8.5f)で1着とし、ここへ出走していた馬。今回の勝利で50ポイントを獲得し、目下ケンタッキーダービー2022のPoint Standingsにてトップに立つこととなっている。Storm Birdの3×4のインブリードを持つ馬

・サムF.デイビスS勝利時の原稿にも記した通り、父・Giants Causewayのラストクロップ。母のPrivate Worldは2003年米国産、6戦3勝。近親に目立った活躍馬はおらず牝系は地味。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/724/tampa-bay-downs/2022-03-12/807107

※過去記事